記事ARTICLE

2019年01月06日

【Rapha】ラファ×EFエデュケーションファーストプロサイクリングが着用する豪州・新西蘭選手権限定ジャージ発表

IMG_0394 copy

ワールドツアーのEFエデュケーションファーストプロサイクリングに所属する選手の多くがオーストラリアとニュージーランドのナショナル選手権に出場します。その選手たちが着用するのが、チームの新しい独自性を象徴する発表の一環としてラファがデザインした限定版の『ブラックアウト』ジャージです。
raphaaa
1月6日(日)、EFエデュケーションファーストの選手たちが真っ黒なラファ製チームキットを着てオーストラリアとニュージーランドで開催されるナショナル選手権のスタートラインに並びます。チームとしてのシーズン初戦ツアー・ダウンアンダーでの正式なチームキット発表を優先するためにデザインされた特別ジャージです。
近年は12月下旬にかけて翌年のチームキットを発表するのがプロチームの通例となっていますが、その慣習にとらわれずに誕生したのがブラックアウトジャージ。新しい変化をもたらすチームキット発表の一環です。
チームメンバーが揃うツアー・ダウンアンダーの開催地アデレードのポップアップストアと世界中で1月12日に開催される発表会において、2019年の新しいチームキットの全貌が一般に公開されます。

サイモン・モットラム、ラファ創業者/CEO:
ファンの皆さんが心待ちにしているのが、チームの新しい装いを発表する瞬間です。早く私たちのチームが新しいチームキットに身を包んでシーズン初戦を走る姿を見るのが今から楽しみです。これまでの仕来たりにとらわれることなく、私たちは真っ黒なジャージを生み出すことで、世界最速の選手たちが世界最高の舞台で着用する新しいチームキットの発表を少し遅らせることにしました。

ジョナサン・ヴォーターズ、チームCEO:
これまで何年にもわたってチームは独自のスタイルのセンスを貫いてきました。ラファと手を組むことでそのセンスを維持していくことを嬉しく思います。このブラックジャージはスタイリッシュであるのと同時にとてもユニーク。本当の2019年のチームキット発表はもう少しお預けです。でも、待つ甲斐はあります。そう約束します。
ブラックアウト エアロジャージはチームが実際にレースで着用するジャージそのものです。オンラインのRapha.ccにて極めて限定した数量で発売します。この限定版エアロジャージには控えめにチームロゴがエンボス加工されており、スピード勝負の上でアドバンテージを発揮するエアロダイナミックなデザインが特徴です。ジャージの前面に使用された滑らかな素材が空気を後方に送り出し、背面には一方向に毛羽立ったテクスチャー加工入りの素材を採用。エアロダイナミクス性能を高めています。ジャージ背面に接着式の縫合により取り付けらた補強テープがポケット内容物の重さを支え、通気性をキープするためポケット裏にはメッシュ素材を採用。ハイスピード走行時でもジッパーの上げ下げが容易な大きめのプラーが装着されています。

ラファ × EFエデュケーションファーストについて

自転車競技というスポーツに変化をもたらす新しいパートナーシップ。
2018年10月、新しい観衆を取り込むことを共通認識とするラファとEFエデュケーションファーストは、現在のプロフェッショナルな自転車競技界に変革をもたらす画期的なパートナーシップの締結を発表しました。
ラファは、EFエデュケーションファーストプロサイクリングに新しい創造性をもたらします。彼らと協力体制を組むことで、人々に刺激を与えるカリスマ性の高い選手たちにこれまで以上にスポットを当て、彼らのストーリーを紹介していきます。
2019年、ラファはEFエデュケーションファーストのキャラクターや英雄たちを祝福すると同時に、グランツールやクラシックレースといったロードレースの伝統を探究し、さらには所属選手たちと共に新しい分野に足を踏み入れます。EFエデュケーションファーストの選手たちは、ワールドツアーレースを含む様々なトップレースに出場するだけではなく、多くの選手がクリテリウムやウルトラエンデュランス(超長距離)レース、オフロードを含むアドベンチャーイベントにも挑戦します。
自転車競技に今までと違った側面から光を当て、幅広い分野の新しい観衆を惹きつける事により、自転車競技界の成長や国際的な露出を増やすという認識をラファとEFエデュケーションファーストは共有しています。

お問い合わせ:ラファジャパン
関連URL:https://www.rapha.cc/GB/EN/COLLECTIONS/RAPHA-X-EF/CATEGORY/EF

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,005 Views