記事ARTICLE

2017年06月23日

第21回全日本自転車競技選手権 個人タイムトライアル エリート男女は西薗 、與那嶺がそれぞれ2連覇達成

運動会2017_140

第21回全日本自転車選手権大会個人タイムトライアルが行われ、男子エリートは西薗良太(ブリヂストンアンカー)、女子エリートは與那嶺恵理(FDJ Nouvelle Aquitaine Futuroscope)がそれぞれ2連覇を達成。

男子エリートは接戦で、2014年以来3度目のポディウムとなった2位の佐野淳哉(チームマトリックスパワータグ)が4秒まで詰め寄るも、ラストのアップダウン区間で引き離し、15秒というタイム差で優勝。
レース前、佐野は「上り区間は自分には不利」と語るが、惜しくも2位。悔しさを2日後のロードレースにぶつけるだろう。
優勝した西薗はこう語る。「ホッとしたというのが大きい。家族やスタッフをはじめ、期待してくれる人がたくさんいたので、なんとか応えようと思っていた。アジア戦の失敗もあったが、少しずつトレーニングを積み上げていって、その成果を思ったようにレース中に出すことができた。2012年に最初のタイトルを取り、13年には1秒差で負けてしまったという、苦い思いでもあり、守るというのはすごく難しいことだと味わいました。それができてこそ強い選手ではないかな、と思います。
途中経過では他の選手とのタイム差がなかなか広がっていかないのを聞いて、これは最後勝負だと思った。
自分の中の走りではベストに近い。毎回、一位がこれだけうれしいというのは、他の選手が強いからであって、不参加の増田選手、U23ながら3位に入った小野寺選手など、強い選手たちを乗り越えることができたから。序盤の下り区間は、クライマー寄りの僕には不利な点もあるが、後半の上り区間でタイムを稼ぐというプランだったので、トータルで考えれば、同じところに落ち着くのではないかと考えていた。最終周には4秒まで詰められたが、逆にそこでマイナスでなければ、上り区間で一気に力を出し切ることで勝てると思った」


タイムトライアル上位(第2ヒート)の選手たちのライディングフォームをみてみよう。

2017_ITT_148
1位/西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)

2017_1tt_01
2位/佐野淳哉 (マトリックスパワータグ)

2017_1tt_03
3位/小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)

2017_1tt_11
4位/岡篤志(宇都宮ブリッツェン)

2017_1tt_02
5位/小林海(Nippo – Vini Fantini)

2017_1tt_09
6位/渡邊翔太郎(愛三工業レーシングチーム)

2017_1tt_08
8位/鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)

2017_1tt_12
9位/石橋学(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)

2017_1tt_10
11位/中村龍太郎(イナーメ信濃山形)

2017_1tt_07
12位/横塚浩平(LEOMO Bellmare Racing Team)

2017_1tt_06
13位/木村圭佑(シマノレーシング)

2017_1tt_05
14位/吉岡直哉(那須ブラーゼン)

2017_1tt_13
15位/椿大志(KINAN Cycling Team)

2017_1tt_04
18位/香西真介(FIETS GROEN日本ロボティクス)


女子エリートは、與那嶺恵理(FDJ Nouvelle Aquitaine Futuroscope)の圧勝。2位にトラック ナショナルチームで活躍する梶原悠未筑波大)、3位には唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が入る。
IMG_9424


 

リザルトはこちら。

Results-Time-Trial-Men-Elite

Results-Time Trial Women Elite

Results-Time Trial Women Junior+U17

関連URL:http://jcf.or.jp/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,741 Views