記事ARTICLE

2016年07月07日

食事に気を使っていますか?【WEEKLY FURiDEアンケートより】

オムライス

毎週木曜日発行のメールマガジン、WEEKLYFUNRiDEの週間アンケートにて、「食事に気を使っていますか?」とサイクリストに聞いたところ以下のような結果が得られた。

食事に気を使っていますか?
はい 84名
いいえ 20名

約8割の方が、食事に気を使っていると答えた。
では実際にどのように気を使っているのか。引き続きアンケートの結果を見ていきたい。

一番気を使っている点は何ですか?
何を食べるか?       51名
食べる量(カロリー) 23名
食べる時間帯                 8名
その他                            2名

カロリー計算をされている方も多かったが、もっとも多かったのは何を食べるかということに気を使っている方々。日ごろからバランスの良い食事を心がけているのだろう。

アンケートでは具体的にどんなことに気を使っているのか。また、気を使うことで、自転車にプラスになることがあったかどうかも聞いた。
以下で、FUNRiDEに寄せられた声を紹介していく。


具体的に気をつかっている点を教えてください

何を食べるか?

●栄養のバランスと量に気を使っている。

●揚げ物は控えるようにしてます。カロリーも当然気にしてますが、逆に縛りが強過ぎるのでほどほど程度に気にかけてます。

●糖分・脂肪分の多い食品・食事は避けます。

●脂質の少ないもの選んで食べ、プロテインを飲みます。

●夜は炭水化物を極力食べない。

●一日一食は、炭水化物をなるべく摂らない。

●アルコールを飲むときは、ご飯(お米)を食べない。ご飯を食べるときは、アルコールを飲まない。

●たんぱく質と食物繊維を摂るようにしています。

●野菜を多く食べる。

●野菜と肉を中心とした食事を摂っています。ロング予定の前日や、トレーニング後は炭水化物もしっかり摂ります。あと、加工食品はなるべく選ばないようにしています。

●仕事上不規則かつ夜は遅い食事になるので、普段の間食は極力しない。

●ロードにのる前以外は、炭水化物の制限をする。

●脂質の少ないものを取る。

●豆や魚や鶏を摂るようにして、動物性の油を控えるようにしています。

●油は出来る限り取らない。料理に油を使わない。肉の油は全て落とす。

●最初に野菜を多く食べるようにしている。また、揚げ物はなるべく控えるようにしている。

●普段から、たんぱく質をしっかりとる。運動する前は炭水化物、ビタミンB群、ビタミンC。運動後はたんぱく質をとる。

●魚介類と肉類のバランスを気にしています。

●夕食時の穀類の量を減らす。揚げ物、油ものを極力減らす。野菜や海藻類を多く摂り栄養と満腹感を得るようにしている。ライド後にタンパク質を摂る(ササミ、枝豆、豆腐、納豆)。

●三大栄養素を摂る。その他はサプリで補う。

●バナナとゼリーをよく食べます。

●ラーメンなどの油分の多い食品は、血液に影響があるように感じるので、食べません。また、当然、食べる量にも気をつけています。しかし、ビールは飲んでしまう……。

●朝は炭水化物多め、昼と夜は炭水化物を抑えてビタミン類やたんぱく質を多く摂取するように心がけています。

●添加物を取らず自然の物を取るように心がけている。

●ロングライドなど、体力、持久力、考え炭水化物、糖質などガス欠注意の内容で。

●足りていない栄養をきちんととる。ホメオスタシスに従って、食べたくなっているものを取る。

●筋グリコーゲンが不足気味になるため、練習時の糖質摂取や、レース前の適度なカーボローディングも重視している。

●太っているので、低カロリーでも、体に必要な組成を多く含む食事を食べるようにしている。

食べる量(カロリー)

●レースが近づくと気を使っています。普段はラーメンがすきなのですが、こればかりはやめますね。

●ダイエットアプリを使って毎食カロリー計算している。

●糖質制限。

●高タンパク低カロリー。

●間食をしない。

●練習量と摂取カロリーのバランス。

●週末ライダーなので、平日は一日の摂取カロリーを基礎代謝プラスα程度に抑え、週末ライド時には脂質、たんぱく質、糖質のバランスを考えて、こまめに摂取しています。
スマホのアプリでその日に摂取した食事やカロリーを管理している。

●iPhone APP(My Fittness Pal)を使って、獲得カロリーと消費カロリーのバランスを確認しています。

●現場仕事をしています。お昼や、夕食は、ついつい脂っこい物を食べたくなってしまいますが、そこを我慢して出来るだけさっぱり脂っこく無い物を選んで食べています。

●カロリーと大まかな栄養を気にしてる。普段は野菜多め、走る前日は炭水化物以外を少なめ+ヨーグルト、走った後はたんぱく質多め。

●平日ご飯はおかわりしない。甘い間食は1日に1~2口だけ。甘いジュース禁止。土日は練習量に応じて食べる。

●食べ過ぎに注意してます。

食べる時間帯

●朝食は必ずとる、間食をしない等規則正しい食生活を心がけている。

●夜の食事が終わったら、寝るまで間食はしない。

●夜21時以降には食事をしない。

●夜の8時以降は食べない。炭水化物は、昼飯はきちんと摂取する。夕飯は少しだけ。油物は少しだけ。野菜中心のメニュー。

●日々の夕食は就寝する三時間前には食べ終わる。ロングライド等の前夜は肉パスタ等を多めにかつ普段より早めの時間に食べる。

その他

●シーズン中はトレーニング前後にプロテインを摂取。ビタミン類で回復。加工食品、合成着色料、添加物はなるべく避けてます。

 


食事に気を使うことで、自転車に乗る際にプラスになったことがあったら教えてください

何を食べるか?

●回復が早くなったり、疲れが取れやすくなる。

●体重が減った。坂が楽になった。ジャージ姿がそこそこサマになりつつある。

●減量に成功。

●感じません。自己満足です。

●筋力がアップした。

●体重を下げる事で、ヒルクライムでタイムの短縮につながる。

●今のところ目に見えた効果はありません。

●以前より身体の動きが軽くなった気がします。

●不規則な生活で体型や体重こそあまり大差はないですが、BMIや内臓脂肪が減り、筋肉量が増えた。

●身体が絞りやすくなる?気がします。ヒルクライム用に身体を軽くしやすくなるように思います。

●関係無いかもしれませんが、省エネ体質になったように感じます。

●減量!軽さは正義。

●体重を維持、減らすことで登坂能力の維持向上が出来ている。

●体が締まった。大腿四頭筋が効果的に発達した。

●食事を管理することは、体調管理にもなり、いつもよい状態で自転車に乗れます。

●ヒルクライム時のスタミナ切れ減少。

●持久力がついたように思います。

●体調の良さ。

●体重管理ができること。

●体重(脂肪)を減らす事で、巡航速度が上がった。登りが楽になった。ルックスが良くなる、Fitしたウェアーが着れて、見た目、走り共に良くなる。

●疲れにくくなった。

●腹持ちがします。

●一時期太ってしまい、サドルでお尻が痛くなるようになったが、少し落としたら、解消しました。

●パワーが落ちることなく減量ができた。

●スタミナが続くような気がする。

●長距離走るときも、ある程度の余裕をもって走ることができる。当然、消耗してゆくのですが、補給のタイミングも考えるようになった。

●モチベーションの高揚。

●たんぱく質をまじめにとったり、ビタミンに気を使ったり、小さな積み重ねのおかげで、長時間ライドもこなせるようになりました。帰ってきてからのリカバリー食も大事ですね。

●脂質や総カロリーに神経質になりすぎなくても体重を維持しやすくなる。自転車に乗るときに食べる炭水化物やスイーツがおいしくてたまらないため、それもモチベーションにつながる。

●レース中にハンガーノックになることがない。

●ウエイトコントロールが出来るようになった。

食べる量(カロリー)

●特に目立った印象はないです。もっときちんと管理すべきなんでしょう。

●体重の増減を管理できるようになった。

●持久力の向上、体重制限。

●体重が15kg減りました。

●結果として体重が減った事で自転車に乗ること自体が楽しくなった。

●クライミング力を高めるため、エンジンの軽量化に役立っています。

●減量する事によってヒルクライムでのタイムが短縮した。

●体重の調整がしやすくなりました。

●体が締まってきたせいか、坂道でも息切れしなくなった。

●自転車に長時間乗っても、日の出前に走り出しても、寒くても、胃腸が不調になりにくくなった。

●ダイエットになりお腹周りがスリムになった。

●土日により練習をこなす動機になった。

食べる時間帯

●体重が増えると一気にしんどくなる気がします。

●自転車に限らず運動に肥満大敵。

●スタミナがつき、疲れにくい身体になった。

●夜遅く食べていた頃よりもスタミナの持ちが良くなりました。

その他

●筋持久力アップ、軽量化。

 


 

FUNRiDEアンケートに参加するには、メールマガジン WEEKLY FUNRiDEに登録するだけ! 
登録内容のうち、メールマガジンのカテゴリー選択で「ファンライドメルマガ」を選択してください。

こちらから新規登録が行なえます。⇒ https://runnet.jp/member/memberModify.php

 

 

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

3,768 Views