記事ARTICLE

2020年05月27日

【STRAVA】長期的サービス提供にむけてサービス内容を更新 05.27

ユーザー5000万人というフィットネスアプリのストラバが、本日より一部の機能がサブスクリプションでの提供となる。日本のサイクリストの中でもポピュラーなアプリケーションだ。先日長期的サービス方針の発表がされたが、これについて一部のサービス内容が更新されるとのニュースリリースが届いた。

何年も先の未来を見据えて—。Stravaはコミュニティへのコミットメントを新たに、みなさまのモチベーションにつながるような、より良いサービスを提供してまいります。

ここ数ヶ月の間、みなさまからの貴重なフィードバックをもとに、50以上の機能追加や改善を行ってまいりました。そして本日より、これまでご利用いただいていた一部の機能が、サブスクリプションでのご提供に変わります。
今後も無料版のStravaは便利な機能とともにお楽しみいただけますが、健全なビジネスを維持していくために、こうした変更を導入しました。
(STRAVA)

変更点の詳細をあらためてチェックしてみよう。

サブスクリプション向け新機能

  • ルート機能が大幅にアップデート。ルート推奨機能がiOSとAndroidにも追加される
  • ライドマッチ:同一ルートでのライドのパフォーマンスを比較分析する機能が追加
  • iOSのトレーニングログですべてのトレーニング履歴をチェックできる
  • ワークアウト分析がすべてのアクティビティタイプで可能
  • Grade-Adjusted Pace (GAP)が、iOSとAndroidでもチェックできる

    近日アップデート:セグメントでの新しいランキング方法が追加される予定

無料からサブスクリプションに変更になった機能

  • セグメントの全体リーダーボード(トップ10までは無料で閲覧可能)
  • セグメントエフォートの比較、フィルタリング、分析機能
  • strava.comでのルート作成機能(改良されたマップとセグメント対応)
  • ランニングマッチ:同一ルートでのランニングのパフォーマンス分析
  • Androidとウェブのトレーニングログ
  • 月毎のアクティビティの傾向チェックと比較

全てのアスリート向けの最新アップデート

  • フィードでの表示順で、パーソナライズ仕様か時系列順かを選択可能に
  • 不自然なセグメントエフォートの自動フラグ。誤ったKOMやQOM、CRを一掃
  • Apple Watchへのアップロードと、Apple ヘルスケアとの同期の改善
  • モバイルアプリでアクティビティの切り取り機能を追加
  • すべてのアクティビティで、経過タイムと移動時間が表示されるように
  • パワーやケイデンス、水泳でのストロークレートの分析機能をアップデート

サブスクリプションをシンプルでわかりやすく

価格は今までと同じ。シンプルでわかりやすい内容にするため、Summitのブランドと各種パックを廃止
Stravaは無料で利用するか、サブスクライブしてフル活用するかという、シンプルな選択になる。

Stravaのミッションは、アスリートをモチベーションにつなげ、パーソナルベストに導くこと。私たちは今まで以上に、その使命感を強く感じています。

とリリースを締めくくる。
なお、フリートライアルでは最初の60日間は無料となる(2020年5月27日現在の情報)。

関連URL:https://www.strava.com/


記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする