記事ARTICLE

2019年05月07日

ファンライドイベント参加者分析「この10年サイクリストはどう変化したか?」

自転車イベント年代別分析

秋の2大FUNRiDEイベント「富士チャレンジ200」(9月7日開催:富士スピードウェイ)と「グランフォンド ピナレロ 八ヶ岳」(10月5日、6日開催:山梨県北杜市)は、富士チャレンジが18回目、八ヶ岳が11回目の開催です。今回はこの2つのイベントの「参加者の変化」をデータから見てみましょう。

ともに中心世代は「40歳代」
0102
ロードレース系「富士チャレンジ」とロングライド系「グランフォンド八ヶ岳」

まず、両イベントの昨年参加者データを見てみよう。このデータは「10歳代刻み」による「年代別参加者構成率」を示したものだ。
グランフォンド ピナレロ 八ヶ岳(以下、八ヶ岳)、富士チャレンジ200(以下、富士チャレンジ)ともに、もっとも多い年代は「40歳代」。しかし前後世代の違いが明らかだ。まず50歳代では八ヶ岳が26%と、40歳代に次ぐ割合を示すのに対し、富士チャレンジの50歳代は18%にとどまっている。一方、30歳代を見ると富士チャレンジでは40歳代に次ぐ29%だが、八ヶ岳は19%だ。二つのイベントでは30歳代と50歳代がほぼ入れ替わって構成されている。男女比の違いも明らかだ。八ヶ岳は全体の12%を女性が占めているが、富士チャレンジの女性参加率は4%に過ぎない。
スライド2スライド3サイクリストは「老いて益々盛ん」?

次に、過去データと比較してみよう。
下のグラフは2010年と2018年大会の「年代別参加者構成率」を比べたものだ。両イベントともに2010年と比べ50歳代の構成比率が高くなっている。中心年代は過去も現在も40歳代だ。
30歳代に注目しよう。八ヶ岳では30歳代の減少幅が大きく、50歳代以上の増加率が目立つ。一方の富士チャレンジでも、八ヶ岳ほどではないが30歳代が減少し、50歳代以上が増加している。なお、構成比率は小さいものの、八ヶ岳では20歳代が増加し、富士チャレンジではほとんど差がない。両イベントともに30歳代と40歳代が突出していた2010年と比べ、年代間の「差」は縮まっている。
 スライド3

イベント参加者は増加している
DSC_0095DSC_5359

「タイムが目標」の富士チャレンジと、「走り切ること」が目標の八ヶ岳。コンセプトは異なるが、年代構成はともに30歳代以下が減り、50歳代以上が増加している。この傾向、実はフルマラソンもほぼ同じだ。一方、グラフにはないが「イベント参加人口」を2010年と比べると、マラソン、自転車ともにも全年代で増加している。Doスポーツ全体は10年前と比べて確実に拡大しているのだ。
今後の課題は「生涯スポーツ」としての環境整備だろう。せっかく体験したスポーツバイクの爽快感を、人生の一時代にとどめておくのはもったいない。「生涯に渡って取り組める場の提供」が、これからのファンライドイベントの課題だ。
人生100年時代。健康であり続ける意味はますます大きくなる。自転車は20歳代の参加率が増えるなどランニングには見られない傾向もある。目標を持ってトレーニングに励むサイクリストの増加が、社会を明るくしていくだろう。

◆グランフォンド ピナレロ 八ヶ岳HP(エントリーもこちらから)
http://gf-yatsugatake.jp/

◆富士チャレンジ200HP(エントリーもこちらから)
http://www.fujichallenge.jp/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,005 Views