記事ARTICLE

2016年04月06日

BBBから画期的なフェンダーがリリースされた!

IMG_9321

うららかな日が続きまして、ようやく暖かくなってきました。そんな季節なら雨天時のライドもたまには気持ちがいいですね。でもタイヤからの泥や雨の跳ね上げはとっても不快なもの。また、この泥の跳ね上げによるウエアの泥汚れなんて、洗濯をして落ちない時はヘコみますね。そんな悩みをうっすらと感じながらもスルーしてきたこれまでのサイクリングライフに終止符を打つべく、梅雨に備えた雨対策グッズ第一弾をご紹介します。

オランダ生まれのBBBというアクセサリー中心に製作しているメーカーから、たいへんユニークなロードバイク用フェンダーのスリムガードフェンダーがリリースされました。

【動画】http://funride.jp/?p=6909

このフェンダーはフルフェンダーで跳ね上げをほとんど防止することができる。最大のメリットはキャリバーブレーキにフェンダーの台座を取付ける仕組みで、簡単に取り外しができること。また、フレームの形状にあわせてフェンダーの取付パターンにバリエーションがとれるのも魅力。たとえば筆者のバイクの場合、シートチューブとリアホイールのクリアランスが狭いため、リア用のフェンダーはホイール上部のみ、という組みあわせを採用しています。

IMG_9391

2ピースに分かれたフェンダーをすべて装着するとフルフェンダーとして使えるが、フレーム形状によってセパレートして利用することができる。700×23〜30Cまでのタイヤに対応。


IMG_9394

手前の金具をブレーキキャリパーとともにフレームに固定する。そこにフェンダー本体を差し込む仕組みだ。

IMG_9331のコピー

フェンダーのステーはクイックレリーズで止める。

IMG_9345

ステーの突端をフェンダーに通してスライドさせる。任意の位置で固定できるので、ホイールとフェンダーの間隔が均等になるようにフレーム特性に合わせて調整ができる。

 

IMG_9349

シートチューブにはゴム製のバンドで固定する。

 

yoko

筆者のバイクの場合は、フロントホイールはフルフェンダーに、リアはシートチューブとリアホイールのクリアランスの関係で、上部側のみとした。このようにフレームにあわせてチョイスできる点が優れたポイントといえる。

 

IMG_9505

フォークとタイヤのクリアランスが5mmあれば取り付け可能である。晴れた日はフェンダー本体を外すだけ。台座は残るが、外観的にも機能的にも邪魔にならない。

IMG_9405

キャリパーブレーキだからこそ、可能な構造のフルフェンダーだ。

IMG_9462

早速、寒の戻り的なレイニーライドを楽しみました。ウエアの汚れ、濡れる不快感が減少するのはもちろん、バイクの汚れが思いのほか少なくなるのが嬉しい。意外とフロントの跳ね上げも気になるもの。スリムガードを付けてみて改めて感じたのは前方の快適性。意外と前方の下からも水の跳ね上げがあったんだと思いました。リアは言うまでもなく、スリムガードがあるかぎり、背中にできていた一筋のラインは金輪際オサラバとなるはず。クリアランスの精度も上々で、パッと付けて走り出してもタイヤに干渉することなくスムーズに走り出せます。通勤ライドに勤しむ方でよくある「晴れていると思いきや小雨かよ」事案に対して素晴らしいパフォーマンスで応えてくれるでしょう。気になるお値段は前後セットで8,437円(税抜)。

(写真/編集部)


BBB スリムガード フェンダー https://www.riteway-jp.com/pa/bbb/365322.htm

お問い合わせ先 ライトウェイプロダクツジャパン https://www.riteway-jp.com/support/otoiawase.html

 

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

9,295 Views