記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2016年02月28日

3モデル インプレッション Vol.11/LOOK編 プロローグ

151210_7D_5077

3モデル インプレッション VOL.11 LOOK

◆3モデル インプレッションの定義◆

エアロロード、ノーマル、エンデュランスロードと3つのカテゴリーを有するブランドをセレクトし、この3カテゴリーの代表モデルを各1台、合計3台インプレッションするというもの。ブランドのイメージ、それぞれのカテゴリーに特化したバイクの評価、3モデルを総合した印象と比較など3人のライダーが多角的にレポートします。

第10弾はフランスのルック。2年目を迎えた795エアロライト、795ライトに加え、完成車のラインナップもある765が登場。プレミアムなブランドでありながらもプロユースからの要求にも応えることができる、生粋のレーシングバイク作りが、サイクリストの心を鷲掴みにしている。編集スタッフ2名も現ルックユーザーであるので、評価は偏る? いえいえ、しっかりとテストライドをしてますよ!

151210_7D_4448

795エアロライト(エアロロードモデル)/レーシングカーデザイナーの協力を得て、フランス・マニ・クールサーキット内の風洞実験室で繰り返しテストを行い、10年の歳月を掛けて生み出された究極のエアロロード。価格:749,800円(フレームセット、付属品;HSC8エアロフォーク、フロント/エアロブレーキシステム、リア/シマノDA9010ダイレクトマウントブレーキ、ヘッドフィット3ヘッドパーツ、エアロステム、ZED3クランクセット、BB65カートリッジシールドベアリング、Di2内蔵バッテリー対応E-POST2、税抜)

 

151210_7D_4436

795ライト(スタンダードモデル)/ホイールを頻繁に交換するシリアスレーサーのために、スタンダードなブレーキシステムを採用したモデル。流行のワイドリム(25mmまで)やワイドタイヤ(25Cまで)装着可能で、あらゆるコンディションに対してスピーディーに対応することができる。価格:649,800円(フレームセット、付属品:HSC8フォーク+ヘッドフィット3ヘッドパーツ、エアロステム、ZED3クランクセット、BB65カートリッジシールドベアリング、Di2内蔵バッテリー対応E-POST2、税抜)

 

151210_7D_4453

765(エンデュランスモデル)/外装に用いるカーボンを1.5KからUD に変更することによりコストダウンを実現。衝撃吸収性に富み、軽快なライディングフィールはそのままに、よりリーズナブルに。特長となるLOOK社が提唱するX-チェーンステーとシートステーは、抜群の衝撃吸収性と高い横剛性を誇る。価格:380,000円(シマノ・アルテグラ完成車、カラー:プロチーム、税抜)、330,000円(シマノ・アルテグラMIX完成車、カラー:ライム、税抜)、220,000円(フレームセット、税抜)

 


LOOKのイメージは……

山本:ルックはまあ……、近すぎて良くわからない(笑)。

小高:メディア業界に好きな人が多いってイメージ。なんでこんなに多いんだろうって(笑)

菊地:この3人はルックに乗っていることが一度はあったよね。まあ、実力はあるブランドだと思う。

山本:ブランドの始まりだったペダルもそうですけど、独自路線ですよね。マイノリティからマジョリティになった。

菊地:そういう意味だと治外法権だよね。やわらかいフレームでぶにぶにさせてみたり、高剛性フレームを出してみたり首尾一貫ではなく変幻自在な感じはする。

山本:個人的な感想だとやわらかいフレームのときにプロ選手が多く勝っているイメージはある。

菊地:でもさ、そこってプロモーションの問題もあるじゃん? 

山本:若かりし頃の古き良きイメージとして残っているんですよ!

小高:昔から3ケタの数字でモデル名を示していたんですか?

菊地:黎明期は2ケタだったね。

山本:KGっていう合番も付いたこともありましたね。KG96とか。

菊地:で、KG94が出て。……今だと675世代ということになるよね。

山本:確固たる地位は築き上げているけど、今の評価と20年前の評価はちょっと変わってきていると思いますね。

菊地:評価の波もあるよね。ジャラベールが乗っていたころは地に落ちた評価だった。レース成績は良かったけど。80年代のイノーの頃は高級品だった。アルミ絶頂期はカーボンを使った冴えないブランドって感じだったけど、今は超高級ブランドだよね。

山本:レーシングブランドながらも高級品ですよね。

菊地:アスリートっぽい人も乗っているけど、ホビーレーサーにも愛されているし、あとはモデルチェンジを頻繁に行なわないので、買いやすさはあるよね。

小高:ペダルとフレームはどっちに力を入れているんでしょう?

山本:元々スキーのビンディング出身だったからねえ。

菊地:今はスキーとは別会社だよね。自転車部門はルック・サイクルだから全然別に考えたほうがいいかな。

小高:ペダルにフレームと手がけていて、製品は自社工場で制作しているっていう話もあって、やっぱり力のある大きなメーカーだなって感じますね。

菊地:自社工場を持っているブランドって実は少ないので、面白いブランドだよね。チュニジアの工場でちゃんと作っているし。クランクやステムは個性的で、限界性能から個性に変わってきているのかな、って全般論として勝手な解釈では思う。ルックらしさみたいなものが重要なところまで、標準性能のレベルが高くなったよね。795に乗っていてどう?

小高:あまり他のパーツに変えられないので……。まだ色々なブランドのバイクに乗ってみたい気持ちもありますね(笑)。

山本:まあ若輩者なのですが595世代から795まで初期ロットから乗らせていただいていて、その……、不具合が愛らしいんですよね(初期だから?)。それでもぐうの音も出ないような致命的な欠陥ではないし、愛車をメンテする努力でなんとかすることができるので……なんかこう、歪んだ愛情みたいな? とはいうものの運動性能が補い余るカバーになっているからだと言えますね。

菊地:独自の機構はまるでシトロエンだよ……。

山本:ブランド色で遊び尽くすなら、チューンドやカスタムなんて御法度なんですが、そこは運動性能にこだわってですね、いかにチューンする楽しみを見いだすかというところに注力をしてきましたね。

菊地:それも楽しみ方の1つだよね。….さて、ルックがテーマだと脱線しまくって〆を迎えられないので、この辺で。

 


(写真:和田やずか)

ルックのお問い合わせ先:ユーロスポーツインテグレーション TEL.03-3329-1065

http://www.eurosports.co.jp/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

13,157 Views