記事ARTICLE

2016年06月23日

落車の原因一挙公開!【WEEKLY FUNRiDEアンケートより】

落車

毎週木曜日配信のWEELKY FUNRiDEにて「落車」に関するアンケートを行ったところ、以下のような結果となった。

落車したことがありますか?
ある 118人 (81%)
ない  27人 (19%)

8割以上の方が何かしらの原因で落車したことがあるという結果に。
では実際にみなさんはどのようなシチュエーションで転んでしまったのか。以下がその質問の解答だ。

どのような原因で落車しましたか?

滑りやすい路面でスリップ(25人)
立ちゴケ (23人)
下りコーナーで曲がりきれず(23人)
路上の障害物にハンドルを取られて(21人)
疲れていた・考え事をしていて上の空だった(11人)
前方不注意(11人)
交差点やT字路での人や自転車、車などの急な飛び出しを回避したら(9人)
レース中に落車 (9人)
前方車両(ママチャリ含む)の急な斜行に巻き込まれた(6人)
交差点で車に轢かれた( 6人)
集団走行中、前走者のハンドサインや声かけなしが原因( 5人)
パンクが原因でスリップした( 4人)
ハンドルやフロントホイールに異物を巻き込んだ (3人)
走行中に側溝にはまった( 3人)
停車時に横着してポールやガードレールにつかまろうとして失敗 (3人)
片手運転をしていてバランスを崩した( 3人)
歩道に乗り上げるとき、角度が浅くてスリップ した(2人)
突然の突風にハンドルを取られた( 2人)
サイクリングロードのバリア通過時にぶつかった (2人)
低速走行中バランスを崩して( 2人)
リアディレイラーとホイールが干渉してホイールロック (1人)
上りから下りに変わった直後の急カーブに対応できず (1人)
車のすり抜け失敗( 1人)

ひとえに落車といっても、自身の不注意やスキルの問題で起こるものから、外的要因によって転んでしまったものまで理由はさまざま。

今回はとくに落車の原因として挙げらる方が多かった「滑りやすい路面」「路面上の障害物」に関して、具体的に何が原因だったのかも教えていただいた。


滑りやすい路面

雨天時(とくに降り始め)
雨天後の濡れた路面
浮き砂
砂利
コケ
冬の橋の上の凍結した路面

水溜り
濡れたマンホール
雨天時の踏み切りのレール
枯葉・落ち葉
歩道の点字ブロック(特に雨天時)
車道と歩道の間の段差


路面上の障害物

グレーチング


木の根
アスファルトの継ぎ目・割れ目
道路の段差
マンホール
踏み切りのレール
キャッツアイ(チャッターバー)
橋の欄干とガードレールの隙間


不足の事態が起こっても、落ち着いて対処できれば防げる落車もある。また、自分の技量(安全に曲がれる、正しく止まれるetc)以上のスピードで走行しなければ起こらなかったであろう落車もある。

ぜひ、同じサイクリストの過去の落車のケースを今後のライドの参考にしていただきたい。

 

 


FUNRiDEアンケートに参加するには、メールマガジン WEEKLY FUNRiDEに登録するだけ! 
登録内容のうち、メールマガジンのカテゴリー選択で「ファンライドメルマガ」を選択してください。

こちらから新規登録が行なえます。⇒ https://runnet.jp/member/memberModify.php

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

4,603 Views