記事ARTICLE

2019年08月01日

【WILIER】2020年モデル ゼロSLRなど注目モデルピックアップ

wilier20914

ウィリエールの2020年ラインナップの全貌が明らかになった。その中から4モデルをピックアップしてご紹介しよう。

wilier20916

wilier20917

ゼロSLR

ハイエンドモデルは、先日発表されたばかりのゼロSLRだ。ディスクブレーキ型ロードバイクとしては世界初というケーブルフル内蔵という最先端仕様。電動コンポーネント専用となる。
またマヴィックのスピードリリースを採用し、スルーアクスルのホイールの着脱が容易だ。くわえて軽さを追求したインテグレーテッドハンドルバー“ZEROハンドルバー”を新たに導入。重量はわずか314gとなる。
フレーム重量は755g(マットブラック)、810g(ブルー)、800g(レッド)となり、1000gを下回ると、塗装の重さが気になってくる。フォーク重量は355gである。
軽さを実現するためには、HUS-MODカーボン&三菱65トンカーボンを使用。これまで上位モデルに採用sれていた、SEIフィルム(振動吸収性・耐破断性)から、L.C.P(リキッドクリスタルポリマー)繊維を採用する。入荷予定は2019年10月となる。
気になる価格は、フレームセットで590,000円、シマノ・デュラエースDi2で1,200,000円、シマノ・アルテグラDi2は840,000円。いずれも税抜き。サイズはXS、S、M、L、XL。カラーはマットブラック、ブルー、レッド。

wilier20919


チェント1エアーディスク

wilier20927

ベストセラーモデルのチェント1エアーに、ディスクブレーキ型が2020年モデルに登場する。エアロ系ロードフレーム屈指の人気モデルだが、ついにディスクブレーキ化。ディスクブレーキに対応すべくカーボンの積層とフレーム形状を最適化。スルーアクスルは一般的なサイズ(フロント:φ12x100mm、リア:φ12x142mm)
より選択肢がさらに増えることになった。ロードレースからショートトライアスロンまでこなせるマルチなパフォーマンスを発揮するそのスタイルには変更ない。
入荷予定は10月。
価格はフレームセットで320,000円。シマノ・アルテグラDi2で510,000円。105で395,000円。いずれも税抜き。サイズはXS、S、M、L。カラーはマットブラック、レッド。


チェント10NDR
wilier20921
シートチューブ接続部に、エラストマーダンパー(アクティフレックス)を導入した、クラシックレースがターゲットとするチェント10。2つのブレーキシステム(ダイレクトマウントリムブレーキ、ディスクブレーキ)に対応。ディスクブレーキ化するには別売りのスルーアクスルキットを装着することで、フラットマウント仕様として使うことができる。
フレーム重量は1190g。
価格はフレームセットで500,000円、アルテグラディスクDi2で690,000円、アルテグラDi2で665,000円、アルテグラで585,000円。いずれも税抜き。
サイズはXS、S、M、L。カラーはマットブラック。
wilier20922
およそ30mmのストロークを実現する。
wilier20924 wilier20925


ザフィーロ
wilier20943
コロンバスSLチュービングを用いた、ジャパンオリジナルのスチールフレームだ。
クラシックな佇まいながらもタイヤクリアランスは現代に合わせて28Cまでのタイヤを装着することができる。伝統的なイタリアンカットラグを採用。フォークラウンのアラバルダ・イタリアンマーク、そしてペイントはN・ブルーの深い色合いなど、造形の美しさも追求。
限定100本というプレミアムモデルで、高性能チューブのコロンバスSLを採用しつつも、フレームセットで210,000円(税抜)とユーザーフレンドリーな価格に抑えている。軽量パーツを駆使すれば、完成車重量6.7kgにも到達した実績あり。
入荷は9月から。サイズは480、500、520、540mm。

 

紹介した以外にも、多くのラインナップをかかけるウィリエール。
お取り扱い店舗や、公式ページなどでぜひチェックしてほしい。

お問い合わせ:服部産業
関連URL:http://www.hattori-sports.com/

 

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

886 Views