記事ARTICLE

2016年04月24日

FUNRiDE NEWS TOPICS【新着情報 】4/24

news_logo_dot

FUNRiDEでは新着情報やニュースネタを、毎週まとめて読者の皆様にリリースします。題して「FUNRiDEニュース トピックス」。気になる情報やHOTな情報をお届けします!

コンテンツ

1.パナレーサーよりニューチューブラータイヤ・RACE TEAM Edition 1 発売!

2.サイクリングしまなみ2016」のエントリーは4月25日開始!

3.単4充電池を採用したUSB充電式高輝度ライト オウルアイ「ルナ 600 USB」

4.スタイリッシュに雨・泥・振動をガード! 「レースブレード プロ」モデルチェンジ

5.ホームトレーナーを使って楽しみたいサイクリストたちのコミュニティー『みんな大好きローラー倶楽部』発足!

6.スポーツバイクで自転車通勤始めよう!『B-boxジテツーSTARTキャンペーン』

7.キャノンデール・スペシャルローンプログラム 期間限定、無金利キャンペーン実施

8.GRIDEより新作春夏ジャージの発売がスタート!

9.サイクルクリエーションがウエアメーカー、エチェオンドの取扱いを開始

10.マヴィックからオートルート 限定モデルが登場

 


1.パナレーサーよりニューチューブラータイヤ・RACE TEAM Edition 1 発売!

パナレーサーより数量限定のスペシャルタイヤがリリースされた。

㈰-4 TEAM_ED1_4

 

標準モデルRACE EVO3 シリーズとは一線を画すフラッグシップモデル(限定販売)。基本となる部材はRACE EVO3シリーズと共通だが、構造を見直しそれぞれの部材を最適化することで、性能面での向上を図り、チーム(選手)のオーダーに応えている。

開発者コメント

「走り出してすぐに気付くのはタイヤの硬さです。一般的にチューブラータイヤに求められるようなしなやかさはなく、ダイレクトに路面からインフォメーションが伝わるソリッドなフィーリングであり、選手の好みが分かれる要素となります。狙いはレスポンスの向上とエネルギーロスの低減ですが、おかげで装着がとても困難なタイヤになっています。次にグリップ力の更なる向上。コンパウンドの改良ではなく、もともとハイグリップなコンパウンドがしっかりと機能するようタイヤ全体の構造を見直しています。そして軽量化。軽さを求めたというよりも、狙いの性能を達成するため贅肉を削ぎ落した事による副産物とも言えます。結果、耐久性は標準モデルに対し低下していますが、1シーズン走りきるだけの耐久性は確保しています。最後に検査基準。通常のライン検査に加え、サポートチームに供給する場合と同様に2次検査を実施します」

スペック★サイズ■700C×23mm■カラー■黒/黒オープンサイド仕様 マイクロファイルパターン/ZSGデュアルコンパウンド/ProTite belt R’AIRチューブ/2ピース仏式(52mm)■重量 260g(ave)■価格 ¥26,500(税抜)/1set(2本)※販売数 限定150セット(300本)

問:パナレーサー株式会社 https://panaracer.co.jp/

次のページへ サイクリングしまなみ2016」のエントリーは4月25日開始!

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,711 Views