記事ARTICLE

2019年10月08日

JBCF2019シーズン年間チャンピオン決定!

jpt19_22_1

オールイス・アルベルトが優勝して2019年Jプロツアーチャンピオンに

2019年のJプロツアー全22戦の最後は「秋吉台カルストロードレース」。その名の通り、日本最大のカルスト台地である秋吉台を貫く通称「カルストロード」を舞台とするレースだ。荒涼とした風景の中、なだらかなアップダウンが続くカルストロードと、残り1km付近からフィニッシュラインまで続く「カルストベルグ」と名付けられた激坂を含む1周29.5kmのコースは、レースグレード最上位の「プラチナ」に指定されるに相応しいハードコースだ。
jpt19_22_4

jpt19_22_10

そして今年は、個人総合優勝とチーム総合優勝が最終戦の結果によって決まるという、近年では珍しいケースとなった。個人総合優勝を争うのは、マトリックスパワータグのオールイス・アルベルトと、宇都宮ブリッツェンの岡篤志。22戦中21戦を終えてのポイント差は118ポイント。このレースでは優勝と2位では225ポイントの差がつくので、勝った方がチャンピオンとなる。

一方、マトリックスパワータグとTEAM BRIDGESTONE Cyclingのチーム総合優勝争いは、前日の「維新やまぐちタイムトライアル」のチームタイムトライアルを制したTEAM BRIDGESTONE Cyclingが119p差に肉薄。逆転可能な差で最終戦を迎えた。

jpt19_22_5

5周147.5kmのレースは、スタート直後のアタック合戦から6名が飛び出す。さらにその中から、1周目のカルストベルグで木村圭佑(シマノレーシング)、佐藤信哉(VC福岡)、水野恭平(eNShare-エルドラード)の3人が先行する。

メイン集団は、岡の逆転個人総合優勝を狙う宇都宮ブリッツェンと、逆転チーム総合優勝を狙うTEAM BRIDGESTONE Cyclingがコントロール。2周目には3分近くまで差が開く。そのメイン集団から石原悠希(Honda栃木)が単独で飛び出して合流し、先頭集団は4名となる。

3周目に入ると、メイン集団が先頭集団との差を1分30秒前後まで詰める。カルストベルグの登りに入ると佐藤と水野が遅れ、木村と石原の2人が先頭で4周目に入っていく。その後メイン集団はさらに差を詰め、4周目後半を前に木村と石原を吸収する。

ひとつになった集団はなおも宇都宮ブリッツェンとTEAM BRIDGESTONE Cyclingがコントロール。4回目のカルストベルグの登りに入ると、フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)がアタック。この動きで、岡とオールイスを含む20名前後まで絞られるも、最終周回に入って後方からの合流が相次ぎ、30名ほどの集団にまとまる。

jpt19_22_19

残り10km、前半に逃げていた木村が再度アタックするも、勝負を決める動きにはならず。集団はひとつのまま最後のカルストベルグに入ると、織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)がアタック。後続との差を一気に開いて登っていくが、マンセボ、オールイス、岡らが追走して吸収する。最後はオールイスと岡の勝負となり、オールイスが先着して優勝し、自ら個人総合優勝を決めた。さらにマンセボが3位、ホセ・ビセンテ・トリビオが6位に入り、マトリックスパワータグがチーム総合優勝も決め、個人とチームのダブルタイトルを達成した。

jpt19_22_16

 

Jプロツアー総合優勝を勝ち取ったオールイス・アルベルトは、ベネズエラ出身、2019シーズンにマトリックス・パワータグへ加入した。
JBCFプロツアー最終戦「秋吉台カルストロードレース」で優勝をかざり、2位の岡篤志(宇都宮ブリッツェン)との年間総合優勝争いを、この勝利で決着。
レースはアマチュアチーム中心の逃げ集団に対し、マトリックス、ブリッツェン、ブリヂストンがペースをコントロールし、最後の登りでの一本勝負へ持ち込む展開(岡篤志選手ブログより)に。最後の勝負は、年間ランキング1、2位の直接対決となりアウラールが万全のレース運びで勝利。
最終戦で2位となった岡は自らのSNSで「最終戦に相応しい、漢の登り一本勝負で決着。結果は負けでしたが、後悔のないレースは出来たと思います」と語っている。

リザルト  147.5km
1位 オールイス・アルベルト(マトリックスパワータグ) 3時間57分21秒
2位 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン) +1秒
3位 フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ) +6秒
4位 石橋 学(TEAM BRIDGESTONE Cycling) +16秒
5位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +16秒
6位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +22秒

フルリザルト

jpt19_22_24
オールイス・アウラールは全22レース中、14レースに出場し6勝を挙げ、ポディウム登壇は9回、スプリンター属性であるが、タイムトライアルにも強い。
ベネズエラのオリンピック代表有力候補として、そして来季はスペインのプロコンチネンタルチームのカハルーラル・セグロスRGAへ移籍が内定と、さらなる飛躍の年となりそうだ。

 


■Jフェミニンツアー(JFT)
jpt19_22_30
1周29.5kmで行われたFクラスタは、リーダージャージを着る唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)がコース中盤でアタック。安藤沙弥(フィッツ)が追従するが、唐見はカルストロードのアップダウンで振り切って独走を開始。そのままフィニッシュまで逃げ切って優勝した。

リザルト Fクラスタ 29.5km
1位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) 56分12秒
2位 望月美和子(フィッツ) +39秒
3位 安藤沙弥(フィッツ)  +1分36秒

Jフェミニンリーダー 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)

 


■Jエリートツアー(JET)
jpt19_22_36
E1、E2、E3をまとめてEクラスタとして行われたレースは2周59km。序盤に形成された先頭集団が吸収された後、2周目に入って新たに形成された5名の先頭集団が1分前後の差をつける。5名はそのまま逃げ切り、最後は持留叶汰郞(Team SHIDO)が優勝した。

リザルト E1クラスタ 59km
1位 持留叶汰郞(Team SHIDO) 1時間33分29秒
2位 西村 基(VENTOS FRECCIA) +9秒
3位 宮崎泰史(津末レーシング) +16秒
Jエリートリーダー 比護 任(イナーメ信濃山形-EFT)

 

提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

444 Views