記事ARTICLE

2019年04月17日

イベントヒストリーVol.2 グランフォンド ピナレロ 八ヶ岳

02-9900000000079e3c

ファンライドイベントの歴史を振り返る本企画。前回の富士チャレンジ200に続き今回は、「グランフォンド八ヶ岳」が誕生に至った背景をレポートいたします。

GF
国内メディアとしては初めての取材となった「カンパニョロ グランフォンド」の記事

「大きく移動する」醍醐味

2004年6月。月刊ファンライド編集部はイタリア北部で開催された「カンパニョロ グランフォンド」に参加した。富士チャレンジ200の開催から2年、「公道の長距離レース」を模索していたところに「イタリアには市民マラソンのような自転車イベントがある」との情報が入り、早速、体験取材を敢行したのだ。
メイン種目の「グランフォンド」は208km、もっとも短い「コルト(ショートコース)」で92km。4つの峠を越える山岳コースに、ヨーロッパや北米、中東など20カ国から老若男女3,600人のサイクリストが挑んだ。主催者によれば「グランフォンドは90年代に生まれた比較的新しいイベント」とのこと。数千人規模の大会も珍しくないという。ちなみに「グランフォンド」とは「大きく移動する」という意味。参加者同志が励ましあいながら峠を越え、補給所でパンをかじり、ゴールをめざす。実際に参加して、「自転車だからこそできるダイナミックな移動」がこのイベントの醍醐味だということがよくわかった。
八ヶ岳2
第1回大会のコースマップ。平坦のまったくないタフなコース設定だった

「交通ルールを守る」イベントとして開催

帰国後すぐ編集部は会場探しに奔走したが、公道を利用するだけに難航を極めた。当時(2005年ごろ)はレースを除けば「ロングライドイベント」と呼べるものはまだ数少なかった。そんな時代に、ショップ単位での長距離イベントが増加し、草の根的にロングライドイベントが広がりを見せていく。ショップイベントは交通ルールを守って実施している。編集部はグランフォンドの開催を「交通規制」を前提に考えていたが、ショップイベントにヒントを得て、比較的交通量が少なく、ロケーションにすぐれた八ヶ岳山麓(山梨県北杜市)での第1回開催にこぎつけた。2009年10月4日のこと。イタリア取材から5年の月日が流れていた。

八ヶ岳3
手探り運営の初回大会。サイクリストの自主給水などコース上では応援の輪が広がった

励ましあってゴールをめざそう

富士スピードウェイなどのサーキットと違ってコースは公道。警備配置などの安全対策のほか、八ヶ岳山麓の「味」を楽しむ補給所も用意した。距離は110kmのグランフォンドと、44kmのグルメフォンドの2種目。初回は1381名でスタートしたが、コースがあまりにもきつすぎた。健脚な人でも厳しいアップダウンにビギナー層は疲労困憊。その後コースは何度も見直しを加えたが、第1回大会最大の「発見」は、選手同志が励ましあって坂道を上り、給水所スタッフが声援を送るといった「コミュニケーション」が繰り広げられたこと。2004年にイタリアでみたグランフォンドの原風景と重なる光景に、「自転車で大きく移動する醍醐味」こそがこのイベントのコンセプトであり、自転車そのものの魅力だと再認識した。コースは変わったが、このコンセプトは第1回大会から変わっていない。

GF1-990145045104513c
名物「海岸寺の上り」。今年からはe-bike(電動アシスト)の参加もOKだ

八ヶ岳に広がる共感の輪へ

昨年は台風の接近で中止になってしまったが、今年は本国イタリアで開催される「グランフォンド ピナレロ」との連携を進め、共通デザインによるオフィシャルジャージを企画するなど、新基軸を打ち出したこのイベント。天気がよければ360度の大パノラマを体感できる景観が最大の魅力だが、そこはやはり「グランフォンド」。達成感には必須の「峠越え」もきっちり用意。最長113kmの道のりは決してやさしくはない。
一方今年は土曜日にガイド付きのグルメフォンドを開催し、ご家族での泊りがけ参加が楽しめる設計とするなど、より多くのサイクリストが参加しやすい種目設定に変更している。
2004年にイタリアで見たこのイベントの「価値」は、タイムでも順位でもなかった。「走りきること」こそがグランフォンドの価値であり、そのために参加者はトレーニングに励み、仲間とともにゴールを目指していた。日本にグランフォンドがやってきて10年、毎年秋に八ヶ岳山麓で繰り広げられる「サイクリストの共感の輪」に、ぜひとも加わってほしい。

◆グランフォンド ピナレロ 八ヶ岳ホームページ
http://gf-yatsugatake.jp/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,737 Views