記事ARTICLE

2019年09月28日

第4回まえばしクリテリウム Jプロツアーはオールイス・アルベルト(マトリックス)が制す

IMG_0026s copy

第4回目の開催となった、公道を用いたサイクルイベント、まえばしクリテリウムが9月28日(土曜日)に開催された。市民レースを中心に、JBCFはE1と、メインイベントとなるJプロツアーの2カテゴリーを実施。
そして翌日に控える赤城山ヒルクライムと2連戦としたJプロツアー 前橋ラウンド(第13戦)。クリテリウムとヒルクライムを組み合わせた唯一のラウンドだ。

 IMG_9895s

Jプロツアーは3.5kmの前橋市役所の大通りを贅沢に使ったコースで、6周=42kmの短時間決戦。高強度ハイスピードになることは必至で、レーススピードは平均46kmになった。Uターンを2回こなすコースながらこのスピードで各チームは決定的な逃げを作り出せずマトリックス、チームブリヂストンサイクリング、宇都宮ブリッツェンが主導権争いで火花を散らす。
マトリックスはリーダージャージのオールイス・アルベルトのために佐野淳哉、フランシスコ・マンセボ、ホセビゼンテ・トリビオといった主力選手が全力でアシストを行う。対して宇都宮ブリッツェンも後半は集団を掌握し、岡篤志のためにカードを切る。

IMG_9949s

IMG_4262

IMG_9905 copy

IMG_9906

IMG_9992
リーダージャージのオールイス・アルベルト

IMG_9990 copy
マンセボの強烈な牽引

IMG_9999

IMG_0018  
最終局面はブリッツェンが支配

最終周は、宇都宮ブリッツェンのトレインが岡を牽引。後ろにはオールイス、ブリヂストン勢が機をうかがう。ゴール前のストレートは150mまでわからない。最終ストレートを抜けると集団は崩壊し、5人のゴールスプリントに。宇都宮ブリッツェン有利と思われたが、岡をかわしたオールイスが先着。2位にはブリヂストンの窪木が入った。

IMG_0062s

上位成績    全リザルト
1 オールイス アルベルト54:3546.16(マトリックスパワータグ)54:35
2 窪木 一茂54:3546.16(TEAM BRIDGESTONE Cycling)s.t.
3 岡 篤志54:3546.16(宇都宮ブリッツェン)s.t.


翌日のまえばし赤城山ヒルクライムはJプロツアーとしては3回目の開催。午前7時、94人が出走する。

関連URL:https://jbcfroad.jp/race/41/

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

859 Views