記事ARTICLE

2018年04月05日

ヒルクライムは好きですか?【WEEKLY FUNRiDEアンケートより】

dad

毎週木曜日配信の週刊メールマガジン、WEEKLY FUNRiDEでは読者のサイクルライフに迫るアンケートを実施しています。

今回はヒルクライムは好きですか?というド直球な質問に回答いただきました。

さっそく結果を紹介していきます。

「ヒルクライムが好きですか?」
1位 好き 56人
2位   どちらかというと好き 31人
3位   どちらかというと嫌い 15人
4位 嫌い 5人

「どちらかというと好き」という方も含めると8割以上の方がヒルクライムが好きとのこと。みなさんキツイことが好きなようです(笑)。

好き嫌いの理由についても回答いただきましたので、一部抜粋して紹介します。

 

【ヒルクライムが好きな理由】(どちらかというと好きの方を含む)

・ひたすら自身と向き合うことができるので。(DON RIDEさん・46歳男性)

・上り切った時の爽快感、達成感!(アキラさん・38歳男性)

・達成感!アマチュアの自転車レースやトレーニングとしてスピードが速くないので比較的安全だから。(Libertaさん・39歳男性)

・苦しいが、達成感や能力のアップが実感出来る。(mightynextさん・60歳男性)

・上りきったときの捩じ伏せてやった感。(トキさん・34歳男性)

・上りきったときの達成感!と言えば聞こえは良いですが、ダラダラ走るのがキライなので目標になりやすいヒルクライムばっかりやってます。(suezou@さん・45歳男性)

・割と近場でのレースが行われ参加が可能なこと。また毎年参加することで自分が進化しているかどうかがわかりやすいこと。(ちゃんさん・57歳男性)

・群馬県在住。家の裏には赤城山。少し走れば榛名山。ホント、山好き。(ケロリンさん)

・今まで上れなかった峠を上れるようになると嬉しいし、上った後に景色を眺めながら休むのも好き。(ふぇるぽさん・31歳男性)

・自宅近くが山の麓であり、初めてロードバイクを購入したショップの練習会がヒルクライム系が多かったのもありますが、人と競うより己との格闘が面白かったです。また、70才以上のシニアの方も多数登頂している事にも驚きました。(ルーベさん・48歳男性)

・上っている間は折角の休日にこんな辛い思いをしてひーこら上って一体俺は何をやってるんだと思ったりしますが、峠に到着した瞬間に自分の足で上り切った達成感と満足感が凄すぎて色々どうでも良くなるあの感覚が気持ちよすぎてやめられません。後は、上った後のご褒美であるダウンヒルの気持ちよさですね。(アミーゴ小金井・49歳男性)

・動け僕の足!!って感じで、体をめいっぱい使って、もうやめようかっていう自分の中の逆向きのベクトルと戦うことがなんともいい。(ヒーボーさん・58歳男性)

 

【ヒルクライムが嫌いな理由】(どちらかというと嫌いの方を含む)

・クライマーじゃないので、平坦が好き!(クーちゃんのパパさん・49歳男性)

・体重があるのできつい! 努力の度合いが体格で差が出る。細くて小さい人に自分が勝つにはダイエット&パワーUPの相当な努力が必要な為。

・以前と比べて上れなくなっているので、もう少し体重を減らして、乗る時間を増やしてから行きたいですね。(coralさん・36歳男性)

・苦しいしつらい。なんでこんなにつらい事やっているんだろうといつも自問しています。しかし、自分への挑戦の気持ちが優先し、またレースにエントリーしてしまっています。(54歳男性)

・出る人がたくさんいるので、一緒に出ることはありますが、ただ上るだけなので、コースバリエーションがある大会のほうが楽しいのになーと思ってしまいます。

・ちょっとした坂でもハァハァゼイゼイ、スピードは落ちるは楽しくない。なんでスキ好んで坂を上るのか理解に苦しむ。
そんな自分ですが 勢いで今年の富士ヒルクライムに応募してしまった。(勘違いのリハビリさん・57歳男性)

 

今回のアンケートでは、ヒルクライムを好きと回答されたみなさんにお気に入りの峠についても聞きましたので、紹介します。週末の峠アタックの参考にしてみてはいかがでしょうか。

【お気に入りの峠とその理由を教えてください】

ふじあざみライン
スタート直後は道の広さと眺めから緩いと錯覚するようなロングストレートがあり、その後の馬返しからの超激坂の繰り返しは止まったら再スタートは無理であり「絶対に足をつかない」と決めて、ゆっくりになっても頑張る!頑張る!!
その先には、最後のカーブを越えた先の富士山の姿ですべてがハッピーになれる。(ちゃんさん・57歳男性)

・榛名山
群馬県人ですが、赤城ヒルクライムはスタートからゴールまで信号が何箇所かあり、信号に引っかかることも多いですが、榛名ヒルクライムはほぼ赤になることはない歩行者用の信号だけなので、試走のタイムが本番と同じリアルタイム計測となる。

ヤビツ峠
Mt.富士ヒルクライムのちょうど半分なのでトレーニングに最適です。(あつしさん・51歳男性)

加護防山
宮城県にある、マイ坂です!獲得標高300m弱の小さい山ですが、10分切りを目標に頑張っています。(gaga8さん・48歳男性)

・九千部山
福岡県と佐賀県の県境で、360℃見渡せる景観は素晴らしいの一言につきます。(さーりゃんさん・35歳男性)

・松姫峠
今はトンネルができてしまい通れなくなってしまいましたが、上るに連れて秘境感が漂い、また徐々に斜度もきつくなり心が折れそうになった時にちょうど上りきる達成感が味わえた。(50歳男性)

・山伏峠
自転車初年度にクロスバイクで初めて越えた峠です。自宅からは50km以上離れてはいますが、初ブルベでも通過、そして現在に至るまで毎年何度も走っており、思い入れがあります。(31歳男性)

・渋峠
長野~高山村~万座~渋峠のルートは激坂の連続ですが景色と達成感は抜群ですよ。途中の毛無峠に寄り道するのもいいですね。でも白根山の噴火で交通規制が心配です。(allezさん・60歳男性)

・十勝岳
かみふらの十勝岳ヒルクライムに1回目から参加しているので 今後も出来るだけ参加しようと思っています 今年は5回目かな!後半の上りが半端ないですね!(北の正ちゃん・70歳男性)

・兵越峠
県を越える行程と、その先にある山間に囲われた独特の地域感が良い。(KEIさん・52歳男性)

・赤城山
前半と後半の変化が楽しい。(まーちんさん・男性)

・大坂峠
自宅から近く、勾配も緩めで距離も短い。走れる時間に合わせて、往復回数で調整している。(57歳男性)

・大垂水峠
手軽に行けて、ほどよい勾配でそれなりの上りごたえがあります。交通量がそれほど多くなくて走りやすい点も良いです。(せいさん・50歳男性)

・筑波山不動峠
家から近い。斜度と距離が初心者の自分に合っている。(ビンゲルさん・50歳男性)

・鳥海山ブルーライン
きついけど、森林限界を越えた景色が最高です。

・都民の森など奥多摩周辺
近場で上り応えがあり、上りきった所に売店などがあって休憩できるから。

・白石峠
初めてチャレンジした峠で、時間は掛かるけど自走で行けるし良い練習になるから。(ふぇるぽさん・31歳男性)

・柳沢峠
あちこち上ってどこも甲乙付けがたいんですが、峠手前の茶屋でいただく名水わらび餅が絶品ってのが決め手です。(アミーゴ小金井さん・40歳男性)

・八方ヶ原
ガスがかかる事が多いが、晴れの時の景色は絶品です!(ろっくの飼主さん・53歳男性)

たくさんのご回答ありがとうございました!

 


FUNRiDEアンケートに参加するには、メールマガジン WEEKLY FUNRiDEに登録するだけ! メルマガでしか読めないコラムも掲載しています。

登録内容のうち、メールマガジンのカテゴリー選択で「ファンライドメルマガ」を選択してください。

こちらから新規登録が行なえます。⇒ https://runnet.jp/member/memberModify.php 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,440 Views