記事ARTICLE

2015年11月26日

“みんなはなぜ走っているの?”ファンライドアンケートより

yatsugatake-578

何を目的に走っていますか?」というアンケートに対して以下の結果が得られた。

1位 自転車に乗っていること自体が楽しい 126人
2位 シェイプアップのため 91人
3位 速くなるため、強くなるため 84人
4位 達成感を得るため 80人
5位 美しい景色を見る 58人
6位 仲間と一緒に楽しむ 55人
7位 おいしいご飯を食べるため 45人
8位 移動手段 24人

この結果を編集部の2人が分析しました。

小高:さて、今回のアンケートは重複回答を可としていますので、2つ以上の回答をしている人もおります。

山本:なるほど。乗っていること自体が楽しいというのがトップ票だけど、組み合わせて考えることもできる。友人と乗って、さらに痩せるから走るのが楽しい……、トレーニングしながらだけど走るのが楽しい……。とか複合的なメリットを感じるのがとても前向きなイメージを連想させるね。

小高:1位が乗っていることが楽しいっていうのは、とても前向きですよね。

山本:楽しいっていうのがトップっていうのは自転車に乗ることが肉体的にも精神的な部分にも訴えかける物が大きいのかな? ペダルを回して風を切り、ハンドルを操作して。なんとなく脳も運動しているような。リラックスとエンジョイ。日常から開放されてガス抜きをして、リフレッシュしてまた日常を迎えたい。そんな印象を強く感じる。このアンケートからは競技性よりもレクリエーションとして自転車を楽しんでいる人が多いということがわかるね。

小高:一番少なかったのは移動手段に使う、ということでロードバイクがスポーツギアであることの認識はかなり高いです。

山本:ライディングすることを目的としているので、移動のための乗り物という認識ではないというのがうかがい知れるね。

小高:趣味として楽しんでいますよね。

山本:自転車という乗り物がトランスポーターではなく、使われているというのはいいことだよね。買い物用としても使い勝手は良いけど、運動のギアとして使われるというはとても前向きな印象を受けるね。

小高:そのほかでは    3位に速くなるため、強くなるため……、4位に達成感を得るため……があります。

山本:この2つの票はすごく近くて、目的があってそれに対して邁進する。という強い意志のもと行なう行為だよね。身体を鍛える、達成するというと継続性も求められるので、信念がないとできない。この人たちはスポーツとしての意識が高いね。

小高:美しい景色を見る、おいしいご飯を食べるは少し順位が下になりますね。もっとカレー部を評価してもいいと思うんですが(笑)。

山本:これは精神面のリラックスを求めるということになるのだけれど、すっきりリフレッシュためのツール。

小高:全体を俯瞰すると走ることを目的としている人が多いですね。

山本:風景を楽しむというのは電車やクルマでも達成することができるし、次のフェーズかもしれない。まずは純粋に走ることを楽しむ。その後にコースを開拓して、景色を楽しみに行くと。

小高:またそういう情報自体も少ないのかもしれないですね。色々なルートへのアプローチもFUNRiDEが今後、提供できるように取り組まなければならないことですね!

山本:そうだね。どこかへ行く、走るということを提案できるようにすると。

小高:決まったところしか走らないという人は多いと思いますので。食べるお店も決まってきてしまったりするので。

山本:どうしても同じ場所、コースになりがち。そこで冒険というか、違うところへ足を運びたくなるような情報を提供できるようにすると広がりが生まれるね。

小高:ヤマケンさんがこのアンケートに答えるとしたら?

山本:まあ……サイクリングへの要求は人それぞれ。私の場合はレース活動をしているので、加齢に抗いパフォーマンスを高める、というところに焦点が絞られる。よって速くなるため……になるのかな。小高くんは?

小高:ジテツウも行なっていますが、やっぱり乗ることが楽しいという気持ちがよくわかりますね! 最近、数値やらは気にせず、乗ること自体を楽しんでペダルを回すことが多いですね(笑)。

 

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,078 Views