記事ARTICLE

2018年10月24日

【BIANCHI】ジャパンカップ アフターパーティでワンオフのジャパンリミテッドエディション オルトレXR4お披露目

bianhci_af18_13

先日行われたジャパンカップで惜しくも2位ながらマッチレースを繰り広げ大いに大会を盛り上げたアントワン・トルーク選手を擁する、チームロットNL・ユンボをビアンキを取り扱うサイクルヨーロッパジャパンが開催した。

4

栃木県宇都宮で開催されたジャパンカップ(144.2km)のレースにてアントワン・トルーク選手は昨年第4位に入賞している。
レース後半において、ロバート・パワー選手との激しい1対1のデッドヒートを繰り広げ、堂々の2位にてフィニッシュ。また、チームメイトのロベルト・ヘーシング選手も7位入賞にてレースを終えている。(写真:サイクルヨーロッパジャパン)

ジャパンカップのために来日したチームメンバーのほかにもビアンキ社マーケティングディレクターのクラウディオ・マスナタ氏、Grimaldi Industri ABCEOであるサルヴァトーレ・グリマルディ氏が参加した。

4 
3

レースや今日も含めてみなさんからたくさんの愛を感じることができ、この場の交流もとても楽しかった。私自身は必ず戻ってきますしチームのメンバーももちろん戻ってくると思います(マールテン・ワイナンツ選手:談

14
事前に配布されたナンバーカードを用いた抽選会ではプレミアムなグッズが並ぶ

IMG_0061

18
パーティの参加者は93名、総勢120名とアフターパーティ会場は大にぎわい。
そしてジャパンカップのためだけにペイントされた、ジャパンリミテッドエディションのオルトレXR4のお披露目が行われた。

6

bianhci_af18_3
クーン・ボーマンが駆ったジャパンリミッテッドフレームのOltre XR4。レースでは山岳賞を獲得。

霊峰・富士山と桜の絵柄が描かれ、フォークには左右に色の異なる菊があしらわれ、トップチューブにはBianchi創業年を表す1885年が漢字でペイントされている。
bianhci_af18_6 bianhci_af18_5
ジャパンカップにあわせてビアンキのデザイナーが手がけた。ヨーロッパからみた日本のイメージ!!

 

bianhci_af18_2

ビアンキとフェラーリとのコラボレーションによって実現した「スクーデリア・フェラーリ01」を紹介するサルヴァトーレ・グリマルディ)氏(Grimaldi Industri AB CEO)

 

サイクルヨーロッパジャパン
関連URL:http://www.japan.bianchi.com

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,846 Views