記事ARTICLE

2017年12月14日

2017年は何回サイクルイベントに参加しましたか?【WEEKLY FUNRiDEアンケートより】

fc247

毎週木曜日配信の週刊メールマガジン、WEEKLY FUNRiDEでは読者のサイクルライフに迫るアンケートを実施しています。

いよいよ2017年も残りあと半月となりました。今回は、「2017年に何回サイクルイベントに参加したか?」というアンケート結果を紹介してきます。

2017年の思い出を振り返りつつ、来年のイベント参加の参考にもしてくださいね                 。

それでは、早速アンケート結果です。

「今年何回サイクルイベントに参加しましたか?」
0回 17人
1回 8人
2回 5人
3回 14人
5回 13人
6回 5人
7回 6人
8回 2人
9回 1人
10回以上 4人

 

1度もサイクルイベントに参加されなかったという方も17名いらっしゃいましたが、複数回参加されている方も数多くいらっしゃり、参加回数を平均すると約3.5回となりました。

今回のアンケートでは、今年もっとも思い出に残っているイベントについて、回答いただいたみなさんにお聞きしました。写真を添えてくださった方々もいらっしゃいますので、併せて紹介させていただきます。

 

Q、今年もっとも思い出にの残っているイベントを教えてください 

■  9極の耐9 in 筑波サーキット
一番暑いであろう時期のイベント開催なので、毎年想像以上の体への負担があります。しかし、チームで参加するイベントはこれだけなので、気分も高揚し、盛り上がっております。(45歳・男性)

グランフォンド東濃
仲間と1日イベント参加できるロングライドイベントが好きです。このイベントは家から朝いけるので良いです。(50歳・男性)

 Mt.富士ヒルクライム
富士山を登る爽快感と達成感があり毎年エントリーしてしまう魅力がある。(49歳・男性)

■ ツール・ド・おきなわ
公道封鎖してのレース。距離も累積標高も最高。ロードバイク乗ってレースに出ているなら、絶対に出るべき。(48歳・男性)

■ ツール・ド・おきなわ ~やんばるセンチュリーライド~
主にグランフォンド系のイベントに参加していますが、176km、獲得標高1900mをなめていました。やんばるのアップダウンは想定外、133km地点で足きりDNF。上りの脚と折れないココロの重要性をつくづく痛感!(57歳・男性)


■ 那須ロングライド
エイドステーションのサービスが良かったのですが、気候が暑く、過酷でした。


■ 淡路島ロングライド
南淡路の坂がきつかったけれども、時間内に完走ができ充実したロングライドでした。来年も参加する予定です。(63歳・男性)

■ フルーツライドみはら
参加料が安くてエイドも充実していた。紅葉も楽しめた。(20歳・男性)

■ ツール・ド・みちのくおとぎ街道グル麺ライド
仕事の怪我による圧倒的な練習不足の中、今年初開催となるイベントだったので、リタイヤ覚悟で参加してきました。
当日は、地元山形出身のプロロードレーサー土井選手のジャージ、通称“土井ちゃんジャージ”を仲間と揃え、バイシクルクラブさんやシクロワイヤードさんに写真掲載されたり、第1エイドで隣県である宮城県の地方新聞「河北新報」さんからインタビューを受け、見事新聞に掲載されてしまったり。メディア露出の高いイベントになりました。
が、肝心の中身はボロボロ。第2エイドからの復路からもう脚が回らない回らない。エイドに入っていない「第2.5エイド」では後ろから5番目まで下がり、第3エイドでは最終チーム、第4エイドに到達する頃にはハンガーノック寸前……。
でも、あとはゴールするだけだったので、エイド食の「冷やしラーメン」を”最後の人達だから特別に”と2杯目を頂き、ゴールへと向かいました。ゴールに着く頃には平地ですら脚が回せず、かなり辛かった……。自転車乗ると毎回思うのですが、やっぱり仲間と一緒って凄く良いですね。(30歳・男性)
(22)20170924093044_p

 望郷センチュリーライド
ロングライドコース(110km)に参加しました。コースはアップダウンに富んだコースでかなりつらいものでしたが、何よりエイドステーションが充実してて、景色が最高で、同じコースの往復コースではありますが、とても走りごたえがある楽しいコースでした。しかし、何よりよかったのはエイドステーションのスタッフの方々及びコースの分岐に立ったらっしゃるスタッフの方々の対応です。みなさん、歓迎ムードムンムンで、この大会で群馬の昭和村や沼田地域を知ってもらいたいという熱い思いが伝わりました。来年も必ず参加します!


■ サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット
年に1度、家族で参加しているイベントです。今年は小2の長男と妻との3人で3時間エンデューロに参加しました。
フィニッシュライダーを長男にしたのですが、2時間59分55秒でフィニッシュラインを通過したため、3時間の部の最終ライダーになってしまって。場内アナウンスで「3時間の部の最終ライダーとなるちびっこライダーです!」と言われたため、自然とピットウォールで見ている方たちから拍手が。本人もそうでしょうが、親の私もまたとないであろう、うれしい経験でした。(36歳・男性)


■ 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
素晴らしい天気で大雪渓も最高でした。(53歳・男性)


■ グランフォンド八ヶ岳
天気も良かったこともあり、景色を堪能しながら走れました。(56歳・男性)


■ 赤城ヒルクライム
前回(2016)は、事故後の復帰戦だったこともあり、1時間43分23秒と平均以下の散々なタイムでしたが、今回は、何とか平均並みの1時間35分57秒に届いたのが嬉しかったが、一番印象に残ったのはゴール寸前に片山右京さんに抜かれた事です。(50歳・男性)


■ 富士山ロングライド
富士五湖を巡るロングライド。近年希に見る晴天に恵まれ、富士の麓を楽しく走れました。(38歳・男性)
(36)_20171116_222253


■ ツール・ド・いわき
コースは普通でしたが、今年は普段走行できない、海にかかる橋を走ることができるイベントがあって、その気持ち良さに感動した。(42歳・男性)

 富士山国際ヒルクライム
一昨年の自己記録が更新できなかったし、天気悪くほとんど富士山見えないし、これだけのために大阪から車の往復もツライけど、なかなかやめられません。(50歳・男性)
(41)IMG_7533


■ びわ湖一周ロングライド 
寒い中足もつらずに走り切ることが出来たから。(19歳・男性)

 ツール・ド・さくらんぼ
数少ない地元(山形)のイベントですが初回から毎回参加してます。一番のウリは各地域の特産物を提供するエイドステーション。もちろんサクランボは食べ放題。今回は天候不順(雷)なため、山岳部は一部中止になりましたが毎回楽しんで参加してます。(59歳・男性)


■ 富士河口湖笛吹フルーツライド
メジャーなイベントと重なってしまって参加者が少なくなってしまったようで、こじんまりしたイベントになったが、その分、スムースな運営で楽しめた。コースも激坂連発絶景連発で、いい設定だったと思う。(46歳・男性)


■ 佐渡ロングライド
昨年に続き2回目の参加でした。210kmは走りごたえがあり、海岸の景色も良く、島全体で歓迎ムードがあるのがうれしい大会です。(45歳・男性)

■ Mt.富士ヒルクライム
前回より20分程タイムを短縮できました。(61歳・男性)
(48)mtfuji2017


■ グランフォンド嬬恋
以前は軽井沢GFに参加してましたが募集に出遅れたのと目明きを変えてこちらに参加。同じくらいきつい大会でした。(53歳・男性)


■ 美ら島オキナワセンチュリーラン
にわか雨と強風で大変だったが、とにかく景色が良かった。場所柄、外国人(特に中華圏)の参加が多く、いろんなトレインに混ざることが出来たのが面白かった。(41歳・男性)

 

■ ツール・ド・猪苗代湖
初めてのファンライドイベント(ヒルクライムしか参加してなかった)でエイドでいろいろなものが食べられて楽しかった!(54歳・男性)


■ ツールドにし阿波
峠が大小合わせて五つ、155㎞獲得標高3700mとかなりハードなコース。今年から抽選になり運よく当選。練習不足のなかエイド食や地元の人たちの応援に力をもらい何とか時間内に完走。ゴールした時の達成感は最高でした。しんどさと達成感がいっぱいのライドイベントでまた来年も走りたくなる。(58歳・男性)
(54)Image-1


■ ツール・
ド・おきなわ(100km)
一昨年、去年と制限時間オーバーでDNFだったのですが、今年初の完走! 体力的な辛さはもちろんありましたが、それを上回る楽しさでした。


■ 榛名山ヒルクライム
ある程度は覚悟していたが、その想像以上に厳しかった(^.^)(50歳・男性)


■ 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
三回目にして初めて頂上まで。タイムにはちょっと満足できませんでしたが、天気は最高でゴール付近、位ヶ原の眺め、周りの山々など絶景を見ることができました。ヒルクライムとは全く関係なく訪れることを皆さんにお勧めしたくなりました。(57歳・男性)


■ そらちグルメフォンド
そらちグルメフォンドではスタッフをさせていただいています。参加者のみなさんが楽しく美味しく安全に走れるようにサポートライダーとして参加しています。(55歳・男性)
(23)IMG_20171107_204537_180


■ ツール・ド・新城 (2時間エンデューロ・ソロ)
毎年チャレンジしているイベントです。目標は、前年の自分に負けない事!全く速くなくて先頭から何周もラップされてしまいますが、炎天下の2時間心折れずに完走することでとても満足しています。


■ ツール・ド・大山

中国地方最高峰の初夏の大山の山岳道路を一周するイベント。雄大な大山や日本海も見下ろせたり景色最高。走り応えあり満足感達成感最高。空気も美味い。(57歳・男性)
(9)RIMG0050-2

■ ツール・ド・おきなわ
きつい!つらい!だけどすごく楽しい!(51歳・男性)
(19)FB_IMG_1510496655899

 

みなさん、今年もイベントでたくさんの思い出を作られたようですね!

 

 


FUNRiDEアンケートに参加するには、メールマガジン WEEKLY FUNRiDEに登録するだけ! メルマガでしか読めないコラムも掲載しています。

登録内容のうち、メールマガジンのカテゴリー選択で「ファンライドメルマガ」を選択してください。

こちらから新規登録が行なえます。⇒ https://runnet.jp/member/memberModify.php

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,258 Views