記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2016年04月09日

3モデル インプレッション Vol.14/TIME編 プロローグ

151210_7D_5113

3モデル インプレッション VOL.14 / TIME

◆3モデル インプレッションの定義◆

エアロロード、ノーマル、エン デュランスロードと3つのカテゴリーを有するブランドをセレクトし、この3カテゴリーの代表モデルを各1台、合計3台インプレッションするというもの。ブランドのイメージ、それぞれのカテゴリーに特化したバイクの評価、3モデルを総合した印象と比較など3人のライダーが多角的にレポートします。

第14回はフランスのタイム。1987年にビンディングペダルを製作する企業として設立。のちにフレーム製作を開始し、優れたカーボン技術によって自転車フレームの製造に適したRTM工法を用いている。実にこだわりのあるメーカーで多くのサイクリストから支持を集めるブランドだ。2015年にラインナップのフルモデルチェンジを発表。スカイロン、アイゾン、フルイディティーの3モデルを発表した。さらにライダーに伝わるすべての振動を軽減するアクティブ・フォーク・テクノロジーを発表。アクティブ・フォーク搭載モデルを加えると全6種の構成となる。今回はこのアクティブ・フォークを搭載したスカイロン(エアロロード)、アイゾン(スタンダード)、フルイディティー(エンデュランス)の3機種のテストライドを行なった。

151210_7D_4592

アイゾン アクティブ■アイゾンのパフォーマンスを3つ挙げるとしたら、反応性、多用途型、機敏性となる。山岳、長いつづら折りのダウンヒル、クリテリウムでのコーナーからのアタックなど、あらゆる場面でも優れたパフォーマンスを発揮する理想的なバイクだ。■フレーム:カーボン■フォーク:IZON用AKTIVフォーク、CMTフロントドロップアウト■試乗車のコンポーネント:カンパニョーロ・レコード EPS■ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ35■完成車実測重量:6.7kg(ペダルなし)■カラー:グラファイト×グロス、ブラン×グロス、 ルージュ×グロス■サイズ:XXS、XXS、XS、S、M、L、XL■価格(税抜):540,000円(フレームセット、付属品:タイムクイックヘッド セット、専用シートポスト、ボトルケージ2個)、600,000円(フレームセット、オプションカラー 付属品:タイムクイックヘッドセット、専用シート ポスト、ボトルケージ2個)

151210_7D_4607

スカイロン アクティブ■コンセプトは爆発力、パワー、精度。タイム社のもっている優れたカーボン縫製技術によって具現化したエアロロードフレーム。爆発的な加速、リズミカルなペダリングを可能にし風に抗う。■フレーム:カーボン■フォーク:SKYLON用AKTIVフォーク、CMTフロントドロップアウト■試乗車のコンポーネント:カンパニョーロ・レコード EPS■ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ35■完成車実測重量: 7.8kg(ペダルなし)■カラー:グラファイト×グロス、チーム×グロス、ブラン×グロス、ルージュ×グロス■サイズ:XXS、XS、S、M、L、 XL■価格(税抜):600,000円(フレームセット、付属品:タイムクイックヘッドセット、専用シートポスト、ボトルケージ2個)、680,000円 (フレームセット、オプションカラー 付属品:タイムクイックヘッドセット、専用シートポスト、ボトルケージ2個)

151210_7D_4602

フルイディティー アクティブ■コンセプトはロングディスタンス、フルード ライド(流れるようなライド)、パフォーマンス。長距離になればなるほどそのパフォーマンスが発揮される。アップライトなジオメトリーと、優れた振動吸収性がライダーの負担を軽減する。■フレーム:カーボン■フォーク:FLUIDITY用AKTIVフォーク■試乗車のコンポーネント:カンパニョーロ・レコード■ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ35■完成車実測重量:6.5kg(ペダルなし)■カラー:ルージュ×グロス、ブラン×グロス、グラファイト×グロス■サイ ズ:XXXS、XXS、XS、S、M、L、XL■価格(税抜):490,000円(フレームセット、付属品:タイムクイックヘッドセット、専用シートポス ト、ボトルケージ2個)、550,000円(フレームセット、オプションカラー 付属品:タイムクイックヘッドセット、専用シートポスト、ボトルケージ2個)

 


タイムのイメージは……

山本:タイムといえばルックと並ぶフランスメーカーの中でもユニークなブランド。この2つの巨塔のアプローチは全然違うけど、こだわりが強いブランドですよね。

小高:ルックはメディアにユーザーが多いけど、タイムは一般の人に多くて、ブログの登場回数が多いイメージですね。しかもレースをガンガンやっている人のほうが多い。レーサー志向の人に多い。

山本:プロのレースから姿を消して久しいけど、多くのサイクリストに支持されていますね。

菊地:タイムは近すぎてね。自分の家みたいなものだから。

山本:自分の家の印象聞かれても困りますよね。

小高:俺んちだし、みたいな(笑)。

菊地:VXシリーズから始まっているモデルにはひとつもかかさず乗っているけど、特別思い入れているつもりではない。でも、キツいライドを行なう日にはいつも乗っているらしくて、知り合いには「いつもこういうときには乗ってくるね」って言われる。そういう意味では信頼しているんだろうね。とはいえ、あまり肩入れしないようにしている。

山本:しかしタイムはいつも気になるモデルを出してくる。今回ようやくアクティブ・フォークにありつけて、しかも3モデルともという贅沢なテストになりましたね。しかしやることがすごい。

菊地:昨年、ラインナップを一気に替えてきたからね。車種構成がほとんどないブランドが、100%、モデルチェンジするなんてほとんど考えられないよね。

山本:スタッフ全員が入れ替わってしまったのではないか!? なんて心配しちゃうっていう。

菊地:そういう極端なことをするのもタイムらしさ。やることが大胆だよね。他のメーカーはまずやらない。

小高:ユーザーベースとしては面白いですよね。スカイロンが出たときには前作に少し似ていると感じましたし、以前のモデルのほうが特徴的でした。でもアクティブ・フォークがリリースされたことでちょっと変化を感じましたね。

山本:フレンチメーカーはこれだから隅におけない。大胆なことをして好奇心を刺激してくれるけど、せっかくだからノーマルフォークとセットにして販売するくらいの勢いがあっても面白い。

 

(写真/和田やずか)


タイムのお問い合わせ ポディウム http://www.podium.co.jp/contact/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

10,307 Views