記事ARTICLE

2019年07月09日

本場イタリアのグランフォンド【Granfondo Pinarello】参加レポート

IMG_6360

DSC_9325_R

6月30日(日)に開催された「Granfondo Pinarello(グランフォンドピナレロ)」は今回で23回を数える伝統ある大会だ。今年からファンライドが主催する「グランフォンドピナレロ八ケ岳(10月6日、7日開催、山梨県北杜市)」と姉妹大会となったこの大会に、編集部は出走取材を試みた。
開催地はイタリア北部の街、トレビーゾ。ドロミテ山塊からの川の流れが「水の都」の風情をかもし出す。この街にピナレロ社は本社を置いている。もちろん大会の主催者はピナレロ社だ。
種目は175kmのロングと115kmのショートの2種目。いずれも数々の峠を含む山岳コースだ。参加者は3,500人。八ヶ岳の約3倍だ。今回は走行レポートに加え、日本とイタリアの自転車文化の違いについても触れてみたい。

DSC_9066_R
ディーラーを中心とした日本からの参加者とピナレロ社のファウスト・ピナレロ社長(中央緑ジャージ)

レース前日、ピナレロ社からDOGMA F12をお借りしてテストライドに出かけた(試乗レポートは後日公開いたします)。周囲は試走のサイクリストでいっぱい。編集部が参加したグループは大人数のため、誘導チームが同行してくれたのだが、信号やロータリーの度に、誘導チームが車を止めてくれる。驚いたのは止められたドライバーが当然のようにサイクリストを優先してくれることだ。イタリアの人びとの自転車に対する理解度の高さが実感できたシーンだった。
IMG_4450_RIMG_4561_RIMG_4452_R
受付で渡されるキットはナンバーカード、マップ、計測チップなど日本のレースと大差はない。受付会場やホテルなどでは随所に「ピナレロ色」が感じられる


4つの峠を行く。走行レポート


さあ、当日だ。
175kmのロングコースに出場するので多めの朝食を摂り、スタートに向かう。
スタート1時間半ほど前に到着したが、混雑はしていない。イタリアのサイクリストはのんびりしているのだろうか?街のカフェで時間をつぶすことにした。エスプレッソ一杯1ユーロ。これから走るコースに思いを巡らせる。コースマップによれば峠が4つ。獲得標高は約2,500m。日本で開催するとすれば、信州あたりでないと設定できないコースプロフィールだ。

7時15分。号砲が鳴り、先頭グループが飛び出していく。どの選手も引き締まって見るからに速そうだ。この大会には例年プロチームのスカウトが見に来るそうだ。トップアマチュアはプロチーム入りのために走りをアピールする。先頭集団は完全にレースモードだ。後でわかったことだが後に続く市民サイクリストも基本は「レース」。この点が「サイクリングイベント」にカテゴライズされる日本のグランフォンドとの大きな違いだ。
なお、スタートは3,500人の一斉スタート。後方からスタートした編集部は、前が詰まっているのでゆっくりと進んだ。

DSC_9309_R

「これはロードレースだ」

スタートから3分。速い。メーターは47km/hを表示している。「こんなペースで最後まで行けるのか?」と不安が頭をよぎる。一方で高まる気持ちを抑えきれない。行けるところまで行こうと高速集団に食らい付いたが、この判断が誤りだったと後で気づかされることになる。

エイドステーションは約40キロごと。コース上に3箇所あった。この日は40℃近くまで気温が上がり、大いに助かった。置いてあるものはオレンジやバナナなどフルーツ中心で全エイド共通だった。しかし先頭集団などはエイドステーションも素通りしてしまう。エイドの楽しみがメインの日本と違い、こちらの本質は「レース」。エイドステーションも「選手の水や食料不足を補う場所」として用意されている。
このレース的色彩は、交通規制をしていることからもわかる。しかし一方で、お揃いのジャージで完走を目ざすグループや、カップルの参加者もチラホラ。トップはレース、後方は完走目的。楽しみ方は千差万別だ。

IMG_6360 

約60km走ると「サンボルト峠」の上り口に到達した。連続するトンネルとつづら折の構造が特徴的なこの峠は、イタリアのサイクリスト間でも有名だ。下から見上げても圧巻。つづら折を重ねて標高を上げるたびに気持ちも高ぶる。そして上りきったあとの景色が絶景。上の写真は頂上からの1枚だが、周囲で写真を撮っている参加者は編集部だけだった。

 4635_R  4637_R

今回もっとも厳しかったのは130km地点に待ち構える「ポジョの壁」だった。距離は約1km、平均勾配13.4%、最大斜度18%。イタリア版の「海岸寺」(グランフォンドピナレロ八ヶ岳で有名な激坂)だ。序盤から高速集団に乗り、先頭を引き、実力以上に脚を使いすぎていた。ここで両足が攣る。ゴールまで約40kmを残し、レース的には終了。このコースを走るだけの練習が不足していた。

ラスト30kmは下り基調。小集団で先頭交代をしながら約1時間。再び中世の城壁に囲まれたトレビーゾの街に戻ってきた。フィニッシュゲートをくぐり、完走メダルをかけてもらうと、達成感が込みあがってくる。この達成感を「グランフォンドピナレロ八ヶ岳」で参加者に提供するのが次の仕事だ、と思いを新たにした。

◆レースの模様を編集部の車載カメラによる動画でご覧ください。

DSC_9506_R
キッズレースも併催。全員がサイクルウェアでロードバイクを乗りこなす!

まだまだ続きます。イタリアメーカー工場見学!!


翌日もカンパニョーロ、フィジーク、エリートの本社見学と盛りだくさん。
特にフィジークではサドルの製作過程をじっくりと見ることができました。
次回レポートでお届けします。

IMG_4705_R


◆グランフォンドピナレロホームページ(英語)
http://www.granfondopinarello.com/en

◆グランフォンドピナレロ八ヶ岳ホームページ(エントリーもこちらから)
http://gf-yatsugatake.jp/

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,093 Views