記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2019年06月17日

【FOCUS】IZALCO MAX DISC9 & IZALCO MAX インプレッション

Tobira

IZALCO MAX DISC9 JAPAN ASSEMBLY
イザルコマックス ディスク9 ジャパンアッセンブリー

TGC_3891

待望のニューモデルはエアロディスクロード

5年振りの新作となった、IZALCO MAX DISC。最新トレンドを取り入れたエアロコンセプトとディスクブレーキを融合し、“9シリーズ”と“8シリーズ”の2モデルを展開する。トップモデル“9シリーズ”には超高弾性カーボン繊維を採用し、完成車で7.3㎏とエアロバイクとして一級の軽さを誇る。パーツの組み付けは国内で行なわれ、ハンドルステムのサイズやバーテープのカラーなどがセミオーダーできる。

SPEC ( 試乗車の仕様 *実際に販売される完成車とスペックが異なる場合がございます)
◇フレーム:ULTRA HI-MODULUS MAX DISC カーボン
◇フォーク:ULTRA HI-MODULUS MAX DISC カーボン
◇サイズ:47(XXS)、50(XS)、52(S)、54(M)
◇ メインコンポーネント:シマノ・デュラエースDi2
◇ホイール:マヴィック・コスミックカーボンプロUST
◇タイヤ:マヴィック・イクシオンプロUST
◇ハンドル:ITM・X-ONE
◇ステム:IZALCO MAX カスタムカーボンインテグレート
◇サドル:プロロゴ・ディメンション
◇シートポスト:フォーカス・エアロカーボンDシェイプ
◇重量:7.3㎏(完成車、54㎝)
◇カラー:シルバー

コンポーネント/ホイール/税抜価格
DURA ACE Di2 / COSMIC PRO CARBON UST DISC / ¥980,000
DURA ACE Di2 / FULCRUM RACING 400 DB / ¥798,000
ULTEGRA Di2 / COSMIC PRO CARBON UST DISC / ¥780,000
ULTEGRA Di2 / FULCRUM RACING 400 DB / ¥598,000
FRAMESET / ¥440,000 (※電動コンポーネント専用フレーム)

○カラー : SILVER、BLACK、WHITE/NAVY
○フレーム : ULTRA HI-MODULUS MAX DISC カーボン
○フォーク : ULTRA HI-MODULUS MAX DISC カーボン


DETAIL

TGC_4101
オリジナルのステムはライズ角- 15°。ステム内をケーブルが通る

TGC_4122
シートポストをしならせて快適性を向上させるD型断面

TGC_4138
ジャンクションAはダウンチューブ内蔵タイプ

TGC_4135
ダウンチューブのボリュームが際立つ。BB規格はプレスフィット86

TGC_4097
エアロフォルムのストレートフォークは細身ながらもパワフル


IMPRESSION

TGC_5019
巡航性能に長けた、最新モデル
ロードバイクの本質を貫くイザルコ・マックスが存在し、そしてこの最新スペックのディスク。ロードバイクに求める要求をすべて満たすラインナップだ。エアロ・剛性・快適性を融合したスタイリッシュなバイクで、くせのない仕上がりだ。平地はもちろん、踏み込んで高速域を維持するような緩斜面での巡航性能に優れ、貯金をしつつ本格山岳まで足を残せるような、オールラウンド寄りのパフォーマンス。軸下の優れた安定性が挙動の軽さをもたらし、上りを苦にしないのが特徴的だ。シンプルで飽きがこないデザイン。こちらもロングセラーの予感がする。(山本)

 

流行を全部盛りにしたマルチユースモデル
スモールバックステー、統合的かつシンプルにデザインされたハンドル周り……新しいイザルコ・マックスには最新の流行が漏れなくすべて奢られている。走行感も最新のトップモデルに共通したスムーズと軽快感を両立。緩斜面で見せる高速巡航性は富士ヒルのようなコースでは、その魅力が遺憾なく発揮されるだろう。しかも、高速ダウンヒルでは空力に優れ、ブレーキ性能も高く、さらに乗り心地もいいのだから、他の山岳コースでもアドバンテージは想像以上に大きく、魅力的だ。(菊地)

 

写真:小野口健太
文:菊池武洋、山本健一

フォーカス公式サイト:http://www.focus-bikes.jp/

次ページ ーロングセラーモデル イザルコ マックス インプレッション

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

3,697 Views