記事ARTICLE

2015年10月30日

パリ・ブレスト・パリ ランドヌール2015 VOL.1 三船雅彦×矢野大介&ファンライド 鼎談

8V5A9617

先頭集団で43時間を戦い抜いた二人がパリ・ブレスト・パリの知られざる姿を語る。

フランスという地で行なわれた世界最古のレースは日本人サイクリストにどう映ったのか。

帰国して数日後に異変が……

(本文)

矢野:三船さん、帰ってきてからどうでした?

三船:体重が7キロ落ちた。帰ってきてから3日目くらいしたら体調が悪くなってきて、それからどんどん。

矢野:食べられるの?

三船:食欲はあるけど、食べ出すとあまり食べられないね。

矢野:頭の中と実際に受け付けられる食べ物が違うんだろうね。だって終わった直後はステーキが食べたいとか言っていたし(笑)。絶対無理やろって。

三船: 帰ってきてから焼き肉食ったし、カレーにソバに、ラーメン。食べ出してから急に具合悪くなって。どういうペースで体重が落ちたのかもわからない、ふと自分 の脚を見たら血管が浮き出ていて、いつも見ているふくらはぎとは違っていたから体重計に乗ったら…。壊れているのかなと思った。

矢野:……僕は、お茶漬けだったな。

三船:帰国初日は朝もぜんぜん眠くなくて、昼はこのまま“まんま亭”に行ってカレーかな、と思っていたけど、欲望はラーメンに向かって。やっぱりラーメン食ってからカレーでと(笑)

矢野:頭は起きているけど脳みそは半分寝ているというか。意識はしっかりしているけど、身体は寝ようとしている。それが帰国後も数日続いていた。夜はしっかり寝ているけど、日中はそんな感じだから、一週間くらい自転車に乗っても脚はすごく重くて。

編集部(以下編):だいたい日本から走りにいっただけでハンディというか。

矢野:そうですね。リーダー連中はみんなヨーロッパ勢なので、たいした時差ではないよね。

:帰路もダメージがあったんじゃないですか?

矢野:走ってすぐに帰ってきたからね……。帰りの飛行機は離陸前に寝て、起きたらあと2時間。すごく短く感じた(笑)。

三船:機内では3〜4時間しか寝られなかったな。……そういえば矢野くん、PBP当日の朝にランニングへ行っていたよね。

矢野: 僕は海外出張に行くとランニングをするんですけど、かさばらないし、運動が出来るから。ラファの仕事で、ロンドンなどに行ったら自転車に乗ってもビジネス パークの3〜4kmの周回しか走れない。そこでランニングすると結構面白いので。そんな感じでスタートの日の早朝にベルサイユ宮殿のなかの池を走ったらす ごく大きくて1時間以上かかって、そのダメージが……。階段降りるのとか辛くて(笑)。オレも辛いんだよ〜と。大失敗ですね(笑)。

8V5A9621

 

ラファジャパン代表、矢野氏が三船雅彦氏を応援するわけ

:さて、内容が壮大すぎて……。どこから聞けば……。では、矢野さんがPBPに関わるきっかけから。

矢野: 三船さんにしてみれば、大変なことだったんですが。前回のPBPのときに、ラファがPBPの特集をすることになったんです。ラファの社員からスーパーエン デュランスに強い人間がおり、2人チャレンジすることになったんです。ドキュメントするからサポートを入れられるよ、というので三船という人が行くのでサ ポートをよろしくね、ということになったんですが、寸前になって無理になったと。で、三船さんが現地に行ったら誰も居なかったということになって、あとは どうなったか話以降は三船さん自身が話されていますが、400km地点でエネルギー切れになり、自分で食べて寝てということをしたんですが、結局ずっと引 きずってしまって。それが申し訳ないという想いもあり、今回も出るということだったので、では僕が個人的に行きますということにしたんです。フランスにも ラファの人間はいますが、私もPBPに興味がありましたし、埋め合わせもしないと、ということで。

:4年前のエピソードは三船さん自身から伺っていまして、そのときは面白おかしく話をされていましたが、現実では…。

矢野: もちろんふざけんじゃねーよ、って感じだったと思います。当然あると思います。実際に行っていて、ちゃんとサポートが出来ていたとして、クリティカルな場 面で居なかっただけでも“なんで居らんねん”となるだろうに、最初から居なかったという絶望感は計り知れないです。そんな事を考えたら当然…。その経緯が ありながらも今回も走ってくれたので、メイクアップする機会が訪れた。これは行かなければいけないと。

8V5A9684

(VOL.2へつづく)


(写真/海上浩幸 取材/編集部)

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

3,044 Views