記事ARTICLE

2019年01月16日

【Mt.富士ヒルクライムにむけて】機材編/バイクを組み立てる時の注意点

160612_2D_1768

昨年末にMt.富士ヒルクライムの日程が発表されました。
目指すは6月9日(土)! まだ6ヶ月近くあるよ  (´д`メ)y-~~  と思っていても、あっという間にその日は訪れてしまいますよ……。

160612_2D_2222

そこで皆さんのモチベーションをMAXまで高めるべく【富士ヒルクラムにむけて】連載記事をお届けします。まずはヒルクライム 機材編ということで、日常から活用できるテクニックをお伝えします。

 

バイクを組み立てる時の注意点

ADS_7594

組み立て時に覚えておきたい機材のチェックポイント

身体の調子は絶好調だったとしても、機材に不具合があるとその力を発揮することはできない。
輪行などでレース会場入りする人は、いちどコンパクトに分解した状態から自転車を組み立てる必要がある。
自転車を組み立てる“ついでに”各部をチェックする習慣をつけておきたい。とくにホイールの装着不良が多いので注意しよう。つまりは組み立てる〜各部チェックはルーティン化したいということ。以下にチェックをしたいポイントをまとめたので、参考にしていただきたい。
もし自分の手に負えないトラブルがあれば、大会のメンテナンスサポートに相談を。混み合うことも考えなるべく早めに持ち込む。

 

ADS_7183
クイックレリーズ
クイックレリーズの締め付けトルク不足は、ホイールがガタガタとして非常に走りにくい。深刻な場合はホイールが外れてしまう場合があるので、必ず覚えておきたいところ。レバーは手のひらで握り込んで締めると大きなトルクをかけやすい。

 

ADS_7196
ホイール
ホイールがまっすぐ装着されているかその場で回してみてチェックする。またホイールを左右に揺らしてガタが出ていないか確認を。カタカタと動くようであれば装着しなおそう。

 

ADS_7218
変速機
リアの変速を確認しよう。トップからローギアまで1段ずつシフトチェンジをしてみて・チェーンの跳ね・ジャラつき音・ローギアまで変速するかなど、簡易的でも確認を。フロントも念のためアウターギア⇆ローギアの変速を確認しておこう。電動変速機の場合は、現地についた時点でバッテリー残量もチェックしておくといい。

 

ADS_7261
ブレーキキャリパー
ホイールを外すときは、リムブレーキキャリパーのアジャスタブルレバーを開いて、ホイールをはずしやすくする必要がある。ホイールの装着後にこのレバーを締めるのを忘れないように!

 

ADS_7251
タイヤ
タイヤ表面に小石の噛み込みや、傷がないかチェック。大きな傷があればタイヤそのものを交換したい。交換後は慣らし走行を必ず行うこと。

 

ADS_7267
ADS_7274
サイクルコンピュータ

各センサーの動作確認をしよう。マグネット式は輪行時や、車に積み込んだ時などに荷物が当たってズレることがあるのだ。

 

出走前のチェックを忘れないこと

「大会遠征時はクルマや電車で輪行することが多いと思います。よくあるのはクイックレリーズの締め付けトルク不足です。緩いとホイールにガタが発生し、変速機の不具合やサイクルコンピュータのセンサーの動作不良の原因にもなります」と藤野さん。
機材トラブルに見舞われると、ヤル気は大きく削がれてしまうもの。各部の点検は確実に済ませておきたい。自転車の準備の流れは、組み立て→各部の点検→タイヤのエアの充填→試走→レース本番というのが一般的だ。


事前の準備 プラスアルファ
勾配がきついコースなら、自分自身が回しきれるギア比に調整したい。リアのカセットスプロケットを軽いタイプへ交換するなどの配慮もできるとよい。シマノなどはワイドレシオ化しており、11-32T(ただしR8000系アルテグラまで)などのセット※が用意されている。これならほとんどのコースをカバーすることができる。※リアディレイラーの種類によっては、使えない場合があります

軽量化のメリットは?
バイクを1kg軽くすれば、それなりの恩恵を得られるだろう。しかし過度な軽量化は色々なリスクが増えるだけ。
また軽量パーツは事前に走行してなじませておこう。大会直前に変えるとライディングポジションが変わってしまったり、これまでのフィーリングとは変わってしまいペダリングのリズムを崩すなどして、本来の実力を発揮できないこともある。


 

ADS_7315A
【アドバイザー】藤野 智一さん◆なるしまフレンド神宮店 店長
元プロロードレーサーの藤野さんは全日本ロードレース選手権2連覇、バルセロナオリンピック個人ロード21位など輝かしい成績を誇る。現在は老舗プロショップの、なるしまフレンド神宮店の店長を務めている。

ADS_7597
なるしまフレンド神宮店 HP:http://www.nalsimafrend.jp/
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3−35−2

TEL.03-3405-9614 【営業時間】12:00~19:30 【定休日】水、木

 

写真:和田やづか 小野口健太
文:タナカダン、編集部

富士の国やまなし 第16回 Mt.富士ヒルクライムの新着情報は、2019年ホームページ開設をお待ちください!

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

5,536 Views