記事ARTICLE

2017年02月09日

ロングターム企画 〜タイムトライアルバイク編〜 VOL.1

IMG_1964

タイムトライアルってあまりレースが無いよね……。大会運営にあたり選手あたりの占有時間とかいろいろありますが(いろいろあるんです)。タイムトライアルバイクをそもそも持っていないという方も多いですね。大会が少ないから持たないのか、持っていない人が多いから大会が少ないのか? 
FUNRiDEでは初夏にタイムトライアル単独イベントを実施します! ここに宣言しちゃいます! で、個人的にも盛り上がってきておりまして、沸々と機材への物欲が増してきているワケなのです。
まず第一弾として、ヘルメットを考察してみましょう。
国内外サイトでも空力特性にかんする文献が散見していますが、感覚的に正面から風を受ける部分はもっとも気を遣うべきだと思います。素人考えながら、これは間違っていないというか当然ではないでしょうか。

ヘルメットの場合、風を受け流す形状は、大きさよりも重要な気がしています。そこで選んだのがレイザーのワプス エアーでした。


IMG_1985_
横から見てみる。初期のワプスはその名のとおり蜂の針のように後頭部からテールが鋭く伸び、エアロヘルメットの中でもひと際、大胆な形状でした。おそらく空力特性は優れていましたが、頭部を左右に動かすとそのフィンも左右に振られ、下を向くとフィンが船のマストのように立ってしまう。動かした途端に前面投影面積が増加し空気抵抗が増えてしまうので、現在のようなカットアウトしたショートテールになったのでしょう。ショートテール化することで本来の効果は減ってしまっても、どうしても動いてしまう頭部によって引き起こされる抵抗増加を抑えることが、差し引きしてもメリットがあるということ。
とはいえ筆者はあの見た目のインパクトは好きでした。ショートテールタイプになったら、普通のエアロヘルメットっぽくなってしまいましたが、かのイギリスナショナルチームや、我らが萩原麻由子選手も使っているということもあって、グッと来てます。
IMG_1852
世界最大クラスのサイクルショー、インターバイクでもベストイノベーションを受賞。それも2014年時点ではあるけど、2年経過した2016年のリオオリンピックで用いられているという事実があります。少なくとも2年、そして2017年も継続しているので3シーズン経過しても色あせないパフォーマンスだということが窺い知れます。モノ選びの場合、最先端スペックに飛びつきたい気持ちをこらえ(飛びついているけど)、こうして長い時間に渡って支持されているモノを選ぶと間違いがないでしょう。

IMG_1947a
このつなぎ目なんだろう? 削り飛ばしちゃおうかな? と思ったんですが、【エアロダイナミックフォルム】といい、このトリップワイヤーによってヘルメット後部に小さな空気の渦を作りだし、エアロダイナミクスに影響を与える大きな渦の発生を抑えるとのこと。
IMG_1920
IMG_1913

IMG_1999

近未来的なビジュアルのバイザーは前方にスライドすることができます。前にスライドさせるとバイザーとヘルメットにすき間ができ、空気を取込むことが可能に、このベンチレーションホールから空気が流れてこんでくるのがよくわかります。かなりしっかりと止まっていますが、走行中での操作も慣れてくればできそう。

IMG_2028
柔軟性の高いストラップで肌触りもいい。個人的には柔らかすぎるかも。

IMG_1860
帽体の形状はアジアンフィットではないので、フィッティングは必須です。

IMG_1869
ハイエンドクラスのヘルメットZ1と同じ【Xスタティック】素材を用いたパッド。

IMG_2010
後頭部にあるアジャスト機構のアドバンスド ターンフィット。レイザーの代名詞ともいえるロールシスのフィット感には及ばないですが、しっかりと固定できます。

DSC_2173のコピー2
ショートテール化したことで、より頭部が動かしやすく視野も確保しやすいと納得。ショートテールとなり重量も軽減されているらしい。実際に後頭部側への引っ張られるような重さは感じず、バランスはよい。

タイムトライアルはしばらくこのヘルメットで走っていきます。初戦としては昨年も出場したTOKYOエンデューロ併催の個人タイムトライアルレースのタイムトライアルジャパン。こちらはオープン参加で走りますよ〜。このタイムトライアルレースにおいては昨年と同じコースなので一年前の自分に挑戦できるというのも、モチベーションにつながりますね。

…といった感じで気が付いたことをレポートをお届けしていきます。駄文長文ながらお付き合いのほどよろしくお願いします。

写真と文/編集部

問:マルイ http://lazer.jp

SPEC
ワスプ エアー
価格:44,000円(税別)
下方や左右に顔を向けたシーンの空気抵抗も考慮した、ショートテール仕様のタイムトライアル用ヘルメット “ワスプ エアー”。アドバンスド ターンフィットシステムやアジャスタブルバスケットを採用し、ロールシス システム同等の高いフィット感を実現しています。

・2 ピース インモールドシェル
・アドバンスド ターンフィット
・アジャスタブル ヘッドバスケット
・3 個の通気孔
・JCF 公認
・S (52 ~ 56cm) / M/L (55 ~ 61cm)
・375g (S)

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,660 Views