記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2017年09月03日

【2018 NEWプロダクツVOL.2-2】CERVELO / R5 DISC

NE170714_31

CERVELO / R5 DISC

新しくなったR5シリーズの大きなトピックの1つは、ディスクブレーキモデルが追加されたことだろう。しかも、従来のリムブレーキ仕様よりもディスクブレーキ仕様のほうが重いという従来の常識を覆し、831gとリムブレーキ仕様よりも20gほど軽く仕上がっているのが大きな特徴だ。ジオメトリーもディスクブレーキ仕様のほうがチェーンステー長を長く設定するブランドが多いが、R5は両者共に410㎜であり各チューブの角度も統一されている。エンデュランスバイクから導入が始まったディスクブレーキ化、サーヴェロはCシリーズを皮切りに、Sシリーズ、Pシリーズ、そしてRシリーズとほぼ全てのシリーズへの導入となった。

ジオメトリーは同じR5として統一されているが、ブレーキ形式の変更に伴い細部は異なる。もっとも大きなモノはホイールの固定方式で12㎜径のスルーアクスルによって、クイックレリーズ方式よりも強固に固定され、フロント回りのスタビリティを向上させている。さらにカーボンの積層などもディスクブレーキ用に最適化。スクオーバルチューブやBBライトといったサーヴェロ独自の技術も最新技術で改良が加えられた。

NE170714_21
ブレーキのマウントはシマノが提唱するフラットマウント方式。140㎜径が標準で、オプションの160㎜径にするときはアダプターが必要となる
NE170714_20 
フォーカスが開発したTRAスルーアクスルは、圧倒的に素早くホイールの脱着ができるのが特徴だ

NE170714_18

NE170714_17
完成車の標準ホイールはマニアから評価の高いエンヴィ製。タイヤはコンチネンタル・グランプリ4000シリーズを採用


R5 Disc Dura-Ace Di2 9170完成車 ¥1,400,000(税抜)
R5 Disc SRAM RED eTap 完成車 ¥1,370,000(税抜)
R5 Disc フレームセット ¥580,000(税抜)

GEOMETRY
スクリーンショット 2017-08-30 17.50.15


IMPRESSION

期待以上の運動性能★山本健一
NE170714_51
ディスクブレーキが付いていると、なんとなくコンフォート感というか、レーシングのイメージではなかった。しかしツール・ド・フランスではディスクブレーキ仕様のロードバイクに乗ったスプリンターが勝利を量産していたし、このR5を見れば、重量のハンディはまったくない。
話を戻すとレーシングのイメージでなかったディスクブレーキ仕様のロードバイクがいよいよ、コンペティションだな、とはっきりと感じさせたのがこのR5だ。さきほども触れたとおり、エンデュランスモデルでこのディスクブレーキが導入されることが多い。単独走での扱いや天候を気にしないなど全天候型耐久性という刷り込みもあるだろう。しかしながらスラム・レッドeTAPの最新スペックのディスクブレーキは実にソリッドで、レスポンスが早い。なんとなくディスクブレーキだとブレーキを甘くかけてしまいがち。しかも変速動作もぎこちなくなってしまうこともある。このディスクブレーキのパフォーマンスを十二分に生かせるフレームの素養の高さあってこそだろう。まさにR5のすぐれたカーボンレイアップや、フレーム形状がなせる技といえる。強烈な硬さこそないが、踏めば応える軽快なフィーリング。走っていて心地いい。
ジオメトリーの大胆な変更によってハンドリングの安定性をより高めたというが、ディスクブレーキのストッピングパワーとの組み合わせはメリットしか生み出さないはず。
ホイールは慣れないうちは装着に時間がかかったが、フォーカスの技術を用いている特徴のあるアクスルを使っているので、脱落などのトラブルが発生しにくそうな機構。時間が解決してくれるだろうけれど、財産ともいえるホイールの種類がいかんせん少ない。自由に選べないという点は歯がゆいところだ。


Rシリーズ史上最良の出来★菊地武洋
 NE170714_40

軽さの追求はレーシングバイクの必須課題であると同時に、剛性や強度、耐久性の低下といった代償を伴ってきた。その原理原則に変わりはないが、R5ディスクに乗ると二律背反する課題をサーヴェロが見事にこなしたことに気がつく。とりわけ、軽さを理由にリムブレーキの優位性を語れないのは、新しい時代の幕開けを感じさせる。従来のRシリーズは全開でペダルに入力を加えると、フロントフォークにわずかな弱さを感じさせるときがあった。しかし、R5ディスクに弱さは感じない。フロントフォークの強化とホイールの固定方式の変更によって、Sシリーズを凌ぐとも劣らない剛性を誇っている。ハンドリングとブレーキングはヒルクライムからダウンヒルまで、まったく弱点を見いだせない。人によっては個性が失われたという意見もあるが、その理由は従来の弱点を克服したからだ。コスメチックや価格を課題に挙げることもできるが、それは揚げ足取りでしかないだろう。

このバイクは……
レース・エンデューロ向け
すべての調和がとれた軽量ロードバイクのベンチマーク。あらゆる用途に。

Mt.富士ヒルクライム
富士チャレンジ200
グランフォンド八ヶ岳
クライムジャパン

関連URL:東商会 http://www.eastwood.co.jp/lineup/cervelo/r5_disc.html
写真:編集部、江西伸之
文:菊地武洋、山本健一

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,620 Views