記事ARTICLE

2020年03月10日

【MAVIC】全国110店舗でMAVICのディスクブレーキホイールの試乗を実施

img36

マヴィックジャパンより、全国取り扱いショップで、MAVICのディスクブレーキ対応ホイールの試乗ができるという。以下、ニュースリリースをお届けします。

 

MAVIC

マヴィックジャパン株式会社(本社:東京都新宿区西新宿/代表取締役社長:朝野 徹)は、全国の対象店舗において、ディスクブレーキホイール各種の試乗の機会を提供いたします。

今やトレンドとも言えるディスクブレーキ搭載のロードバイク。完成車を買うライダーも急増してきた昨今、トップモデルからエントリーモデルまで幅広いホイールを展開するMAVICとして、各ライダーに本来の自身のライドに適したプロダクトを実際に乗って体感して選んでいただきたいという思いより、今回の『ディスクブレーキホイールの試乗機会』を提供することに至りました。

本機会は、MAVICが全国の対象店舗に様々な試乗用ディスクブレーキホイールを投入、各店舗にてお客様が試乗できる仕組みとなっています。2020年シーズンインに向けて、様々なホイールを体感いただきたく、2020年1月より試乗用ホイールが投入開始、今後長期間に渡って実施する予定です。

ディスクブレーキバイクの本当のメリットを得られるのはホイールだとMavicは考えます。ディスクブレーキ仕様のリムは、ホイール中央の円盤のようなブレーキローターを挟む構造上、リムブレーキ仕様ホイールのようにリムのブレーキ接地面を厚く頑丈にする必要がなく薄く出来ることで軽量化に成功。結果、漕ぎだしが軽くなり、レース等でも人気となってきました。

MAVIC製ディスクブレーキ用リムは、その高い技術により、リムの軽量化、厚みを薄くすることで同じ重量でハイトを高く設定することを可能にしました。これにより、空力が向上加えてUSTを合わせることにより、漕ぎ出しが軽く、長く疲れにくい走行を実現。MAVIC製ホイールは、まさにディスクブレーキの恩恵を受けていただきやすいリムと言えるでしょう。
完成車を購入するケースが多いディスクブレーキホイール仕様のロードバイクは、ホイールを各ライダーのライドスタイルに適したものに交換することで、そのライディングが大きく変化するとMAVICは考えます。

MAVICホイールは、アルミ製やカーボン製といった異なる素材にそれぞれエントリーモデルからトップモデルまで各クラス揃ったバラエティに富んだ商品ラインナップとなっています。豊富なラインナップ故に、どれを選んでいいかわからないといった状況を避けるため、MAVICホイールの知識があるお店の方々と相談しながら、ライダーとその走りに合ったホイールに出会っていただく機会をご提案いたします。

軽く、長く、走りたいライダー達に、是非MAVICホイールラインナップから『自身に最も適したホイール』と出会い、『ディスクブレーキを使用する恩恵』を実感していただきたいと考えます。

<試乗可能ホイール一覧>

各店舗に用意されている試乗用ホイールの種類等、詳細は各店舗にお問い合わせください。

<COMETE PRO CARBON DISC>
低ドラッグかつ横風を受けた際の安定性にも高い、ワイドなラウンドシェイプが特報のNACA64㎜エアロフォイルリム搭載
<オールラウンダー> ハイト高:64㎜
エアロ効果、高速順行性高が特徴。他2種と比較すると重量があるため、平地の多いコースやトライアスリート向け

Comete Pro Carbon SL DiscSL UST 


 Comete Pro Carbon Disc
NON-SL UST

<COSMIC PRO CARBON DISC>
新たに45㎜のリム形状とロードチューブレステクノロジーを採用した、カーボンディスクブレーキオールラウンダー
<オールラウンダー> ハイト高:45㎜
どんなシチュエーションでも使えるディスクを求めている方に最適
高速順行性が高く、エアロ効率、素早い加速とすぐれたライドクオリティを集約させたモデル。

Cosmic Pro Carbon SL Disc
SL UST


Cosmic Pro Carbon Disc
NON-SL UST

関連URL:マヴィックジャパン
https://www.mavic.com/ja-jp

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする