記事ARTICLE

2019年10月28日

沿道も盛り上がった!ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム開催!

メイン画像1

10月27日(日)にさいたま市で開催された「2019ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」は、今夏のツール・ド・フランス総合優勝エガン・ベルナル(チームイネオス)や山岳賞のロメン・バルデ(アージェードゥゼール  ラ・モンディアル)などトッププロが多数参加。今回で7回目の開催です。
スタートリストにはこの2名のほかにも10月のブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝のプリモシュ・ログリッツェ(チーム・ユンボ・ヴィスマ)や、今年のツールで独走による区間勝利を挙げたスプリンターのマッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット)など、錚々たる選手の名前が並びます。

メインレース1
コースはさいたまスーパーアリーナ周辺に設定された3.5kmコースの17周回で争われ、途中のトンネルもツール・ド・フランスの最終第21ステージ「パリ・シャンゼリゼ周回コース」を彷彿とさせます。
今回は「ツール・ド・フランス第22ステージ」と表現される、華のあるこのレースの沿道に詰め掛けた皆さんを中心にレポートします。


高校生がキッテルを破る!


サイクルフェスタ4
レースだけでなく、複数の催しが行なわれている点もこのイベントの特徴です。まずレースの前に訪れたのは「サイクルフェスタ」。約50の自転車関連ブースが出展するほか、ツール・ド・フランスでの大活躍の記憶も新しい元スプリンターのマルセル・キッテルさんもステージに登場し、大会アンバサダーとして会場を盛り上げました!
サイクルフェスタ6
そのステージではキッテルさんに挑戦する「ローラー台200mスプリント」が開催。優勝は最高時速74km/hを記録した埼玉県立大宮工業高校1年生の中山拓海さん(写真中央)。キッテルさんの時速70km/hを抑えて優勝です。チームメイトに祝福された中山さんは「キッテルさんの大ファンなので、直々にジャージとサインをいただけてうれしいです。自転車は小学5年から始めて競技は高校から。今はイネオスのファンです」と喜びのコメント。シャンゼリゼを目指せ!


夫婦で、親子で「楽しめる一日」


さいたまるしぇ2
続いてはさいたま市内の「食」をテーマにした「さいたまるしぇ」へ移動です。ご当地グルメブースからいい匂いが漂う会場でひときわ目立つご夫婦を発見!
「(本番のコースを試走できる)一般体験走行会に参加してきました」と話してくれたのは、さいたま市内からお越しの坂田さんご夫婦。ご主人は自転車歴50年の大ベテランです。「私自身もしょっちゅうレースに出ています。今日はアージェードゥゼールを応援します。理由ですか? サインをもらったんで(笑)」。奥さんも楽しそう!
さいたまるしぇ5
ペダルを漕いだ電力による「UFOキャッチャー」に親子でチャレンジしていたのは石橋さんファミリー、こちらも一般体験走行からご参加です。「子供と一緒に2回目(2014年)から毎回観戦に来ています。最近、私自身は通勤くらいですけれど乗っていますよ。ツール・ド・フランスはさすがに全ステージは見れませんが、結果は必ずチェックしています」。これから先も親子で仲良く観戦してくださいね!


メインレースは大盛り上がり!


メインレース2
メインレースのクリテリウムで優勝を飾ったのは新城幸也選手(バーレンメリダ)。今大会初めての日本人選手の優勝です。居並ぶ海外プロ選手との戦いを制した35歳の新城選手はゴール後「(今回のレースで)若い日本人選手も何かを変えるきっかけになってくれれば」と海外メディアに話しました
メインレース6
「練習が終わってから自走で応援にきました。もちろん目当ては新城選手です!」と力強く話してくれたのは私立城北高校自転車部の皆さん。会場到着はスタート直前。さぞ追い込んだことでしょう。新城選手の勇姿を見届けてからの帰路ももちろん自走です。「今日はここまで160kmは走っています」新城選手に続け!
メインレース3
沿道でマイヨ・ジョーヌやマイヨ・ブランを着た子供たちを発見! 聞けば近くにお父さん、お母さんがいらっしゃいました。「職場の自転車好きが集まって毎年観戦しています。メンバーは全国に散っているので年に一度の楽しみですね。子供たちにジャージを着せて楽しんでいます(笑)」というお父さんたちを差し置いてキッズだけで記念撮影!
メインレース4
さいたま市からお越しの内藤さん、清水さん、見村さん(写真左から)は、さいたま市消防団と川口市自転車競技連盟の合同による10名以上で観戦中。「(スタート5時間前の)10時前から来ました」と、本国フランスさながらの「徐々に高まる緊張感」を楽しまれているご様子でした。「毎週日曜日に120㎞くらいの練習会」と、自身のトレーニングも真剣です!
メインレース5
スタートに近いベストポジションをキープしたのは金井さんご夫婦。なんと朝7時から場所取りをしていたそうです。
「ロードレースは観戦オンリーです。先週のジャパンカップも行きましたよ。さいたまクリテリウムは今年で6回目です」。応援チームはユンボ・ヴィスマという金井さん。夫婦で楽しむ応援スタイルが素敵でした!

表彰式11
表彰式で「日本人初優勝を誇りに思います。日本のレースは自分にとって常に特別です」と話した新城幸也選手(中央)。2位に入った初来日のベルナル選手(左)は「人々が親切で安全な国、文化がすばらしい。とにかくファンが多くて驚いた」とコメント。スキージャンプ選手時代に来日経験のある3位のプリモシュ・ログリッチェ選手(右)は、日本選手の強化に関する質問に自身の経験も踏まえ「日本のスキージャンパーは素晴らしい選手が揃っている。簡単に答えられる質問ではないが、他競技からの転向も方法のひとつではないか」と真剣な眼差しで答えました。
この3名以外にも選手の多くが「声援が後押ししてくれた」と話した今年のさいたま・クリテリウム。オリンピックイヤーとなる来年はさらなる盛り上がりが期待できそうです。

◆ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムホームページ
http://saitama-criterium.jp/

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,910 Views