記事ARTICLE

2020年01月07日

サイクルライフアンケート結果発表【2019年自転車に乗ってよかったこと・困ったこと】

fh380

令和2年最初のウィークリーメールマガジン[WEEKLY FUNRiDE] 2020年1月9日配信の第204号では『2019年自転車に乗ってよかったこと・困ったこと』について、読者の皆さんにアンケートをさせていただいた結果を発表します。2020年も充実したサイクリングライフを過ごせますように。

 

2019年を振り返り「自転車に乗ってよかったこと」

・休日が充実した …… 50%
・健康になった …… 37%
・いろいろな場所を訪れることができた …… 37%
・食事・お酒が美味しくなった …… 29%
・筋肉がついた …… 25%
・やせた …… 4%
・仲間が増えた …… 12%
・家族との時間が充実した …… 0%
・そのほか …… 12%

「休日が充実した」「健康になった」といういわゆる生活の質が向上したとみられるご回答が半数を占めました。休日をアクティブに過ごすことで、内外からカラダがイキイキとしていくのでしょう。
「いろいろな場所を訪れることができた」という意見では、モビリティとして自転車を活用して目的地を訪問したということでしょうか。サイクリングの2次的な楽しみとして、遠方の人気飲食店へ走っていく、景勝地まで走ってみる、といった目的をもったライドが昨今人気を集めています。また、しまなみ海道、琵琶湖、霞ヶ浦といった積極的にサイクルツーリズムの推進を行う地域へ足を向ける人も増えたのではないでしょうか。
「食事・お酒が美味しくなった」29%という回答があった上で、「やせた」が4%、「筋肉がついた」が25%という回答は因果関係・相関性が高そうです。体重が減らなくても体組成が改善されていればOK。健康的なカラダを手に入れたということでしょう!
「家族との時間が充実した」…..0%という値からは不穏な雰囲気を感じてしまいますが、次の質問項目へ回答を委ねることにします。

反対に「自転車に乗って困ったこと」

・出資が増えた(機材・レース参加など) …… 41%
・練習時間の確保が難しい …… 37%
・ケガ・故障 …… 16%
・他の趣味ができなくなった …… 12%
・公道がこわい …… 8%
・仲間ができない …… 8%
・家族との時間が減った …… 4%
・そのほか …… 29%

自転車に乗って困ったこととして、「出資が増えた」という回答が最も多い結果となりました。やはり機材スポーツだけあって消耗品の交換や、イベントやレースに参加するときにはエントリー費や遠征費なども発生します。
代表的な機材スポーツとしては一年中行える釣りやゴルフ、登山、そしてトライアスロンなど。またスキーやスノーボードなどと、いずれも機材に注力すると多額の資金が必要となります。
機材スポーツでもっとも警戒しなければならないのはコレクション化です。自転車の場合はシグネチャーモデル、いわゆる有名選手のレプリカモデルなど「男のこだわり的な癖」につけ込むマーケティングが潜んでいます(笑)ので、うかうかしていられないのです!  まあ、それもスポーツ自転車の楽しみの一つ、ですが。
「練習時間の確保が難しい」エンデュランススポーツである自転車は乗れば乗るほど強く・速くなります。そういった意味で日々ライドをしたいところですがなかなか普段の生活の中でトレーニング時間を設けるのは難しいところ。通勤ライドもできる環境にない人もいると思います。しかし10分でも15分でも毎日乗るだけで結果は違いますので、試してみてくださいね。
ケガ・故障は自転車につきもの。乗り物ですので、自動車やオートバイと同じ感覚で乗るべきだです。身の安全をしっかりと守って、目一杯走りたいときは見通しが良く、自動車の往来が少ない地域や道を選んでくださいね。加害者になる可能性もあるので、保険に入るなど「事故やケガをしてしまった後」のことも考えておきましょう。

そして「家族との時間が減った」がわずか4%。みなさん嘘はついてないでしょうか?? 多くのサイクリストにとって家族との時間は「増えても」「減っても」いないということを示唆してますが、この結果を踏まえてサイクリストの面目が保てたと言っていいのでしょうか!?
そのほかに関しては、「ライド後のご飯が美味しくて食べ過ぎ、大変なことに」「仕事中にも自転車の事ばかり考えてしまいます」「特にありません」というご意見でした。

2020年「チャレンジしたいこと」

2020年、令和2年になりました。新年を迎えるにあたり、回答者のみなさんはどんな抱負を持っているのでしょうか。

・富士チャレ100kmでシルバーをとりたい。富士ヒルでシルバーをとりたい。(もあーずさん)
・まだ参加したことのないイベントやレースにチャレンジしたい。(kuma2vanillaさん)
・今年は体調面や天候のタイミングなど色んな要素が重なり、殆ど乗れませんでした。結局大会がぶっつけ本番だったことも多々…。そういったことが続けばモチベーションも下がってきてしまい悪循環に。来年は『本気で自転車を楽しむ』これにつきるかなと思います。(さーりゃんさん)
・ロングライド(100マイル以上)    (Hiroさん)
・減量→レベルアップ    (クマさん)
・ヒルクライム系を中心に頑張りたいです。    (ボルボルボRさん)
・トライアスロン    (アクエリヤスさん)
・筋トレの代わりに階段を登るトレーニングをしようと思ってます。オフィスが37階なので、昼休みを使って、少し体力作りをしなければ!    (DennyDennyさん)
・富士ヒル最高齢完走者になる。    (枯れススキさん)
・山岳を駆け巡ること。   (massyさん)
・継続的なトレーニングがしたい。   (のぶ星人さん)
・今年は新機材の導入できず、その為の貯金もできず、体脂肪だけたまったが、来年こそは貯金だけでも実行したいです。体脂肪はほっといてもたまるので。    (まさぶさん)
・痩せたい、レースに参戦したい。レースに出て、成績とれるだけの体力を作りたい。   (雪風さん)
・2019年の目標の6千㎞に570㎞不足しているので、再チャレンジ。  (遅筋ヤロー!さん)
・大会やイベントに参加する。   (Runningmanさん)
・病気する前のように100km超のロングライドに行きたい。   (ケロりんさん)

 

具体的なプランを掲げている方や、漠然とながらも乗りたい!という方もおられますが、いずれにしても乗りまくって正解ということ。ただし家族との時間は大切に!

 


回答者の近況や疑問、お悩みなど

◆毎日通勤で往復50kmを走行しております。脚を鍛えるため敢えてシングルスピードバイクを購入し、ギアを前48、後16でそこそこ重くしており少しずつですが大腿四頭筋がしっかりしてきました。これでロードバイクが速くなると良いのですが。(もあーずさん)
・往復25kmとはすごい! 距離はたくさん乗っていますので、インターバルトレーニングをいれてスピードに緩急をつけて刺激を与えるといいかもしれませんね
    
◆冬でもできるだけ走りたい! 寒さは対策できますが、凍結だけが心配ですネ。長野県で走っていますが山が多くて楽しい反面、冬の積雪や凍結で走れなくなることだけが悩み。(kuma2vanillaさん)
・路面凍結は本当に危ないですのでくれぐれもご注意を!

◆飛行機に自転車を持ち込みむとき、箱積めなら預けられるのか、先に送るか悩んでます。   (みっちぃさん)
・空輸の場合はサイズが決められていて、オーバーすると超課徴金が発生します。先に送る場合は、2〜3日余裕をもって手配をするといいでしょう。

◆北海道は冬!来年に向けてローラー台練習に取り組みます。でも、やっぱり外を走りたい!(Hiroさん)
・室内トレーニングは目標に向けて強い気持ちで対峙しないといけませんよね。ZWIFTなどを用いて気分を盛り上げてみましょう。
    
◆以前は峠は避けていた自分が、一度(岐阜県 二ノ瀬峠)に行ってからはまりました。今では、峠を入れながらのライド。峠での注意点(ダンシング等)教えて下さい!(ボルボルボRさん)
・峠は頂上まで失速しないように走るのがポイントでしょうか。心拍数やパワーメーターで管理するのがよいですが、息切れしないギリギリのペースで上り、後半からペースを少し上げていくという走り方が気持ちよく上れると思います。長い上りなら、ときどきダンシングをして、同じ筋肉を使い続けないように走るのもよいです。勾配を鑑みて脚に合った軽いギヤなども必要ですね。

◆来年のトライアスロン挑戦の為に11月から水泳教室に通い始めました。三年前にロードバイクに乗るようになり、自分の成長を感じて人生を通しての楽しみが見つかった感じです。(アクエリヤスさん)
・人生の中で長く楽しめる自転車(+スイム、ラン)はライフワークとしてはもってこいですね!!

◆先日のレースで無念のリタイヤ。トレーニング不足で足が動かなくなってしまい、自転車人生で初のリタイヤとなりました。(DennyDennyさん)
・残念な結果だったようですが、失敗から学ぶことは多いはず。改善して次は最高の結果へ!!!

◆そろそろキツイ事は辞めたらと勧められる事が多くなった。でも80才富士ヒル挑戦を目指す。(枯れススキさん)
・まさにアンチエイジングの鑑ですね! これからの活躍も期待しております!!
    
◆室内トレは疲れます。(massyさん)
・トレーニング中は根性あるのみ!!
    
◆寒い朝にモチベーションを上げるのに苦労しています。走り出してしまえば楽しいのですが、温かい布団から出ないいいわけをひたすら考えています、風が強いだとか明日のほうが天気良さそう!など。困ったものです、たかが趣味なのにねぇ。(まさぶさん)
・走り終わったご褒美のことを考えると、自然に着替えて走り出すものです(笑)。担当者が寒い日のご褒美といえば熱いシャワーとか、ホクホクの焼き芋とか…..。

◆ジャバンカップのクリテリウムで写真を撮ったのですが、10周年記念のフォトムービーコンテストに投稿したところ、見事最優秀賞をいただけました。普段、プレゼント等やキャンペーン等に応募してもハズレしかない私なので、どうせダメだろうなぁーと諦めていましたが、まさかの最優秀賞!自転車やってて、良かったです。トレックセガフレードを応援してて良かったです。いただいた賞金で、トレックのアクセサリーを購入して、トレックに貢献させていただきたいと思います。
(雪風さん)
・白熱したゴールスプリントの写真、ジャパンカップサイクルロードレースの公式サイトで拝見しました! お見事!

◆中々乗る時間を確保出来ずストレスを感じる毎日です。(Runningmanさん)
・自転車に乗る時間がないときは、手軽にランニングなどをして補うこともできます。どんなスポーツでも体を動かすと気持ちいいですよね。

 


自転車に乗ることによって「休日が充実した」「健康になった」「筋肉がついた」などの意見が見られました、困ったことに関しては

2019年はどんな一年でしたか? 満足しましたか。それとも不完全燃焼でしたか? 2020年はスポーツの機運が高まる年。それに乗っかって、サイクリングも楽しみましょう。ひとつの目標を立てて一年頑張ってみるというのもよい思い出になりますよ。ちょうど半年後のMt.富士ヒルクライムなんてどうでしょう!?

 


 

FUNRiDEアンケートに参加するには、メールマガジン WEEKLY FUNRiDEに登録するだけ! メルマガでしか読めないコラムも掲載しています。
アンケートにお答えいただくと、抽選で読者プレゼントもありますよ!

登録内容のうち、メールマガジンのカテゴリー選択で「ファンライドメルマガ」を選択してください。

こちらから新規登録が行なえます。⇒ https://runnet.jp/member/memberModify.php 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする