記事ARTICLE

2016年06月25日

全日本自転車選手権大会ロードレース2日目 U23男子速報

IMG_5023

早朝から激しい雨と風が吹き付けた大島。一時は1時間で60mmもの豪雨となったが、U23スタート前には雨は収まった。しかし風は依然強く、U23男子の周回は2周短縮され、8周回(95.2km)での決戦となる。1周目で大きな落車が発生し、30名ほどの選手が分断される。この落車の影響もあり序盤で多くの選手がタイムアウトになってしまった。2周目で小林、岡、小野寺など昨日のTT上位入賞者を含む20名ほどが先行する。後方には30名ほどの集団となるが、強力なメンバーがはいった先頭集団はタイム差を徐々に広げていく。
先頭は人数を減らしながらも優勝候補は残る。残り4周で鹿屋体育大の徳田(優)のアタックなど動きも活発になる。しかし今日、もっとも強かったのは昨日の個人TT優勝者の小林海だった。ラスト一周で4人(徳田優/鹿屋体育大学、松本/明治大学、小橋/シマノレーシング、小林/明治大学)を振り切り、1分3秒の差をつけて単独でゴール。移り変わる天気、吹き荒れる強風。それに対応できた強いメンタルとフィジカルを持った選手が集団に残った結果となった。

IMG_4876
1周目の海岸線の丘で大きな落車が発生した。強風の影響もあるだろう。

小林選手のコメント「レース距離が短くなったことはレース開始20分前に知ったが、長いほうがよかった。17人で抜け出したとき、嫌な展開になったと思った。スプリント勝負になるのは避けたかったから。レース中盤にスピードを上げたとき集団から抜け出してしまった。そこに徳田優など強いメンバーだけが追いついてきたので、そのまま行こうと協調して、後続を引き離すことに成功した。ここで勝利を確信した」。ラスト1周の上りで抜け出したが、ラスト数キロ、海岸線の向かい風が強いが、上りで付いてこれないなら、平地で追いつかれる心配はないと思っていた、とコメントした。

現在は単身、スペイン・アストゥリアス地方のアマチュアチームで活動を行っている。

U23男子(95.2km/8周回)

1位小林海(Team KUOTA C.PAULINO) 2:38:58(AVE:35.92km/h)
2位徳田優(鹿屋体育大学) +01:03
3位松本祐典(明治大学) +01:05
4位小橋勇利(シマノレーシング) +03:02
5位小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) +03:06
6位岡本隼(日本大学) +03:17
7位西村大輝(シマノレーシング)
8位小林和希(明治大学)
9位西尾勇人(那須ブラーゼン)
10位石井駿平(鹿屋体育大学)

IMG_4943

徳田優(鹿屋)の動きも目立っていた

IMG_4959

ラスト1周、集団を引き連れて上りにはいる小林海

 IMG_5002グルペット

IMG_5016

追いすがる2名を大きく引き離して単独でゴール

IMG_5032

IMG_5092 IMG_5117 IMG_5137 IMG_5160

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,860 Views