記事ARTICLE

2020年01月02日

【CANYON】アルぺシン-フェニックスとキャニオンがパートナーシップを継続

191219_P5_Aeroad_Alpecin-Fenix_Mockup_small

ロードレースに留まらない多彩な活躍が光るベルギーのUCIプロチーム、コレンドン-サーカスは体制変更によりアルぺシン-フェニックスへ改称。キャニオンはパートナーシップを継続する。

以下、キャニオンからのニュースをお届けします。

 

チームを率いるエースライダーは、ロードレース、シクロクロス、マウンテンバイクを股にかけて驚異的なパフォーマンスを発揮する、マチュー・ファンデルプール。2020シーズンは、東京五輪MTBでの金メダル獲得を第一目標としたレーススケジュールを組んでいる。

ファンデルプールだけでなく、チームは多彩なワールドクラスのライダーを擁しています。シクロクロスでは女子トップライダーのセイリン・デルカルメンアルバラード。マウンテンバイクではサム・ゲイズにロンヤ・エイブル。ロードレースではイタリア人スプリンターのサッシャ・モドロ、ベルギーナショナルチャンピオンのティム・メリエ、デンマーク人でトラック競技スペシャリストのノーマン・ハンセンらを擁します。

アルぺシン-フェニックスがロードレースで使用するのは、アルティメット、エアロード、そしてTTバイクのスピードマックス。XCマウンテンバイクではレースコースによってフルサスペンションのラックスまたはハードテールのエクシードを使用。シクロクロスではインフライトを、グラベルレースではグレイルを使用します。
 
 
full_aeroad-cf-slx-9-di2_c1024
ロードレースで使用するエアロード
 
 
full_2020_lux-cf-slx-9-0_2437_bk-bk_P5
XCマウンテンバイクで使用するラックス
 
Full-inflite-cf-sl-7-0_2442_bk-gy_P5
シクロクロスで使用するインフライト
 
full_2020_grail-cf-slx-8-0-di2_2382_bu-bk_P5

グラベルレースで使用するグレイル

 
 
 キャニオンバイシクルズ CEO ローマン・アーノルドのコメント
「バイクスポンサー、またパートナーとしてアルぺシン-フェニックスとのコラボレーションを継続できることを嬉しく思います。チームとの関係が始まった当初より、チームをマネジメントするフィリップ、クリストフ・ルードフフト兄弟が志向する、ロードレースに留まらずシクロクロス、マウンテンバイクへもチャレンジするというビジョンには大きく共感してきました。そして昨シーズンにマチュー・ファンデルプールが成し遂げた、我々の度肝を抜くような活躍は、多くのサイクリングファンに鮮烈な記憶として刻まれたことでしょう。ですから今シーズンも、予想を超えるようなレースで魅了してくれることを期待して、アルぺシン-フェニックスのシーズンインを楽しみにしています」
 
 
問い合わせ:キャニオン バイシクルズ ジャパン
関連URL:https://www.canyon.com/ja-jp/

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする