記事ARTICLE

2018年09月25日

【LOOK】ニューモデル 795ブレードRS、785ヒュエズにディスクブレーキモデル 登場

IMG_9791

フランス・ルックの2019年モデルの内容が明らかになった。
まずはニューモデルを中心とした速報をお届けしたい。
IMG_9790

795ライトRSの弟分、あるいは765オプティマムの兄貴分として登場したのが、795ブレードRS/795ブレードRSディスクである。
795ブレードは現行の795シリーズと同様にエアロタイプのフレームとなる。その形状は795ライトとは全く別のニューモデルである。
フロント三角の外観は795ライトの流れを汲み、エアロダイナミクス性能が向上した。またフォークも新型である。大きな特徴はステアリングコラムが縦扁平され、プレッシャープラグも専用品となる。
IMG_9797
リムブレーキタイプ最大の特徴は3Sデザイン(スムース・ソード・シートステイ)というリアブレーキ台座だ。従来のバイクのようにバックステイにブリッジを設けてリアブレーキをマウントするが、シートチューブ裏側から延長した台座にブレーキを搭載する。この構造によりバックステイをより柔軟性に特化することができ、さらにバックステイのたわみによるリムとブレーキシューの接触を懸念する必要がなくなったという。従来モデルよりも23%衝撃吸収性を高めることができ、昨今の高剛性カーボンホイールを装着しても高いトラクション性能を実現してくれる。ワイドリム・ワイドタイヤにも対応。およそ30mm幅のタイヤまで許容する。
IMG_9794
シートポストはフレーム一体型ではなく、斬新なエアロ形状の専用シートポストとなる。カムテール形状で、背面にボトル台座を用意。タイムトライアルやトライアスロンへのポジションセッティングも考慮され、前後50mmのオフセット幅、さらにヤグラ反転により-6mmの調整幅を設けた(仮想シートチューブ角 71.8° to 78.4°)。
同時にディスクブレーキモデルもリリース予定だ。
価格はフレームセット(ステム、シートポスト付属)で410,000円(税抜)サイズは5種類。フレーム参考重量は950g(Sサイズ)、300g (フォーク)。
IMG_9801
BBはプレスフィット86.5を用いる

IMG_9799
ADS専用ステムの根元両脇からブレーキ・シフトケーブルをフレームに内蔵する

IMG_9793
反転可能な専用やぐら。調整幅も広く、タイムトライアルやトライアスロンでのポジションも容易に設定できる

IMG_9796
シートポストは専用の小物を用いて固定

IMG_9798
ダウンチューブにはケーブルをスマートに内蔵するための、窓が設けられる。これは機械式対応タイプ

IMG_9812
機械式の場合、ケーブルガイドが内蔵される。Di2を使用時には、ジャンクションがここに収まる

IMG_9792
専用フォークのコラムは縦扁平された新型設計となる。より高い剛性を確立した

IMG_9818
アウターストッパーはBBの真下に内蔵。組み付けしやすくなった印象だ


昨年のヒットモデルとなった785ヒュエズにディスクブレーキ搭載モデルが登場

IMG_9802 IMG_9803
エアロモデルとは性格が異なるアルティチュードシリーズのトップモデル。つまりはヒルクライムやロングライド、グランフォンド向けの軽量・高剛性タイプということになる。全天候型のディスクブレーキ搭載により、世界的に人気があるグランフォンドをターゲットにしたスペックといえる。

 IMG_9808
エンドの片側に切り欠きが。フロントもリアも同様

785ヒュエズRS ZED2の価格はリムブレーキ、ディスクブレーキ仕様ともに480,000円(フレームセット、ルック・ZED2クランク+BB付属)
785ヒュエズRS PF86の価格はリムブレーキ、ディスクブレーキ仕様ともに380,000円(フレームセット)
また、785ヒュエズはフレームセット販売が開始される。価格はリムブレーキ、ディスクブレーキ仕様ともに299,800円(フレームセット)

問:ユーロスポーツインテグレーション
関連URL:http://www.eurosports.co.jp/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

7,686 Views