記事ARTICLE

2019年02月25日

2019年 ハンドメイドバイシクル展 VOL.1

IMG_5342

例年、1月に科学技術館で開催されてきたハンドメイドバイシクル展。今年は場所を東京流通センターに場所を移し、2月23〜24日に開催された。出展者は年々増加し52社、国内のカスタムフレームビルダーを中心に、イタリアンブランドのビクシスを率いるドリアーノ・デローザも来日して話題を集めた。

hmcs_14

国内フレームビルダーが技を競いあう祭典

高価な素材や風洞実験室といった最先端のテクノロジーを駆使して作られるレーシングバイクと共に、自転車好きが憧れるのがハンドメイドフレームだ。職人が客のために1本ずつ作る匠の世界は、いつの時代も普遍的な魅力に満ちている。かつてはオーダーフレームを経験しないとマニアの世界では半人前であり、少々敷居が高いのも事実だ。
しかし、それでもオーダーフレームの世界がなくならず、むしろ近年は若手のフレームビルダーが増えて勢いを増してきている。

オーダーメイドフレームの魅力は、どんなに言葉を尽くしても経験してみないと分からない。何十台とメーカー車を買い連ねても、フレームビルダーと築いていく自転車創りの楽しさには、到底かなわない。とはいえ、ハンドメイドのフレームを目にする機会は多くない。そんなオーダーフレームの世界を簡単に覗いてみることが出来るのが、ハンドメイドバイシクル展の魅力である。
オーダーするかしないかは別として、まずはどんなビルダーなのか話をするだけでも貴重な経験になる。というわけで、出展者のみならず、来場者も増え続けている。

 

 CHERBIM / ケルビム

IMG_5299

日本のフレームビルダーの実力を海外に発信し続けているのケルビム。北米ハンドメイドバイシクルショー(NAHBS)で大賞を獲得した直後は華美だったりギミックを多用するフレームが多く、どことなく力みが見られたが、そうした力が抜けて洗練されてきた。
“Sticky Stainless”はコロンブスのステンレスチューブHCRをメインに、アメリカのKVA社製の1インチダウンチューブが目を引く。通常、クロモリ製の細身ダウンチューブだと加速時にウイップが発生したり、ダウンヒルでハンドリグが不安定になることもあるが、そこを逆手にとって、ステンレスのR張力の高さを感じるのだという。
日泉ケーブル社製のケーブル類はフレームのメインカラーと相性のいいピンクを差し色につかいつつ、ブレーキ本体にもレーザー刻印でブランドロゴが入る。

IMG_5320
ブレーキにはロゴがレーザー刻印されている

IMG_5322
集合ステー型のシートラグ。かつては各ブランドがオリジナルのラグを用意していたが、最近ではすっかり珍しい存在になった

IMG_5369
チーフフレームビルダーの今野真一さん。
手に持つのは前原光榮商店×CHERUBIMコラボレーション洋傘で、かなりの業物でそのお値段は15万円(限定数)となる

公式HP:ケルビム/今野製作所

山音製輪所

IMG_5177
東叡社で修行を積んだ尾坂允が主宰する山音製輪所。懐古趣味ではなく、上質で立ち姿の美しいツーリング車は若手ビルダーの中で出色の出来である。フレームだけでなくバッグやリフレクター、ライトなども手掛ける。
レース用ホイールやカンパニョーロのエルゴパワーなど現在のパーツを巧みに取り入れており、伝統的なツーリング車の美的センスを取り入れつつ“床の間自転車”になっていない。

IMG_5204
チューブはコロンブスの定番チューブSL

IMG_5195
フロントディレイラーの直付け台座は小ぶりなタイプを採用

IMG_5192
フレームと同色に塗られたブルーメルの泥よけ

IMG_5189
オリジナルのバッグ

公式HP:山音製輪所 

EQUILIBRIUM/エクイリブリウム

IMG_5156
大瀧製作所の大瀧政美さんに師事したウラジミール・バラホブスキーさんが手掛けるエクイリブリウム・サイクルワークス。競輪用のフレームを作るNJSビルダーの元で学ぶことで高い精度のフレーム作りを信条としている。
流行りのオールロードバイク“Brutalist “はクロモリチューブを低温で溶接し、エイジングされたような錆塗装が施されている。フレームはコンポにスラム・レッドeTapを使うことを前提に設計されており、シフト用のアウター受けなどが省かれている。

IMG_5164
“ワビサビ”ペイントと名づけられた塗装はクックペイントワークスによるもの

IMG_5171
大きさを感じさせないリアエンド

IMG_5166
クリスキングのディスクブレーキ用ハブ。

公式HP:EQUILIBRIUM(エクイリブリウム)

BiXXIS/ビクシス

IMG_5363
イタリアの名工、ウーゴ・デローザの血を引くドリアーノ・デローザが手掛けるビクシス。トークショーにも多くの人が集まり、今回のショーに華を添えた。
公式HP:BiXXIS(ビクシス)

 

 QUARK/クォーク

IMG_5214
走るフレームビルダーとして名を馳せた細山正一さんが作るクォーク。手頃な価格でオーダーできることでも古くから定評が高い。このバイクはロングライド用モデル。
IMG_5225
色遣いやラグワークなど、ベテランの技が冴える。
公式HP:QUARK

 

オオマエジムショ

IMG_5354
ジャーナリストであり、ツーリング車の数寄者として名高い大前仁さん。ジャパンバイクテクニークに出場するため、ついに自らトーチを手にした。

IMG_4988 
梶原製作所から治具を、マツダ自転車工場からプロパンを借りて作ったというフレーム。

公式HP:オオマエジムショ

 

つづく

 


写真:編集部

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,755 Views