記事ARTICLE

2016年04月15日

「ガーミンEdge25J」モニターレポート【2】センサー拡張で広がる自転車ライフ

a00_IMG_219a9

昨年秋にリリースされたガーミン「Edge25J」は、Edgeシリーズ最小・最軽量のコンパクトボディながら、高精度のGPSを搭載する注目のサイクルコンピューター。前回、「TOKYOエンデューロ2016in彩湖(3月12日開催)」でEdge25Jを初体験していただいたモニターお2人に、引き続きレポートしていただいた。

 

「こんな道を走っていたのか?」を確認する楽しみも(榎田さん)

ガーミンEdge25Jは、約4㎝四方の小さなボディで、初心者にも扱いやすい。シンプルなだけでなく、多彩な機能も備わっており、様々なセンサーや機器と接続することができる拡張性の高さも魅力だ。

モニター1人目の榎田隼一さん(38歳・埼玉県)は、ロードバイク歴1年ちょっと。今までサイコンは使ったことがなく、このガーミンEdge25Jが初めてのサイコンだという。今回、「スピードセンサー・ケイデンスセンサーセット」、「プレミアムハートレートセンサー」も新たに装着していただき、レポートしてもらった。

榎田さん「取り付け、設定は簡単でした。(設定画面で)ペアリングができないので、諦めて自転車を走り出したところ自動的に同期しました」

a01_DSCF2450

榎田さん(右から2人目)と自転車仲間のみなさん

 

モニターの方には、ガーミン・コネクトも利用してもらっている。ガーミン・コネクトとは、ガーミンの無償データ管理サービスで、自分の走行データなどをクラウドサーバーに保存して、いつでも見返すことができるものだ。

走行データをアップする方法は、PCとEdge25JをUSBケーブルで接続し、専用ソフト「ガーミン・エクスプレス」を利用するか、またはガーミン・コネクトのアプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothで接続すればいい。

榎田さんも、自分の走行データを見返して参考にしているという。

榎田さん「ガーミン・コネクトの接続はとても簡単です。データとしては、今日は何km走ったのか? 前回のライドと比較してどうだったのか? 平均速度は? 今月は合計km走ったのか? などなど、すべての項目を見ています。(Edge25Jは)とにかく小さくて軽くて見やすいです! この3つが兼ね備えられていて、なおかつ必要な機能は十分! 大満足です。ガーミン・コネクトもあるので、走り終えてからも楽しめます!」

榎田さんには、ショップ仲間とのサイクリングの様子もレポートしてもらった。

榎田さん「3月27日、クロチェリスタ(青梅市のショップ)の主催する『梅の里、再生祭りに出かけるサイクリング』として奥多摩方面にのんびりとサイクリングしてきました。梅の里グルメマルシェでは、おいしいおやつを食べました。ファットバイクも混じって、ゆったりとしたスピードで、普段行かないような道を選んで進んだので、走行後、ガーミン・コネクトでこんな道を通っていたのか? などなど後から見返すのも楽しかったです。スピードを意識しない楽しみ方もあるのだと気づかされました」

GPS機能により走ったルートも自動で記録されるので、新たなコースの発見にも役立てられるのだ。

a04_DSCF2437

見知らぬ道を走ったときは、後でガーミン・コネクトのコースマップを見返すのも楽しみのひとつ

a02_IMG_1196

ガーミンEdgeシリーズに対応するスピードセンサー。ハブに装着して回転数を検知するため、スポークのマグネットは不要

a03_IMG_1204ケイデンスセンサーもクランクの回転数を検知するため、マグネット不要。Edgeシリーズのサイコンとの同期も簡単だ

 

ヴァーチャルサイクリング「Zwift」導入!(鈴木さん)

もう一人のモニター、鈴木浩也さん(37歳・埼玉県)。ロードバイク歴は約3年で、以前はiPhoneのアプリをサイコン代わりに使っていたという。

b01_IMG_1952

TOKYOエンデューロを走る鈴木さん

 

鈴木さんにも「スピードセンサー・ケイデンスセンサーセット」、「プレミアムハートレートセンサー」を装着してもらった。

鈴木さん「両センサーとも、ガーミンEdge25Jとすぐにペアリングでき、難しい設定もありませんでした。(スピード・ケイデンスセンサーは)チェーンステー取り付けタイプのセンサーのような、難しいと聞いていた位置決めが必要なく、取り付けはすごくカンタンでした」

とくに鈴木さんは、ハートレートモニターを使用したことで、自分が高い心拍数で走っていたことがわかったという。

鈴木さん「ハートレートセンサーは胸の位置にベルトで付けるため、装着前は違和感があるのではと予想していましたが、バイクに乗っているとその違和感はまったくありませんでした。ハートレートを測ってみて、自分がどれだけ無理をして走っていたのかがわかり、これからの長距離走行時のパフォーマンス維持に役立ちそうです」

ガーミン・コネクトも活用し、スマホとPCを両方使って効率的にデータ確認している。

鈴木さん「データの同期は、スマホとBluetooth接続ができることもあり、すごく楽でした。走り終わったら、スマホのガーミンコネクトアプリにデータを送ると、自宅でPCを開くころにはデータがクラウドに上がっていて、すぐに走行データを確認できます。これは画期的ですね」

b02_IMG_0335

デローザ・オーナーの自転車仲間と荒川沿いの榎本牧場までサイクリング(右2人目が鈴木さん)。走行後のデータが、スマホのアプリ経由ですぐにアップされるのがガーミン・コネクトの醍醐味

 

また鈴木さんは外で走れない日の新たな試みとして、ヴァーチャルオンラインサイクリングのZwiftも導入。さっそく仮登録してみたという。

鈴木さん「自身が花粉症ということもあり、今の時期は外を走るのが少しストレスです。またこれから梅雨のシーズンにも入り、さらに走ることが難しくなります。そこで、ガーミン・USB ANT スティックを購入してみました。これを使って、いま話題のZwiftに挑戦してみようと思っています」

a00_IMG_219a9

PCにUSB ANT スティック(写真上)を接続。ANT+対応のサイコン(Edge25J、写真下)とローラー台を接続すれば、Zwiftが使用できる

b03_IMG_2204仮想コース内で、世界中の人々とレースできるZwift。さっそく鈴木さんもトライアルを開始した

 

榎田さん、鈴木さんには来月も引き続きEdge25Jについてレポートしていただく予定だ。

(写真提供:榎田隼一さん、鈴木浩也さん)


ガーミン Edge25J

価格:19,800円(税別)

サイズ:42×40mm

重量:25g

機能:ライドモード、コーストレーニング、自動ラップ、セグメント など

製品HP:http://www.iiyo.net/cproductdetail.aspx?sku=370902


 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

9,293 Views