記事ARTICLE

2020年08月19日

【HIBIYA RIDE】新しい生活様式の中、自転車通勤を始めるなら

新型コロナウイルス感染症の影響で、「新たに自転車を活用しよう」「再び自転車に乗ろう」という方が増えています。

平日早朝の7時、新橋付近。路上に目を向けるとスポーツバイクや電動自転車に乗って千代田区に向かう人の姿が多数ありました。本格的なロードバイクスタイルの方やスーツで走っている方などスタイルは様々ですが、平日早朝、向かう方角から考察して、ほぼ通勤・通学=ジテツウと考えてよいでしょう。このような方が6月以降増加しています。

2020年7月10日発表の、au損保調べでは
自転車通勤者500人のうち、新型コロナ流行後に開始した人 23.0%
新しく始めた理由「公共交通機関での通勤を避けるため」95.7%

次いで、“「運動不足解消のため」44.3%(51人)、「ストレス解消のため」27.8%(32人)、「交通費を節約するため」21.7%(25人)”となりました。 
https://www.au-sonpo.co.jp/corporate/news/detail-240.html(引用)

ジテツウを妨げるもの……
実際に走ってみるとわかることがあります。
交通事情は国土交通省内にある自転車活用推進本部による整備計画が策定され、整備を推進する動きもみられますが、自転車通行帯となるべき場所に駐車されていたり、自転車利用者自身の運転マナーといった点でもまだまだ課題はありそう。都心や千代田区付近での打ち合わせに自転車で行くと駐める場所に困る場合が……。

政府から自転車通勤が推奨されたとしても、
職業によっては「会社のビルや最寄り駅に駐輪場が少ない。無人駐輪は心配」「シャワーや更衣室があると便利」など、まだまだ環境が追いつかないという声も聞かれます。また汗で濡れてしまったウエアなどを会社のデスクに置くわけにはいきませんね。

ビジネス街の自転車オアシス HIBIYA RIDE

HIBIYA RIDE をご存知でしょうか。日比谷公園の駐車場地下1Fという抜群の立地にある、有人の自転車駐輪場です。

2種類の定期利用(会員A・B)のほか、1日単位のビジター利用が可能です。
会員A・Bは、会員専用のロッカーに自転車グッズやビジネスウエアが保管できます。会費は月単位で、ビジターは1日ごとの利用料金(シャワーと駐輪場は別料金)。ライフスタイルに合わせた活用ができます。

有人での管理となるので、レース用のバイクなどでも安心して駐輪できるのがメリット。またシャワー設備も充実しているので、汗を流してスッキリしてから会社へ向かうことができます。

利用者アンケートでは……
利用者アンケートをとりました(回答29人)。HIBIYA RIDEの平均的な滞在時間は27分でしたが、最長で60分以上という方もいます。また、HIBIYA RIDEから職場への平均通勤時間(主なエリアは有楽町・銀座)は12分。最長では電車に乗って30分という方も。コロナ禍以降に使い方が変化したという方は19%にも及びました。新しくジテツウを始めた人、終業後にトレーニングライドを行うといったバイタリティあふれる方も。
それぞれのスタイルで使いこなしているようです。

昨今は夏日も多いので、シャワー設備で汗を流せるとリフレッシュして出かけられます。ウエアの乾燥スペースも嬉しいですね。

14日間のモニター体験キャンペーンを行います

さて、このHIBIYA RIDEを14日間モニター体験ができるキャンペーンを行います(体験期間は2020年9月1日~30日までのうち連続する14日間)
会員A 相当の2週間の無料モニターです。
この体験を通じて、HIBIYA RIDEの魅力を伝えられればと思います。

詳しい情報とお申し込みはこちらのキャンペーンお申し込みページから。
お申し込み期間:2020年8月20日〜27日
moshicom.com/44306/

当選発表は2020年8月31日となります。

公式サイト:http://hibiya-ride.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibiya_ride

写真:猪俣 健一

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする