記事ARTICLE

2019年01月25日

速報【男子チームスプリントで6年ぶりメダルを獲得】2018-2019UCIトラックワールドカップ第6戦

_DSC6081
1/24-27 香港にて実施されている、2018-2019UCIトラックワールドカップ第6戦/Tissot UCI Track Cycling World Cup VIの速報レポートをお届けします。
■レポート
1月24日~27日にかけて、香港でUCIトラックワールドカップ第6戦(全6戦)が行われ、大会2日目の25日に男子チームスプリントが銀メダルを獲得した。
日本のメンバーは雨谷一樹、新田祐大、深谷知広の3名。予選、1回戦をともに2番目のタイムで決勝へ進出し、決勝ではオーストラリアと対戦。わずかに届かず銀メダルとなった。
東京オリンピックではチームスプリントの出場枠を獲得することで、ケイリン、スプリントにも2名づつの出場枠をもたらす重要な種目。今大会の2位は大きなポイントの加算となった。
日本男子チームスプリントはアテネ五輪で銀メダルを獲得した実績ある種目ながら、リオ五輪では出場を逃している。ワールドカップでのメダルは2012年10月以来、およそ6年ぶり
DSC_7918 ©2019 JCF
●雨谷一樹のコメント
予選から僅差の戦いで、1回戦勝てた(決勝進出を決めた)ことが一番大きい。決勝は自分としては今日一番の走りができた。世界選手権に向けてタイムあげられるように頑張りたい。
 
●レース結果
男子チームスプリント
1 オーストラリア 43秒815
2 日本(雨谷、新田、深谷)44秒148
3 ポーランド 44秒202
http://www.tissottiming.com/File/0003110101010503FFFFFFFFFFFFFF02
男子チームパーシュート
10 日本(近谷、一丸、今村、沢田)4分03秒202
http://www.tissottiming.com/File/0003110101010603FFFFFFFFFFFFFF02
女子チームパーシュート
14 日本(中村妃、吉川、古山、橋本)4分36秒733
http://www.tissottiming.com/File/0003110101020603FFFFFFFFFFFFFF02
■本大会の日本選手団
©2019 JCF
 

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

707 Views