記事ARTICLE

2016年06月24日

第20回全日本個人タイムトライアルロードレース大会【速報】

IMG_4723

2016年の全日本自転車選手権大会ロードレース(6月24〜26日)は、アジア大会同様に伊豆大島(東京都大島町)で行なわれている。交通手段として。おもに大型船で島へ渡るわけだが、多くの選手や関係者が数時間同船することになり思わぬ交流の時間が生まれたり、
(船旅も悪くないな)とインターネットもスマートフォンも使えない時間がなんとも心地よいものだった。

IMG_3669 IMG_3721 IMG_3722

さて、初日となる個人タイムトライアルはすべてのカテゴリーが行なわれた。午前では女子ジュニア、男子ユース+ジュニア、男子U23、パラサイクリングと続き、午後は女子エリート、男子エリートとなった。U23では昨年3位の結果だった小林海(こばやしまりの・Team KUOTA C.PAULINO)が優勝、女子エリートは昨年に続き、興那嶺恵里(よなみねえり・Hagens Berman Supermint Pro Cycling Team)が制する。2位には昨年までジュニアで活躍した梶原悠未(かじはらゆみ・筑波大学)、3位には萩原麻由子(Wiggle High5)と言う結果だ。女子に関しては翌日がロードレースとなる。上位三名はいずれもレースの中心になるメンバーだ。このTTによる疲労がどのようにコンディションに影響するか、がポイントになるだろう。
「なにが起こっても落ちついて、焦らずに。TTだとわからないんですよね。その日のコンディションがそれぞれあるので。勝つことだけを考えていました。昨年とはコースがまったく違うので、風もありましたし、道も狭かった。昨年は前が見えるレースだったが、今回は近づいていても前が見えなかった。萩原選手は2周目復路の上りで捉えたんですが、また追い抜かれて、またそこからエンジンをかけ直しました」。興那嶺のコメント。

男子エリートは昨年上位3名が参加し、4年ぶり2度目の西薗良太(にしぞのりょうた・ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)が勝利。ゴール後は感極まるシーンも見られた。
2位は佐野淳也(さのじゅんや・マトリックスパワータグ)、3位は増田成幸(ますだなりゆき・宇都宮ブリッツェン)。佐野には後半、タイム差を詰められる場面もあったが、最終的には30秒もの差をつけて圧勝という結果であった。
以下、西薗選手のコメント。「やり残したことがあるのではないかと2年前に復帰しました。そこから進歩できるのかというのが、自分の壁だったんですけど、コツコツやってきて色々な数字だったり、タイムだったり、という練習を積んでいく段階で上がっていくのがわかりました。個人TTは12年に獲ったタイトルだったんですが、15年は勝利を惜しくも逃すという場面が多くて、なんとか今回勝ちたいという想いがありました。その準備のために家族もトレーニングのために協力してくれたり、犠牲になってくれた部分もあり、スタッフにも無理を言って準備をしてもらった。これは自分のためだけの勝利ではありません」「これまで日本のロングのTTは伝統的に大潟村や利根川でやってきていて、学生の頃から淡々としたペーシングの練習をしてきたし、得意としてきた。去年初めて、那須のダイナミックなアップダウンのTTを経験して、平坦基調の感覚で出場して大失敗をした。今回も細かいけどアップダウンがありそういう時のペーシングをどうすればよいかというのを自分なりに研究した。身体的にもTOJの富士山のステージでも日本人トップになったりと、仕上がりも順調だった。出すべくして出せたタイムだった。自分のなかで良いペーシングができたのではないかと思います。データを積み上げるのは得意なのですが、最後は感覚との相談なので、そう言った部分を大事にしながらトレーニングを積んできました。」2日後のロードレースについては「チームの中から誰でも良いので勝てれば良い。このコースを走ったことがあるのはアジア選に出たメンバーだけ。展開がまったく予想がつかないので、逆になにも予想しないで、攻撃をして勝ちを獲りにいきたい」と語った。

PHOTOギャラリーをどうぞ。

IMG_4564
西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)

IMG_4664
佐野淳也(マトリックスパワータグ)

IMG_4466
増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
IMG_4750
西薗選手のトレーニングを支えた福田昌弘氏(ハムスタースピン)、小山浩之氏(自転車空力研究家)


エリート男子個人タイムトライアル

1位 西薗良太(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム) 42:57.290
2位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ) 43:23.290
3位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 43:48.900

IMG_4814

IMG_4827  IMG_4833
ピークスグループコーチングジャパン中田尚志氏(左)が西薗選手のトレーナーを務める。


エリート女子個人タイムトライアル

1位 與那嶺恵理(Hagens Berman Supermint Pro Cycling Team) 31:47.100
2位 梶原悠未(筑波大学) 32:24.800
3位 萩原麻由子(Wiggle High5) 32:48.550

IMG_4790 IMG_4058
與那嶺恵理(Hagens Berman Supermint Pro Cycling Team)

IMG_4038
梶原悠未(筑波大学)

IMG_4069
萩原麻由子(Wiggle High5)


U23男子個人タイムトライアル

1位 小林海(Team KUOTA C.PAULINO) 14:21.150
2位 岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)14:27.050
3位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) 14:31.840

IMG_3756 IMG_3642 copy
小林海(Team KUOTA C.PAULINO)

IMG_3553
岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム) 

IMG_3546
小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)


パラサイクリング クラスC個人TT

1位:藤田征樹(チームチェブロ) 15:08.02
2位:佐藤圭一(イナーメアイランド信濃山形) 15:08.55
3位:川本翔大(ヤマトライス)18:43.76

IMG_3663


ジュニア男子個人タイムトライアル

1位:大町健斗(安芸府中) 15:21.120
2位:渡邊歩(EQADS) 15:45.940
3位:山本真寛(八戸工業第一) 15:59.250

IMG_3748
 

ジュニア+U17女子個人タイムトライアル

1位 下山美寿々(大阪教育大天王寺) 17:23.680
2位 田上萌々子(筑波大坂戸) 19:01.990
3位 小林あか里(Cherry Japan) 19:18.840

IMG_3793

 

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,874 Views