記事ARTICLE

2016年11月11日

【BMC】フルモデルチェンジを果たしたTTバイク、NEWタイムマシーン01&02公開

nagae_

2011年にデビューを果たしたタイムマシーンはTDF総合優勝や、ロングディスタンストライアスロン世界記録樹立など鮮烈なデビューウインを飾ったバイクだ。しかしフルカーボンクランク、オーダーメイドのようなフレーム機構は、一般サイクリスト向けとはいえないハイスペックなものであった。今回の先代モデルとなるTM01はフィッティング性能に優れ、プロライダーだけでなく、アマチュアライダーにとっても扱いやすく生まれ変わった。そして2016年にフルモデルチェンジを果たしたタイムマシーンの2モデルはさらにフィッテング性能を高めたのである。

このNEWタイムマシーンシリーズは、先代よりもトライアスリートを意識した設計となる。トライアスリートのニーズに合わせるためにマーケティングに4年の年月を費やし、F1マシンのデザインを手がける空力専門会社のサウパー・エンジニアリングとパートナーシップを締結し、エアロ効果を追求することに3年、製品開発に2年という時間をかけている。

トライアスリート向けといってもロードタイムトライアルのことをおろそかにしたわけではなく、UCI規定のポジショニングやコックピットシステムがセレクトできるのも大きな特長といえる。フレームサイズはS、M-S、M−L、Lの4種類(2モデルとも)。スタックとリーチ、トップチューブ長やハンドルバーの突き出しなどしっかりと見極めてサイズを選びたいところ。

ハンドルバー形状やシートポストのシステムなどを考慮したとき、迷うこと無くハイアマチュア向けフレームといえる。ないし、フレームサイズやポジションがしっかりと決まっているライダー向けだろう。シートポストも一度カットしてしまうと流用は難しいのでロードとトライアスロンを併用する場合はシートポストは2本必要になるだろう。Vコックピットの場合も突き出し量などはUCIルールに則する必要もある。
とはいえ、これだけのスペックを活かすことができれば、最髙のパートナーになることは間違いない。価格は以下の通りだ。

完成車/フレームセット
TM01 デュラエースDi2/149万円(税抜)
TM01 スラム レッドeTAP/126万円(税抜)
TM01 アルテグラDi2/98万円(税抜)
TM01 フレームセット/79万円(税抜)※ハンドルバー形状のセレクト可能
TM02 アルテグラDi2/70万円(税抜)
TM02 アルテグラ/43万円(税抜)
TM02 105/34万円(税抜)
TM02 フレームセット/30万円(税抜)

ess_157
TM01のロードタイムトライアル仕様(アルテグラDi2)。大きな特長はデュアルマウントシートポスト、Vコックピットにある。ess_168
TM01のトライアスロン仕様(スラム・レッドeTAP)。ストレージボックスが装着され、よりパワフルなスタイルになる。

ess_154
ストレージボックスを外し、シートポストを挿入する場所を変更することで、71〜81°のシートアングル相当のポジションをだせる。

ess_155
フレーム側のシートポスト挿入口は、専用の樹脂製のキャップで封印する。

ess_156
P2P Vコックピットはトライアスロン用専用ハンドル。高いポジションを好むトライアスリート向けにエアロパフォーマンスを損なわないように設計された形状。従来の形状はパッド位置を高めに設定すると胴体と太ももにあたる空気の逆圧が高まり抵抗が増すことがわかった。その影響を改善するのが今回のVコックピット形状というわけだ。そしてポジションの変更幅も広いのが特徴的。この前オフセットポジションは快適性が向上するため長距離走行で効果が発揮される。完成車にはこのハンドルタイプが標準装備される。

ess_169
ロードタイムトライアル向けのフラットコックピットはより低姿勢のポジションが実現できる。これはベースバーを用いるタイプだ。フレームセットであれば、ハンドルバータイプの選択が可能だ。フラットコックピットのハンドルバーマウント部はVコックピットとは形状が異なり互換性はない。専用のベースバーのみ装着できる。
nagae_144
Vコックピットはステアリング部にダイレクトに固定しており、簡単に外すことができる。遠征時など、車両内や輪行バッグなどへ収納するときに役立つ。

 

ess_166

ハンドルバー周りにはシフトケーブルやブレーキケーブルが内蔵される。ブレーキケーブルに関してはワイヤー式を用いているが、完全内蔵、シームレスなハンドル周りを実現するために独自の方法を用いている。

ess_165
カバーを外すとメカメカしい機構が見える。ブレーキのアジャスト調整にかんしては走行中に行なうことはできない。

ess_167
ハンドルバー周りのカバーを取付けると完璧なシームレスフォルムになる。

1478759607Ey9dMkBwdXYT3_C1478759603
ブレーキシステムの動き。フロントリア共に同様のシステムを採用している。テコの原理で強力な制動力を予想させる。

 

 

nagae_143

Di2のジャンクションはフレーム内部に完全内蔵される。操作する場合にはニードルのような専用工具を用い、フレーム外側からボタン操作できる。

ess_170

 

ess_164
ストレージボックス形状は直進パフォーマンスが向上し、横風にも影響が出にくい。

ess_161
ストレージボックスを外すとこのようなスタイルになる。

ess_163
フレーム形状にも余念がない。SubAチューブプロファイルは、スイスでF1カーなどのエアロデザインを施す会社と共同開発したもの。
前作と比較してバイクのみでは風向き0°のときは〜5%、ハイドレーション装着時は〜15%。横風20°の時は〜20%。ライダーを含めると0°のときは4〜8%、20°のときは〜12%のアドバンテージが得られる。

nagae_141
マヴィック・CXRエリートがアッセンブルされる完成車にはリムを傷つけないようハンガーラック用のアダプタ−が付属する。

ess_159TM02のアルテグラDi2完成車。ハンドルバー周りはベーシックなスタイルとなる。フロントブレーキはダイレクトマウントだ。

ess_158
TM01&TM02もフレームセット販売される

HP:フタバ商店 BMCジャパンオフィシャルサイト

(写真/編集部)

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,471 Views