記事ARTICLE

2015年12月11日

新城幸也選手 プロ10周年&3大グランツール完走記念パーティ

DSC_0234

12月10日(木)都内で行われた、新城幸也選手(ランプレ・メリダ)のプロ10周年と3大グランツール完走を記念したパーティに参加した目黒誠子さんより当日の様子をレポートしていただいきました。


知らないのは本人のみ! というサプライズパーティ。企画したのは、新城選手のアシスタントでもあり、フォトグラファー・ライターとしても活躍する飯島美和さん。このパーティは「プロ10周年&3大グランツール完走記念」であるのはもちろんのこと、「15日から始まるタイ合宿、1月のリオ・オリンピックアジア最終戦と、続々と始まる来シーズンへ向けて、皆さまからの激励もいただければ……」という思いも込められていました。招待状の最後には、「本人には内緒のサプライズパーティですのでご協力をお願いいたします」の文字が! サプライズ! どんな仕掛けになるのかな? ワクワク。

「身内だけのパーティのつもりが、どんどん大きくなってしまって……」と語る美和さん。招待されたのは、友人、スポンサー、メディアなどの関係者約80人。さぁこの80人でスタードッキリの大仕掛け!新城選手が登場する前に会場内で打ち合わせです。

そこへ、何も知らずに会場に到着した新城選手。レストラン入口には自分が乗ったコルナゴのバイクがあるし似顔絵もあるしで「おかしいなぁ」ときょとんとした顔。振られるままに、手を振り返す。そのままステージにのぼらされると、「大成功~!」の大歓声。「え~!」と笑顔の新城選手。うすうす感づいていた様子?でしたが、あとから聞いたら「いやいや、ほんとにビックリした!」と。やっぱり大成功!

DSC_0085

???様子が分からず、とりあえず笑顔で手を振る新城選手。

DSC_0093

ステージ上でネタばらし。ドッキリ成功です!


 

乾杯の祝辞は新城選手育ての親である、「エキップアサダ」の浅田顕監督。

「プロで10年続ける、というのは大変なことなんです。自分では決められないことなので。『信用・需要・活躍』があってのもの。とくに同じチームに居続けるというのは、人間としても人格者でないといれないですね。彼の人格、人柄、コミュニケーション能力、信用・需要・活躍があってのものだと感じています。」

新城選手の今後については、

「選手として、彼のキャリアのウォーミングアップは終わりました。これからが『本番』です。本格的に暴れてもらいたいですね。今年は、アジア選手権、世界選手権、ジャパンカップと3回彼の監督をしましたが、大事なレースに調子を合わせる技術が各段に身についてきました。記録も成績も、狙ったものを取りに行く、ということが彼にはできます。彼の選手としてのピークはこれからです。36、37歳じゃないでしょうか。ロードレースは体力だけではなく、いろいろなものが合わさって完成されるものなので、10年やったからどうのではなく、10年をベースとしてのこれからだと思います。日本のエースとして、取りに行くものを取っていってほしい。つまり、世界戦、オリンピックなど活躍の場を広げ、表彰台を期待しています。」

プロの最初の指導が浅田監督だったことについてお聞きすると「最初がよかったんだと思いますよ」と茶目っ気たっぷりに話してくださいました。

DSC_0108

祝辞は恩師の浅田顕監督が務めてくれました。


 

新城選手にも、「これまでの10年とは?」と、聞いてみました。

「この10年はやはり財産です。成功・失敗、すべてを含めてどれもが忘れられないもの、大切なもので、決して『過去』ではないと感じています。すべてがあっての今の自分がいます。楽しい10年でした! 楽しかったから、これからも楽しいものになると思います。」

来年はプロ11年目。節目となる10周年を迎えるこのタイミングで、イタリア名門のワールドチーム「ランプレ・メリダ」への移籍を決めた新城選手。先日イタリアで行われたシーズン最初のキャンプを終えてきたばかり。「来シーズンはどんなものにしたいですか?」の問いには、

「とにかく、始まってみないとわからない。チームは、想像以上の大歓迎で、シューズ、インソール、サングラス、ヘルメットなど、すべてがオーダーメイド。そのぶん、期待もされていると思うので、がんばります!」

ランプレ・メリダのGMでもあるブレント・コープランド氏や、何度も来日しているブルーノ・ヴィッチーノ監督からは何か特別なコメントがありましたか?の問いには

「とにかく、『勝ってくれ!』この一言を言われています!」と。

チーム側から新城選手への期待もかなり大きそうですね!

そして、「ツアー・オブ・ジャパン」海外チーム招待担当をしている私からも気になる質問を……
「もし来年もランプレメリダがTOJに来てくれたら、新城選手は……」

「もうそれは、チームのオーダーによります。それがすべてですね~」と。

ですよね~。日本で走る新城選手を見たいのはヤマヤマですが、日本自転車界の宝、新城選手の世界での活躍はうれしいもの。TOJに来てもらえなくても、涙を飲みます!
来年の新城選手の活躍、期待しましょう!ますます目が離せません!

DSC_0149

今まで一緒に戦ってきた先輩や後輩たちからのビデオメッセージも流されました。

DSC_0175

弱虫ペダルの渡辺航先生からも似顔絵がプレゼント!

DSC_0131

パーティでは、スペシャルゲストに石垣島出身の女性ユニット「やなわらばー」の演奏もありました。新城選手のハンドボール部の先輩だとか!こちらも本人にはもちろんサプライズ。

(文・写真/目黒誠子)

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,732 Views