記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2019年06月17日

【FOCUS】IZALCO MAX DISC9 & IZALCO MAX インプレッション

IZALCO MAX JapanAssembly
イザルコマックス ジャパンアッセンブリー

TGC_3900 2

レース実績が豊富な軽量フレーム

フォーカスのラインナップの中でロングセラーを続けているIZALCO MAX。
高弾性カーボン繊維を用いて、フレーム750g、フォーク295gというヒルクライム用に最適な軽量バイクとして2013年にデビュー。
トッププロではAG2R、国内ではマトリクス・パワータグが使用し好成績を収めている。また、ハイアマチュアからも高く評価されており、ヒルクライムレースで活躍している定番モデルだ。

SPEC(試乗車の仕様 *実際に販売される完成車とスペックが異なる場合がございます)
◇フレーム:IZALCO MAX P2T 10 カーボン
◇フォーク:IZALCO MAX P2T 10 カーボン T4
◇サイズ:48、50、52、54、56㎝
◇メインコンポーネント:シマノ・アルテグラ
◇ホイール:フルクラム・レーシングゼロ
◇タイヤ:ヴィットリア・ザフィーロ
◇ハンドル:ITM・アルコア80
◇ステム:ITM・アルコア80
◇サドル:サンマルコ・エラスタートアップオープン
◇シートポスト:CPXプラスカーボン
◇重量:6.9㎏(完成車、52㎝)
◇カラー:カーボン/フリースタイル、キャンディレッド/ホワイト

コンポーネント/ホイール/税抜価格
DURA ACE / FULCRUM RACING 3 / ¥618,000
ULTEGRA / RS100 / ¥418,000
FRAMESET / ¥358,000 (メカ式専用フレーム)
 

○サイズ : 48、50、52、54、56
○カラー : CARBON / FREESTYLE、CANDY RED / WHITE
○フレーム : IZALCO MAX PT2 10 カーボン
○フォーク : IZALCO MAX PT2 10 カーボン T4


DETAIL

TGC_4073
整備性に優れる外回しのケーブルルーティング

TGC_4076
細身ブレードながら剛性の高いフロントフォーク

TGC_4086
応力特性に合わせてBB側で拡がるシートチューブ


IMPRESSION
TGC_4933

万人に扱いやすく、お買い得
プロ選手と同じバイクに乗りたいけど、自分には脚力もテクニックも未熟だと思っている人に乗ってもらいたい1台。
プロ用機材はホビーライダー向きでないこともあるが、イザルコ・マックスならヒルクライムイベントに初めて挑戦する人にも、表彰台を狙っているアスリートまで満足できるだろう。
素直なハンドリングと、わずかにウイップをさせつつ伸びるように加速する反応性は、扱いやすさと楽しさが同居した“みんなのレーシングバイク”と言っていい。
新しさは感じないかもしれないが、完成車はお買い得感が高く、実績のある名品だ。(菊地)

 

鋭い反応を示す、納得のロングセラーモデル
次々とNEW モデルが誕生する早い潮流の中でも悠々とロングセラーを続けるのがイザルコ・マックスだ。日本のヒルクラ
イムシーンでもおなじみの軽量カーボンフレームで、オーソドックスな仕様が扱いやすい。
なによりも加速性能がずば抜けて高い。
にもかかわず万人向けの乗りやすさで、プロからアマチュアまで幅広いライダーに親しまれる理由がわかる。
“これに乗れば速く走れる”と欲求が高まる性能だ。軽さに磨きをかけるカスタムを施すのも楽しそうだ。
最新機材に囲まれても色あせない名車である。(山本)

写真:小野口健太
文:菊池武洋、山本健一

フォーカス公式サイト:http://www.focus-bikes.jp/

前ページ ー最新鋭のNEWモデル イザルコ マックス ディスク インプレッション

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする