記事ARTICLE

2019年09月16日

【fi’zi:K】2020年モデルのサイクリングシューズはバリエーション豊富

A1_P1830102

角度で色が変わる玉虫色のカラーバリエーションも登場 フィジークシューズ2020年モデル

 

ゲラント・トーマスのツール・ド・フランス制覇、アレハンドロ・バルベルデの世界選手権制覇など、世界最高峰のレースシーンで華々しい活躍を足元で支えるイタリアンブランド「fi’zi:k(フィジーク)」のサイクリングシューズ。2020年モデルも、フィジークならではのユニークなテクノロジーを満載したシューズが注目を集めている。

 

「TEMPO R4 OVERCURVE」オールラウンドな性能を備えたエントリーモデル B1_TEMPO-OVERCURVE-R4-white-black_side
「TEMPO R4 OVERCURVE」White/Black

B2_TEMPO-OVERCURVE-R4-black-black_side
「TEMPO R4 OVERCURVE」Black/Black

 

フィジークは、昨年からシューズを4つのシリーズに分けて展開。プロサイクリストのフィードバックを基にデザインされたレーシングシリーズ「VENTO(ヴェント)」、ロングライドや峠などを楽しむオールラウンドなロードシリーズ「TEMPO(テンポ)」、シクロクロスやグラベル、アドベンチャーライドなどタフなシチュエーション向けのパフォーマンスシリーズ「TERRA(テラ)」、トランジションの時間短縮も考慮したトライアスロンシリーズ「TRANSIRO(トランジーロ)」だ。

エントリーモデルのR4をフルモデルチェンジした「TEMPO R4 OVERCURVE」はもちろんTEMPOに分類されるが、シリーズを飛び越えたポテンシャルを持つロードシューズとなっている。

フルメッシュ+ポリウレタン(PU)ラミネートのコンビネーションアッパーはしなやかな足当たりで、メッシュの弱点である擦れなどによるアッパーのダメージを防ぐため必要な部分をPU(ポリウレタン)ラミネート加工。強度だけでなく、ペダリングに必要な剛性もプラスしている。

適度な硬さを持つインジェクションカーボンのアウトソールは、クリート取付位置を後方に変更し、よりアグレッシブなポジションが可能となった。またソールそのものを薄くすることで足裏により近い位置にペダルをポジショニングできるロープロファイルデザインも新たに採用している。

足の解剖学的構造に合致する左右非対称の「OVERCURVE」構造、素早くフィット感を調整することが可能なシングルBOAクロージングシステムも盛り込まれている。普段はサイクリングやフィットネス目的でロードバイクに乗り、たまにはレースを楽しみたいサイクリストの要求に応える一足だ。

 

 

カラーバリエーションモデルの「TEMPO R4 OVERCURVE IRIDESCENT」も新登場
b3_P1820991
角度によって色調が変化する「TEMPO R4 OVERCURVE IRIDESCENT」。左がビートル/ブラック、右がカッパー/ブラック

B4_Schermata 2019-03-19 alle 10.04.20
間近で見ると、メッシュにポリウレタンをラミネートし、そこにカラーリングを施しているのがよくわかる。通気性と強度を両立している

 

 

見る角度によって色調が美しく変化する玉虫色のイリディセント・カラーを採用したユニークなモデルだ。カラーリングの発色がいいポリウレタン(PU)ラミネートをアッパーに使用したことで可能になった。

イリディセント・カラーは2種類。赤銅色のカッパー/ブラックは、色味の変化とシックな雰囲気のバランスが特徴。ビートル/ブラックはグリーンからゴールド、イエローと大きな色の変化が楽しめる。

SPEC
TEMPO R4 OVERCURVE(テンポ R4 オーバーカーブ)
OVERCURVE(オーバーカーブ):人間工学に基づいた足の解剖学的構造に合致する非対称構造。
ソール:R4 カーボンインジェクテッド強化ナイロン,stiffness index 7(ソールの剛性感 7/10)
アッパー:PUラミネートメッシュアッパークロージングシステム:BOA IP1-Bシステム
カラー:ホワイト/ブラック、ブラック/ブラック、ネイビー(日本国内限定カラー)
サイズ:36.5~44.5、45
重量:230g(size42)
税抜定価:¥23,800-

TEMPO R4 OVERCURVE IRIDESCENT(テンポ R4 オーバーカーブ イリディセント)
カラー:ビートル/ブラック、カッパー/ブラック
税抜定価:¥25,800-

足全体を包み込むオフロードシューズ「TERRA Powerstrap X4」

C1_P1820968

2019年8月26日に発表された、オフロードシューズのエントリーモデル「TERRA Powerstrap X4」は、昨年ロードモデルのR5で好評だった幅広のベルクロ「パワーストラップ」を採用。足全体をリボンで包み込むようなフィット感とすっきりした外観が特徴だ。新設計の「X4アウトソール」は確実なペダルキャッチとあらゆる路面で歩きやすいグリップを実現している。

C2_P1820943X4アウトソール。黄色いラバーが歩くときのグリップを生み出す

価格
「TERRA Powerstrap X4」
税抜定価:\17,800-

 

「TERRA Clima X2」「TERRA Ergorace X2」「TERRA Artica X2」

D1_P1820950

アウトドアシューズのような外観を持つオフロード用シューズが「TERRA Ergorace X2」「TERRA Clima X2」「TERRA Artica X2」の3モデルだ。

「TERRA Ergorace X2」のErgorace(エルゴレース)とは人間工学に基づいたシューレース(靴ひも)で、抜群のフィット感を実現している

D3_P1820952

「TERRA Clima X2」は泥、砂利、水などの侵入を防ぐアッパー一体型のニットゲートルがつくのが大きな特徴。雨天時やマッドなコンディションでも快適なライドを約束する

 

D4_P1820954

「TERRA Artica X2」は防寒性能を高め、真冬の雪上ライドもこなせるモデルだ。3モデルとも3層構造のビブラムアウトソールを採用し、歩行時も路面をがっちりグリップする

価格
「TERRA Ergorace X2」税抜定価:\15,800-
「TERRA Clima X2」税抜定価:\32,800-
「TERRA Artica X2」価格未定

問い合わせ:カワシマサイクルサプライ
http://www.riogrande.co.jp/
写真:光石達哉

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,112 Views