記事ARTICLE

2019年05月10日

【ATHLETE Q10】パフォーマンスアップをアシストする還元型コエンザイムQ10

2_kaneka_

体内にある約60兆個の細胞のひとつひとつにあるミトコンドリアでは、摂り入れた糖質や脂肪などを材料に日々エネルギーが作られている。そのエネルギーを生み出すときに重要な役割を果たすのが還元型コエンザイムQ10なのだ。

年齢を重ねると人体の様々な機能が衰えていく。残念ながら、エネルギー生産において重要な役割を果たすコエンザイムQ10を作る機能もそのひとつで、20歳をピークに急激に減少していく。
ゆえに多くのエネルギーが必要で、高い運動強度を行なっているアスリートこそ注目すべき栄養素といえるだろう。

コエンザイムQ10は食べ物から摂取することも可能だが、比較的多く含まれるといわれるイワシであっても、1日の摂取目安量100mgを摂るためには、約20匹を食べる必要がある。現実的に難しい摂取量だ。だからこそ、サプリメントを上手に活用したい。

また、コエンザイムQ10には、”酸化型“と”還元型“の2種類があるが、体内で利用されるのは還元型のみ。酸化型は還元型に変換されてから利用される。本気のアスリートなら体内ですぐに働くことができる還元型コエンザイムQ10を選びたい。

そこで、今回は還元型コエンザイムQ10配合のATHLETE Q10を昨年のMt.富士ヒルクライムで活躍した廣瀬博子さんに使っていただいて、話を聞いてみた。

1_kaneka
ATHLETE Q10を試したのは
廣瀬博子さん 42歳(Pedalist 所属)
第15回Mt. 富士ヒルクライム年代別優勝(総合7位)、第5回ニセコクラシック70km 年代別優勝(総合5位)、第44回チャレンジサイクルロードレース10位。スポーツ歴は高校の部活でバドミントンを。自転車歴は5年、競技歴は2年。仕事は研究職。
廣瀬さんの練習環境は平日は夜30分〜1時間程インターバルもしくはクリスクロスのローラー練を4日間、週末は時間の許す限り50〜100km を走行する

レースに向けてどんなトレーニングを行なっていますか?

廣瀬さん:半年ほど前から苦手な部分を克服・強化するトレーニング指導を受けていて、ずっと苦手だったVO2MAXに近いL5〜6領域も踏めるようになり、走り方のバリエーションが増えた気がします。その成果を実戦で発揮するために、決して若くはないので、いかにコンディションを崩さず維持していくかが大事だと思っています。

日課としているトレーニングの詳細を教えてください。

廣瀬さん:平日は夜30分〜1時間ほどのインターバル、もしくはクリスクロスのローラー練を4日間。週末は時間の許す限り、実走50~100kmを行なっていますが、悲しいことに疲れが抜けにくくなっています。

還元型コエンザイムQ10を摂り始めてなにか気がつきましたか。

廣瀬さん:レースに出場した翌日の夜から飲み始めました。レース後、単独100km走行とレスト(高強度実走練習が雨で中止になったため)を各1日挟み、クリスクロスの高強度含むローラー練を8日間やり切りました。
4月7日に予定されていた次のレースに向けて、トレーニング強度が上がり、どんどん疲労がたまっていく中で、追い込んだ日には還元型コエンザイムQ10を3粒摂取。
はじめは、1〜2粒だったのですが、“アスリートは消費エネルギーが多いので多めに摂ってみて”というアドバイスもありましたので。
レース5日前からはQ10ローディングを開始。自分が感じている疲労とは関係なく、踏める感覚がありました。レース当日。宿が静かだったこともあり、ここ数年ぶりくらいの熟睡感。レースもレベルが高く苦しい展開だったのですが、最後の最後で踏み直せました。
始めて3週間とはいえ、リカバリー力が上がってその結果、練習量や質を上げることができ、パフォーマンスだけでなくモチベーション向上にもつながっていると思います。

今後の目標は?

廣瀬さん:どのレースに出ても上位選手にシルバー獲得者が多いので、まずは富士ヒルでシルバー獲得を。それを通過点にニセコクラシック、ジャパンカップ、ツール・ド・おきなわの表彰台を狙います。全日本選手権も完走したいですね。

レース前後はQ10ローディングがおすすめ

6_kaneka

「ATHLETE Q10®」は、大会前後の摂取量を増やすことでコンディション作りに役立ちます。レース5日前から5日後まで摂取量を増やしてみよう。

 

商品紹介

 

3_kaneka

ATHLETE Q10
¥3,500+Tax(内容量:30粒)
還元型CoQ10を1粒に100mg配合したサプリメント
栄養成分表示(3粒、2,040mg 当たり):エネルギー 14.1kcal、炭水化物 0.6g、たんぱく質 0.0g、食塩相当量 0.018g、脂質 1.2g、還元型コエンザイムQ10 300mg


 

4_kaneka
ATHLETE Q10 BCAA
¥350+tax(内容量/ジェル50g)
還元型CoQ10とBCAA を配合したエネルギージェル
栄養成分表示(1本、50g 当たり):エネルギー 68.5kcal、炭水化物16.2g、たんぱく質 0.95g、食塩相当量 0.03g、脂質0g、還元型コエンザイムQ10 50mg、バリン265mg、ロイシン580mg、イソロイシン275mg、L- カルニチン255mg


 

5_kaneka
ATHLETE Q10 GLUTAMINE
¥2,100+tax(内容量/パウダー5g×10本)
還元型CoQ10とグルタミン・乳酸菌を配合したパウダータイプ
栄養成分表示(1本、5g 当たり):エネルギー 19.8kcal、炭水化物1.27g、たんぱく質 3.625g、食塩相当量 0.0054g、脂質0.025g、還元型コエンザイムQ10 30mg、グルタミン 3000mg、ラブレ乳酸菌 24億個以上

 

【ATHLETE Q10の詳しい情報はこちら!】

42_kanekaubiquinol-seal-Oct2015-fullcolor

株式会社ニューレックス(素材提供:株式会社カネカ)
URL https://www.athleteq10.com/
お問い合わせ 06-6930-5110

写真:小野口健太

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,324 Views