記事ARTICLE

2016年03月23日

「ガーミンEdge25J」モニターレポート【1】小さなサイコンから、自転車の楽しみが広がる! TOKYOエンデューロで使ってみた

a1_TE387

初めてのサイコンにもおすすめ

昨年秋にリリースされたガーミン「Edge25J」はEdgeシリーズ最小・最軽量のコンパクトなボディながら、高精度のGPSを搭載する注目モデル。特徴は約4㎝四方の小さなボディで、初心者にも扱いやすいシンプルさだけでなく、多彩な機能も備わっているという。そこで、その実力を体感してもらうため、「TOKYOエンデューロ2016in彩湖」参加者の中から、以下のお2人にモニターになっていただき、その使い心地を体験してもらった。いずれも、サイコンはほぼ使ったことがないという。


 

b1_TE268

榎田隼一さん(38歳・埼玉県)
ロードバイク歴は1年ちょっと。昨年のTOKYOエンデューロがイベント&ビンディングレビュー。週末は自宅から行きつけの東京青梅のショップ「CROCERISTA(クロチェリスタ)」までサイクリングして、コーヒーで一服するのが楽しみ。今までサイコンは使ったことがなかった。


 

b2_TE381
鈴木浩也さん(37歳・埼玉県)
ロードバイク歴は約3年。過去にイベントは、TOKYOエンデューロや富士ヒルなどに参加。普段は荒サイなどをサイクリング。サイコンにはiPhoneのアプリを今まで使っていたが、「たまにデータが飛んだりしていた」という。


あらためてEdge25Jの基本性能をおさらい

2万円を切る価格(税別19,800円)ながら、他のガーミン製品同様、高精度GPSを搭載しているのが特徴。
そのため、スピードセンサーがなくても、本体のGPSだけでスピード、距離、走行時間、標高などを計測・記録でき、サイコンとしての基本的な機能を備えている。

機械が苦手な人でも、面倒なセンサー類とのペアリングなしで使えるのは魅力だ。もちろん、センサーを追加して、ケイデンス、心拍などのデータを取ることも可能。

モニターのお2人にはスタート前に基本的な使い方を学んでもらい、実際に自転車に装着して4時間エンデューロを走ってもらった。

b3_TE269

約4㎝四方の小さなボディなので、ハンドル、ステムに装着しても邪魔にならない。操作はボタン4つだけで、わかりやすい

b4_TE225
今回のモニターの舞台は「TOKYOエンデューロin彩湖」。お2人にはいつも通りにレースを走ってもらった

 

ゴール後のファーストインプレッション

榎田さん
「今までサイコンを使ってなかったので、スピードはほとんど気にしてませんでした。でも、Edge25Jで速度を見ると『疲れてスピードが落ちてるな』っていうのがわかる。もう少し踏もうというモチベーションになりますね」

鈴木さん
「使う前は画面が小さいので表示が見にくいかなと思ったけど、思ったより見やすかったです。GPSの精度がとても高いですね。センサー類をつけなくても、速度や距離など小数点以下までリアルタイムで出るのは、すごいなと思いました」

そして、鈴木さんが実際に使ったうえで気づいたことがひとつ。

ディスプレイが小さなEdge25Jは、3画面をスクロールして日付・時間、タイム、速度、スピード、平均スピード、総上昇高(獲得標高)、高度などのデータを一度に2、3項目ずつ表示している。この日は、自動スクロールする初期設定で走ったので、「見たいデータが出てくるまで、ずっと画面を見てしまった」という。

しかし、自動スクロールはオンオフの切り替えができるので、今後はレースやサイクリングなど場面に応じて設定を替えていきたい」ということだ。

またEdge25Jには、1kmまたは5km(初期設定は5km)ごとにラップタイムを計測するオートラップ機能も備わっている。今回の彩湖周回のコースが5km弱だったので、ほぼ1周相当のラップタイムが取れたわけだ。これでレース中にどれくらいペースが上下しているか確認できるのも、モニターのお2人にとって興味深かったようだ。

ガーミンコネクトへの走行データのアップロードも体験してもらった。ガーミンコネクトとは、ガーミンの無償データ管理サービスで、自分の走行データなどをクラウドサーバーに保存して、いつでも見返すことができるものだ。

まずはスマートフォンにガーミンコネクトのアプリをインストール。自分のアカウントでサインインし、Edge25JとBluetoothで接続すれば、ほんの数分でEdge25Jで保存した走行データがガーミンコネクト上にアップされる。

これで自分が走ったコースマップや、高低図、速度のグラフなどもすぐに確認できるので、自分の走りを見返して分析したり、仲間との共有もできる。USB経由でPCでデータをアップすることも可能だ。

榎田さん
「今月は何km走ったと記録されるのは、非常にいいモチベーションになる。これから自転車に乗るのが楽しくなりそうです」

鈴木さん
「自分の走ったデータは残したいと思っていたので、重宝しそうです。ガーミンコネクトを使ってSNSみたいに仲間と走行データをシェアできるのも、おもしろそうです」

お2人には、「スピードセンサー・ケイデンスセンサーセット」、「プレミアムハートレートセンサー」も新たに渡し、今後もモニターとしてレポートしていただく予定だ。

b5_IMGP2106
ガーミンコネクトをインストールしたスマホとEdge25JをBluetoothでペアリングすれば、さっきまで走っていたデータがすぐにアップされる

b6_Screenmemo_2016-03-12-10-38-31
ガーミンコネクトにアップされた彩湖のコース図。スマホ上でスピードやラップタイムなども確認できる


ガーミン Edge25J

価格:19,800円(税別)

サイズ:42×40mm

重量:25g

機能:ライトモード、コーストレーニング、自動ラップ、セグメント など

製品HP:http://www.iiyo.net/cproductdetail.aspx?sku=370902

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

7,192 Views