記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2016年02月09日

3モデル インプレッション VOL.9/MERIDA REACTO 4000(エアロロードモデル)

151117_1D_7099

MERIDA / REACTO 4000 IMPRESSION

メリダのエアロロード、リアクトシリーズ。このリアクト4000はミドルグレートとなるが、フレーム形状は上位モデルとほとんど同じ。つまりエアロダイナミクスにかんしてはイコールであるということ。フレーム素材こそ上位モデルとは異なるが、リーズナブルにする努力といえる。新城幸也も愛用するこのエアロロードはどんな走りを披露してくれるのだろう?

151117_7D_3628

REACTO 4000■フレーム:Reacto CF3■フォーク:Reacto Carbon pro-direct■試乗車のコンポーネント:シマノ・105■リム:Merida super AERO 38■ハブ:Formula Road Bearing■完成車実測重量 :8.9kg(ペダルなし)■カラー:マッドUDカーボン■サイズ:47、50、52、54cm■価格:225,000円(完成車、税抜)

151117_7D_3517

シートポストを固定するシートピンはフレームに内蔵する形式。

151117_7D_3522

リアブレーキはBBの下に配置しているのでシート集合部はスッキリとした造形。もちろんエアロ性能にも貢献する。

151117_7D_3528

専用ヘッドパーツにはケーブルガイドが付いている特別仕様。シフトケーブルが広がらないので、スッキリとしたコクピット周りにできた。

151117_7D_3533

フロントはダイレクトマウントを採用。これも空力に大きく貢献する。

151117_7D_3536

シフトケーブルはフレーム内蔵式。ダウンチューブを経由するオーソドックスなスタイル。

151117_7D_3541

プレスフィットBBを採用。カーボン素材が違っていても上級モデルと同じ構造だ。

151117_7D_3546

ボリュームのあるチェーンステー。BBの下にはダイレクトマウントブレーキが配される。


インプレッション

151117_1D_7060

バリバリのエアロロードながら快適性も十分★菊地武洋

リアクト4000はスパルタンなスタイリングと裏腹な、ロングライドをいとわない高い快適性が魅力である。基本的にメリダのロードフレームは剛性が高い傾向にあり、4000に使われているCF3エアロカーボンフレームも基本剛性は十分だ。しかし、剛性過多になりがちのデザインを補うようにシートステーにはブリッジがなく、見た目よりもマイルドな走行感となる。そのためサイドビューから想像するよりも、軽さとしなやかさを兼ね備えている。ただ、快適性を演出しているのはサドルとコンチネンタル・ウルトラスポーツ25Cによるところが大きい。このタイヤは転がり抵抗が小さく、耐パンク性能が高い。空気圧を低めにすれば快適に、高めにすれば転がり抵抗の小ささを利用して……という具合だ。ただ、もっとしなやかなハイグリップタイヤを入れると質感はさらに良くなるだろう。オリジナルホイールは、価格とのバランスで考えればお買い得だが、予算に余裕があるならタイヤと一緒に交換するとさらに守備範囲が広く、上質な走行感になるだろう。メンテナンス性を考慮すればリアブレーキのマウントとワイヤ類のルーティングはウイークポイントだが、同タイプのライバルと比べると出来がいい。スタイリングはバリバリのエアロロードであるが、上りでスタンディングしたときのペダリングの軽さはノーマルロードに劣るところがない。

151117_1D_7039

TTバイク譲りのエアロ性能◆小高雄人

タイムトライアルバイクのようなフレームフォルムはいかにもエアロ効果の高そうな印象を見る者に与える。平地では高い剛性とエアロ性能が相まって、高い巡航力を発揮。短時間でのインプレッションではあったが、通常よりもスピードが1〜2km/hアップした感触。扁平したシートステイやシートポストにエラストマーを配したS-FLEXテクノロジーによりエアロバイクとしては快適性も決して悪くない。見た目から平地に特化したモデルに思いがちだが、上りも卒なくこなす器用さもある。タイムトライアルからアップダウンのあるロードレースまで、スピードを追い求めたいレーサーにぴったりの一台。

 

151117_1D_7049

頼もしい走りが魅力◆山本健一

エアロらしいエアロロードフレームで、エッジが効いたダイナミックなフレーム。シートポストの造形はまさにタイムトライアルバイクそのものだ。やぐらの直下には樹脂製のパーツが組み込まれているが、取り外し可能だ。このカットアウトされた部分も乗り味の改善に一役買っているだろう。フレームの質感は薄さが伝わってくる踏み味で、パリパリといったイメージの踏み心地。カーボンのグレードを価格に対して最適化したセカンドモデルだが、上質さが伝わってくる。おのずとトップモデルへの好奇心が高まるが、このフレームをトップモデルだ、と紹介されると納得してしまうほどのポテンシャルを秘めていた。価格を抑えるための工夫が凝らされており、トランスミッションはシマノ・105、ホイールはメリダオリジナルホイール。価格は知っていたが、そのライディングフィールはもちろん満足度の高い仕上がりだ。そもそもこの価格帯でエアロロードが手に入ること自体が驚きである。空気抵抗は誰にでも発生するもの。エアロロード・リアクトに乗って風を切る喜びに浸ってほしい。

 


(写真:和田やずか)

メリダのお問い合わせ先:ミヤタサイクル TEL:044-221-0191

http://www.merida.jp/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

35,176 Views