記事ARTICLE

2016年06月28日

【Mt.富士ヒルクライム】KURE~Made For Speed~のケミカルメンテナンスで、目指せ自己ベスト!

a1_STK0225

家庭用から自動車・工業用まで高性能なケミカル・メンテナンス用品を多数ラインナップする呉工業。そこで得られた豊富なノウハウをもとに生まれた自転車専用ケミカルが“Made For Speed”シリーズだ。

2016年、第13回Mt.富士ヒルクライムでは自己ベストを目指す5人の参加者に“Made For Speed”シリーズによるメンテナンスを体験してもらい、走りの違いを実感してもらった。果たして、タイムアップなるか?


_STK0033大会前日の6月11日、メイン会場の呉工業のブースでは参加者のみなさんへのケミカルサービスを実施。また、自己ベストを目指すモニター5名のバイクを特別にメンテナンス。まずは、その手際のいいメンテ術を見てみよう。

①チェーン・駆動系の洗浄

b3_STK0063

メンテナンスの手始めは、チェーンの洗浄から。まずは「チェーンクリーナー ジェット」をチェーン全体に吹きかける。強力なジェット噴射で汚れを飛ばし、さらに中乾性で浸透性にも優れるため、チェーンのリンク奥深くにまで洗浄成分が行き渡って汚れを溶かす。

b4_STK0076

チェーンクリーナーが浸透している間に、他の駆動系をクリーニング。ここで最適な洗浄剤が「パーツクリーナー マルチ」。特殊溶剤配合により、樹脂、電子パーツにかかっても素材を傷めないので、カーボンパーツや電動変速機も安心して洗える。ディレーラー、スプロケット、プーリーなどについた頑固な汚れを洗浄していく。

b5_STK0165

一通り終わったら再びチェーンへ。チェーンリンクの奥で溶かした汚れを再度「チェーンクリーナー ジェット」で吹き飛ばす。最後はチェーンをウェスで丁寧に拭こう。これでチェーンもディレーラーもピカピカだ。

②チェーンの潤滑

無題

続いてはチェーンの潤滑。“Made For Speed”シリーズの潤滑剤は「チェーンルブ ドライ」(左)と「チェーンルブ セミウェット」(右)の2種類。どちらも防錆効果がある。

b7_STK0166

ドライは摩擦抵抗を最小限に抑えた潤滑剤。持続走行距離は2~300km程度。摩擦抵抗を最小限に抑えてくれる。ドライコンディションのレースで好成績を狙うときにおススメだ。汚れもつきにくいので、ロードバイクを室内保管するときにも適している。

翌日の富士ヒル本番は雨予報ではなかったので、今回は5人全員がドライをチョイスした。リンクひとつひとつに丁寧に注油し、余分なオイルはウェスで拭き取ろう。

なお、潤滑成分がチェーンの細部に浸透するまで5~10分ほどかかるので、それまで試走は我慢だ。

b8_STK0440

一方、セミウェットは雨に強く持続走行距離も4~500㎞と長い。天気予報が怪しいとき、自転車通勤やロングライドなど様々なコンディションの中で走る人におススメだ。チェーン全体にスプレーし、なじませてから余分なオイルをウェスで軽く拭き上げよう。

一般的なウェットタイプのチェーンオイルより汚れが付きにくく、ディレーラーやワイヤーなどの注油にも使える。こちらも5~10分ほど時間をおこう!

③フレームもピカピカに!

b9_STK0182

潤滑剤の浸透を待つ間に、フレームをピカピカにしよう! 
今年2月に発売された「クリーナー&ポリッシュ」はムース状の洗浄剤。付属の専用マイクロファイバークロスにつけて拭き上げるだけで「クリーニング」「艶出し」「保護」が一度にできて、大変便利! 水洗い不要なので、室内で作業できるのもありがたい。

注意点はすべりやすい成分を含んでいるので、ブレーキやホイールのリム、サドルなど摩擦が必要な部分には使わないこと。フレームがピカピカになるだけでなく、汚れもつきにくくなるのでいつまでも気持ちよく自転車に乗れる。

ここまでの作業はざっと10分ほど。短時間の作業で愛車がピカピカになり、走行性能もよみがえった。

 


“Made For Speed”シリーズで、いざ富士ヒル挑戦!

今回は以下の5人の参加者が、KUREのメンテナンスを体験。富士ヒル当日は富士山もくっきり見える好天に恵まれた、果たして“Made For Speed”で自己ベスト更新なるか?

■太田好政さん(東京都)自転車歴4年
過去の富士ヒル自己ベスト:1時間08分

c3_P1070977

<レース前>

富士ヒルは4回目の挑戦で、過去3回は1時間21分、1時間16分、1時間08分と着実にタイムを縮めてきた太田さん。昨年からロードレースにも参戦し、ツール・ド・おきなわ市民140㎞では45位に入る実力の持ち主。今後は、実業団レースにも出場するという。今回の富士ヒルは、ゴールドリング(1時間05分以下)の1時間03分が目標だ。

「毎週400㎞近く練習するので、メンテナンスは週に1回行っています。ケミカルには特にこだわりはありませんでした。今回はチェーンだけでなく、フレームまでキレイにしてもらってありがたかった。特にトップチューブはドリンクや汗の汚れがつきやすいですからね」

<レース後>

今回のリザルト:1時間05分43秒 自己ベスト更新!

目標とするゴールドリングにはわずかに届かなかったものの、自己ベストを約3分更新し、年代別(男子35~39歳)でも10位に!

「すごい楽しかったし、景色もよかったです。速い人たちと一緒に走れて、刺激になりました。チェーンは抵抗感なく、軽い感じ。なめらかでよかった。シャリシャリ音もないし、変速もスムーズでした。今後もKUREを使い続けて、来年こそゴールド目指します!」

c2_STK0103


■鏑木浩さん(埼玉県)自転車歴1年
過去の富士ヒル自己ベスト:1時間28分(試走)

c6_P1070986

<レース前>

マラソンも走る市民ランナーという鏑木さん、トライアスロンにも興味があってロードバイクを始めたという。富士ヒルは初参加で、試走では1時間28分をマーク。目標タイムは1時間25分だ。

奥さんのおススメで買ったチェレステのビアンキは、アルミフレームでコンポもティアグラながら、チェーンリングは楕円、ブレーキは下山対策でデュラエースと随所にこだわりが。

「普段は室内で固定ローラーで練習することが多く、外はあまり走らないのでチェーンはキッチンペーパーで拭くぐらい。それでも、今回洗ってもらって『こんなに汚れが出るの!』と驚きました。スプロケットも1枚1枚外さなくても、ジェット噴射できれいになった。これは今後も買いたいですね。超キレイになって、走るのがもったいないです(笑)」

<レース後>

今回のリザルト:1時間20分00秒 自己ベスト更新!

すっかりKUREのファンになった鏑木さんは、昨日スタッフからもらったKUREのステッカーをさっそくフレームに貼ってスタート。試走タイムをなんと8分も更新し、80分ジャストの好タイムでフィニッシュ。

「今日は絶好調でした。実はシルバー(1時間15分)も目指していたんですけどね(笑)。自転車は『あれっ』て思うぐらい調子がよかった。変速が固いとか、チェーンが外れるとか、ギアが入らないとかトラブルの心配もなかった。走った後もキレイですね。これで、メンテナンスしようというモチベーションが上がりました」


■橋本透さん(栃木県)自転車歴4年
過去の富士ヒル自己ベスト:1時間27分

c9_P1070998

<レース前>

富士ヒル初参加の昨年は、1時間27分とブロンズ達成。2度目の今回は、1時間25分を目指すという橋本さん。富士ヒル前に洗車済みで駆動系もピカピカだったが、あらためてKUREのメンテナンスを体験してもらった。

「ヒルクライムではついつい前半から飛ばしてしまうので、明日はスタミナの使い方に注意したいですね。普段は約2週間、500㎞走行ごとにメンテナンス。ケミカルにはこだわりはなく、いろいろな製品を使用してきました。ペダリングのときの音鳴りが、気になりますね」

<レース後>

今回のリザルト:1時間27分56秒 ほぼ自己ベストタイ!

惜しくも自己ベストとほぼ同タイムでフィニッシュとなった橋本さん。なんとレース中、体に異変が発生したようで…

「実は2~3合目ぐらいで、ふくらはぎがつってしまって… 初めての経験だったんですが、FR90のペースに引っ張ってもらってゴールできました。チェーンはよかったです。音も静かでシフトの感覚もよかった。脚がつらなければ、自己ベストは行けていたと思います!」

c8_STK0130


■保坂篤史さん(神奈川県)自転車歴2年
過去の富士ヒル自己ベスト:1時間40分

c12P1080032

<レース前>

富士ヒルは2回目という保坂さん。前回は1時間40分で「今回は30分切りたい」とブロンズを目指す。普段のメンテナンスは、自己流でやっているとのこと。いつも一緒に練習している彼女が、今回は応援に。

「自動車の添加剤やオイル系などはKURE製品を愛用していて、信頼しているブランドです。自転車用は他社のを使ってましたが、KURE製品には興味はありました。

<レース後>

今回のリザルト:1時間42分43秒 惜しくも自己ベストならず!

惜しくも自己ベストに2分届かなかった保坂さん。「自分の練習不足です」とちょっとがっかり。

「以前使っていたケミカルよりもスムーズで、音も静か。変速もカツンと変わってくれる。スピードが乗る区間はスムーズに走れていたし、上りもしっかり上って行けた。試走のときは12㎞/hだったところも14~15㎞/hで走れたので、ケミカルの効果はあったと思います。
自分のコンディション作りが重要ですが、KURE“Made For Speed”のシリーズは継続して使っていきたいですね」

c11_STK0321


■山下英則さん(宮城県)自転車歴5年
過去の富士ヒル自己ベスト:1時間34分

c15_P1080011

<レース前>

仙台から会社の同僚と2人で参戦した山下さん。昨年は初参加で1時間34分で、目標タイムはブロンズ切りの1時間25分。これまでケミカルにこだわりはなく、試供品などを使用して脱脂を行うぐらいだった。たまにチェーンの音鳴りが気になるという。

「駆け引きではなく、自分の力がダイレクトに出るヒルクライムが好きです。自転車がキレイになったので、明日は期待したいです!」

<レース後>

今回のリザルト:1時間38分30秒 惜しくも自己ベストならず!

惜しくも自己ベスト更新ならなかった山下さんだが、KURE製品の実力は感じることができたようだ。

「本当に残念です。トレーニング不足、ちょっと夕べ飲みすぎましたかね(笑)。自転車は、チェーンの鳴りも気にならなかった。昨日、会場から帰るときから違いを感じて、スピードに乗るなと思いました」

今回は見事に自己ベストを更新できた人も、惜しくも更新できなかった人もいたが、それぞれKURE“Made For Speed”シリーズの確かな実力は感じとったようだ。乗り手と自転車の力がダイレクトに結果に表れるヒルクライムだからこそ、最適なメンテナンスが欠かせない。KURE“Made For Speed”シリーズは、好結果を目指すサイクリストを確実にサポートしてくれるだろう。

d1_STK0448

KUREの自転車専用メンテナンスケミカル”Made For Speed”シリーズ

チェーンルブ ドライ/価格(税抜):1,238円
チェーンルブ セミウェット/価格(税抜):1,524円
クリーナー&ポリッシュ/価格(税抜):1,524円
パーツクリーナー マルチ/価格(税抜):1,524円
チェーンクリーナー ジェット/価格(税抜):1,524円
パーフェクト バイクウォッシュ/価格(税抜):1,524円
(左から)

問:呉工業 https://www.kure.com/contact/

 

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

4,698 Views