記事ARTICLE

2019年12月14日

【2019-2020UCIトラックワールドカップ第5戦】橋本英也選手、男子オムニアムで銅メダル獲得!

DSC_5943

2019-2020UCIトラックワールドカップ第5戦/2019-2020 Tissot UCI Track Cycling World Cup V

大会2日目は、落車、乗り越え橋本英也が男子オムニアムで銅メダル獲得
12月14日、オーストラリア・ブリスベンで開催された『2019-2020トラックワールドカップ第5戦』の大会2日目、男子オムニアムで日本の橋本英也が銅メダルを獲得。前大会で4位を獲得し、この種目のオリンピック出場筆頭候補となった橋本英也。途中の落車アクシデントを乗り越え、最終的に3位を獲得。世界トップクラスの実力を証明した。尚、橋本のワールドカップ、オムニアム種目でのメダル獲得は2017年12月11日に行われたチリ大会以来2年ぶりとなる。

_DSC2000©JCF

●レース結果(日本人参加種目のみ掲載)
男子オムニアム最終成績
優勝:アーロン・ゲート(ニュージーランド)
2位:ロジャー・クルーゲ(ドイツ)
3位:橋本英也(日本:チームブリヂストンサイクリング)
https://www.tissottiming.com/File/00031101080103FFFFFFFFFFFFFFFF03
男子ケイリン結果
7位:脇本雄太(日本)
失格:河端朋之(日本:JPC)
https://www.tissottiming.com/File/0003110108010204FFFFFFFFFFFFFF02
女子スプリント結果
15位:小林優香(日本: ドリームシーカーレーシングチーム)
17位:太田りゆ(日本)
https://www.tissottiming.com/File/0003110108020106FFFFFFFFFFFFFF02

DSC_5955
©JCF

金メダルを獲れる位置にいながらも銅メダルに終わってしまったことは残念ですが、悔しいながらも良かったと思います。落車をして肩を打ったのですが、スタッフの皆さんのお陰で走ることができました。本来の走りではありませんでしが、それでもメダルを死守出来たというのは、自分の成長を証明出来たのではないかなと思います。

提供:提供・日本自転車競技連盟

JCF Twitter (速報配信中)
https://twitter.com/JCF_cycling

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする