記事ARTICLE

2019年06月30日

【2019全日本自転車競技選手権】ロード4日目 男子エリート結果速報 シマノレーシング 入部正太朗が優勝

elite2019021

2019全日本選手権ロード最終日 男子エリート 227kmは悪天候かつ6時間に及んだ長丁場のレース。
残り70kmからの激しいレース展開のなか、新城幸也(Bahrain MERIDA)入部 正太朗(シマノレーシング)横塚 浩平(Team UKYO)の3名が力で先行。最後は新城とのマッチスプリントを制した入部正太朗(シマノレーシング )が優勝。第88回目の全日本チャンピオンに輝いた。
シマノレーシングとしては野寺秀徳(現シマノレーシング監督)2008年以来の勝利となる。

elite2019023 elite2019025 

1位 入部 正太朗(シマノレーシング)6時間12分27秒
2位 新城 幸也(BAHRAIN MERIDA) 同タイム
3位 横塚 浩平(Team UKYO) +8秒
4位 湊 諒(シマノレーシング) +1分41秒
5位 伊藤 雅和(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE)+1分49秒
6位 草場 啓吾(愛三工業レーシングチーム)同タイム

詳報は後ほど公開します。

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,734 Views