記事ARTICLE

2019年05月29日

【第7回榛名山ヒルクライム】タイムトライアルにヒルクライム、大盛況出店ブースと盛りだくさんの2日間!

tobira

7000人のサイクリストが榛名山に集う
5月18〜19日の2日間の日程で、7回目の開催となった榛名山ヒルクライム。のべ7451人(主催者発表)の参加者を集める高崎市のヒルクライムレースだ。ヒルクライムコースは全長16.1km(計測区間は14.7km)、最大斜度14%、平均斜度6%、標高差907mという榛名湖コースを基準に、11.6kmの榛名神社コース、6.7kmの初心者コースの3コースで、脚力レベルにあったコースを選ぶことができる。
とはいえ、なんといっても一番人気はパワースポットとしても人気を誇る榛名湖コースだ。
スタートから榛名神社までのながらかな上りから一転する激坂区間を超えた達成感とともに眼下に広がる榛名湖畔の景色は格別だ。
今年の気温は平年並み、やや湿度が高い予報であったが、初日行われたタイムトライアル(榛名湖半を走る6.8kmのコース)はやや肌寒く、昨年よりもタイムを落とす参加者も。優勝は藤田涼平さん(東京ヴェントス)。9分を切る好タイムで初優勝を遂げる。藤田さんは、あのバルセロナオリンピック代表の藤田晃三さんのご子息。サイクリストの系譜だ。
昨年のヒルクライムでコースレコードを叩き出した星野貴也さんも出場し、惜しくも1秒差の2位に。翌日のヒルクライムにつなげる結果となったが、いかに?

A82R2886
ヒルクライムとタイムトライアルといえばこの人、藤田晃三さん(ブリヂストンサイクル)

タイムトライアルのリザルトはこちら

A82R4161


千客万来! 出店エリアも大盛況

出店ブースエリアも賑わいを見せる。およそ18社の自転車メーカー・業者が出店し物販や最新商品の展示や紹介などを楽しめる。
多くは大会当日に向けたサプリメントや、ウエアのチョイスだ。気温が低い予報もあり、ウエア関係ブースに多くの人が集まった。
サプリメントはパフォーマンスを最大限に発揮するアシストになる。気になるサプリメントや飲料、補給食でベストな走りを! そう願をかけるように、販売スタッフの声に耳を傾ける。

0H4A2554

グリコ・パワープロダクション
0H4A2512
CCDドリンクなど、レースで使うことを前提に購入される方が多いという。出店も今回で4回目なので参加者の皆さんにも浸透してきたかな? とのコメント。

近藤機械製作所
0H4A2550
ベストセラーのチャンピオンホイール・ゴキソホイールの展示や試乗車を用意。オリジナル固形潤滑チェーンオイルの物販も。

サンボルト
0H4A2552
クライマースーツなどの展示や、お買い得なウエア・アクセサリーの販売。

WINZONE
0H4A2505

足つり&後半のバテ対策に! コンチネンタルチームも使うという、エナジージェル。

マグオン
0H4A2510
主力商品はエネもち、マグオンは顆粒タイプが人気とのこと。

カブト
0H4A2508
軽量&安心の日本規格でヒルクライマー御用達レースからレクリエーションライド用まで豊富なラインナップだ

バレット&メスタ
0H4A2524 0H4A2544
リカバリーサンダルをハルヒルで先行販売!

タキザワ
0H4A2526
「困った時のタキザワ」。イベント会場でも頼れるよろず屋さん。

オンヨネ
0H4A2527
ロングセラーの力アンダー。ヒルクライムに抜群の威力だそう。

チャンピオンシステム
0H4A2530
定評あるカスタムオーダーのご紹介と、お買い得なアクセサリーなどなど。

ステム
0H4A2534
カジュアルなデザインのジャージが揃っていました!

ヴィプロス
0H4A2542
リアルサイクリストから支持されるケミカル・アクセサリーを取り揃えます。

ウエイブワン
0H4A2538
オリジナルブランドのカペルミュールが盤石の人気アイテムですね!

クラフト

0H4A2533
高性能アンダーウエアで知られるクラフト。

カーボンドライジャパン
0H4A2518
ローフリクションのビッグプーリー。そしてカーボンフレーム補償サービスのご提案を。

ウベックス
0H4A2515
ヨーロッパ最大級のアイウェア&ヘルメットブランド、ウベックス!

RXL(アールエル)
0H4A2506
足の形に合わせた左右非対称のソックスは、もはやスポーツシーンにかかせません。

などなど…..、18社の出店ブースは大きな賑わいを見せるのでした。


メインイベント・ヒルクライムレースは走りやすい気候に!

haru105 

ftc2019028 ftc2019029

A82R3835 A82R3818

A82R4037 A82R3468

A82R4028 A82R4008

A82R3578 0H4A2798

 

当日を迎え、天候を心配する声もあったが、曇りながらも走りやすい気温で、ベストタイムを更新した人も多かったようだ。ここで耳にしたのは「藤田神話」。これまでハルヒルでは雨が降ったことがない。行ったレース15年間雨が降ったことがないという自他共に認める晴れ男の藤田晃三さんを初回からゲストに招いており、神話は続く。
「1週間前の天気予報では雨が降る予報でまずかったですが、なんとなりました。レースは楽しく走れましたね」と藤田氏。
榛名山までのコースは生活道路も含む16kmの道のりだ。会場や沿道を含め1500人のスタッフの力を合わせた結晶ともいえる。沿道の応援も板についている。食事を楽しみながら観戦をしている地元の方も。実にアットホームな大会だ。

ヒルクライムのリザルトはこちら

00000045
今回優勝を飾ったのは地元群馬の強豪チーム、COW GUMMAの加藤大貴さん。37分35秒と、コースレコードには及ばないものの、素晴らしいタイムで独走を飾った。
A82R4194
エキスパートの部、表彰式の模様

前日のタイムトライアルと、ヒルクライムレースの総合順位では、同じくCOW GUMMAの星野貴也さん。
A82R4243
昨年コースレコードを叩き出して優勝しているが、今回は6位。「総合はなんとしても二連覇をしたいと思っていました。ヒルクライムのタイムが悪かったので厳しいと思っていました。来年はできればタイムトライアルとヒルクライムの両方に勝ちたいです」

0H4A2969
「表彰式を見ていると群馬県のチームががんばっていて、地元に愛されている大会であることがわかる。この群馬から世界へ羽ばたく選手が出てきたら嬉しいですね」と藤田さんは語る。

A82R4272
ゲストの森本誠さんもヒルクライムに出走。「ちょっと言葉が出ない。コースレコードを宣言して臨んだが撃沈しました。なんでかな〜と首を傾げてしまう….。コースは5~6回走ってたのですが。榛名神社にお参りをしたことがないので、しっかり神頼みをしてから挑みたいと思います」と来年にむけて再挑戦を宣言した。

 

今年は飛び賞にハーゲンダッツ賞が!

A82R4254
ハーゲンダッツは米国発祥の企業であるが、日本で販売されているアイスクリームは高崎市で製造されている。創業35周年を記念し市長賞として、35番目にエントリーをした参加者にハーゲンダッツ一年分(365個!)が贈られた。
「アイスクリームは大好きです。もちろんチームメイトと分けます。ヒルクライムの練習の後に、メンバーに渡すようにします(笑)」チームメイトから喝采がおこったのは言うまでもない。

写真:海上浩幸
大会公式ページ http://www.haruna-hc.jp/

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,713 Views