記事ARTICLE

2017年08月16日

【FUNRiDEトレーニングキャンプVOL.12】初心者のためのペダリング講座 by ハムスタースピン

10422943_706482082805504_4697328935576954053_n-1

こちらのセミナーは定員に達したため、締め切りました。

ハムスタースピン代表 福田昌弘さんによる初心者のためのペダリング集中講座を開きます。全3回開催で、9月の第2〜4週にかけて集中的に講座を開き、ペダリングのマスターの手助けをします。初心者大歓迎! 
また、上級者にとってもためになる講習です。日程は9/12、19、26の3回のセット。
IMG_3246

ペダリングが上手くなりたい、と日頃から思っているサイクリストのためにペダリング講座を実施します。
どうして、すぐに疲れてしまうのか。重たいギアが踏めないのか。クランクを早く回せないのか。
★よく「正しい◯◯」「正解の◯◯」とありますが、身体の動かし方に正解はありません。 ただ動かし方によって身体に加わる負荷は変化します。
より身体に与える負荷の少ない動きはどういったものなのか? そのような動きを、どのようにして体得するかということを学ぶのがこの講座の目的です。
そのため、この講座ではペダリングと同様に、股関節、膝関節、足関節の三関節を同時に動かす動作としてペダリングとの類似性が高い、スクワットの動作を覚えてもらいます。
 
今回は講座を3回に分けることで集中的に、より適切な負荷の受け方が可能になるスクワットを習得していただきます。そうすれば自ずとペダリングにも変化があらわれるでしょう。

※講座は全3回の予定です。1回ずつの参加も可能です(エントリー費が異なります)。ただし2回目、3回目の講義は1回目に出られた方のみエントリー可能です(※条件を満たさずにエントリーされた場合は、主催者側からキャンセルさせていただきます)。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

IMG_3367

IMG_3321

◆集中講座の内容◆

◆1回目  身体を動かす仕組み 9月12日(火)

9月12日(火)19:00-20:30(21:00まで質疑応答、自由解散)
– 身体を動かす仕組みとは?
– パワーとは?
– 動きの評価の仕方
– 今の動きを記録する
– 臀筋のアクティベーション
– ペアスクワット ※コアスタビリティとスクワット時の負荷の受け方の変化を習得する(矢状面へのチャレンジ/トレーニング)
 

◆2回目 ペダリングのための身体の動きを覚える 9月19日(火)

9月19日(火)19:00-20:30(21:00まで質疑応答、自由解散)
– 今の動きを記録する
– 呼吸とコアスタビリティの関係性(呼吸のトレーニング)
– より強いコアスタビリティの獲得(前額面へのチャレンジ)
– ランジ  インラインランジ、負荷を与えたランジ
 

◆3回目 より負荷に強い動きを習得する 9月26日(火)

9月26日(火)19:00-20:30(21:00まで質疑応答、自由解散)
 – 今の動きを記録する
 – サイドデッドリフト、プランクロールなど(横断面へのチャレンジ )
– 上肢のトレーニング少し  回転系、腕立て伏せ
– フルスクワット

エントリーはこちらからお願いします!
https://moshicom.com/10318/

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,150 Views