記事ARTICLE

2019年06月26日

【チームユーラシア-IRCタイヤ】サイクリングアカデミー及び高木秀彰サポートプログラムのご報告

写真3 バナー

チームユーラシアーIRCタイヤ監督の橋川健さんより、サイクリングアカデミー及び高木秀彰サポートプログラムについて、また決定事項の報告が届きました。
若い選手たちの活動を見守りましょう!

 

チームユーラシア-IRC タイヤ サイクリングアカデミー
今年も7月21日~8月22日までの間にジュニア強化指定選手2名を含む10名の選手がチームユーラシア-IRCタイヤ サイクリングアカデミーに参加します。

U17の選手は4レース(週に出走できるエントリー数が2レースまでと決まっている)、U19の選手は5レースに参戦予定です。

レースの成績等は以下のチーム公式ブログ内の以下のリンクをでご確認ください。
http://teameurasia.hatenablog.com/archive/category/Cycling%20Academy

高木 秀彰 サポートプログラム についてのご報告

2017年10月に急逝されたフォトジャーナリストの故 高木秀彰氏は、日本の自転車競技の発展を願うと共に、「若い選手を応援したい」という強い意志で、国内のプロロードレースイベントのみならず、トラックレース、地方のローカルレースや学連、高体連のレースまで多くのレースを取材し、若い選手の活躍を多くのメディアに発信していました。

このたび、高木秀彰氏の遺志とご家族のご意向により、チームユーラシア-IRCタイヤの活動にご寄付をいただき、その全額を「サイクリングアカデミー参加者へのサポート」に使わせていただくことになりました。

サポート対象者は

 *2001年1月1日~2002年12月31日生まれの男子
 *全国大会もしくは相当するレースで優勝もしくは入賞しているジュニア男子選手

 *ヨーロッパ参戦経験の無い事(ナショナルチームの活動を除く)

を条件としていました。競技関係者及び本人とも協議を行った結果、川崎 三織選手(埼玉 栄北高校)へのサポートが決まりましたのでご報告させていただきます。
写真1Kawasaki2018年 修善寺で行われたインターハイで優勝した川崎。photo:Satoru.Katou

主な成績
2018年 インターハイ 個人ロードレース 優勝
2019年 アジア選手権 6位
     Tour Centre Morbihan 日本代表 個人総合成績60位

サポート内容
航空運賃代金
ベルギーでの生活費(15日間)
レース参戦経費 (5レース)等

川崎 三織 『決意表明」

今回チームユーラシアIRCサイクリングアカデミーでこの1ヶ月間貴重な体験をさせて頂けること、高木秀彰様サポートプログラムに参加させて頂けることに感謝します。そして欧州でのレースで色々なことを吸収できるように全力を尽くして参ります。

先日、ジャパンナショナルチームとしてフランスとスイスのネイションズカップに参加しましたが、ヨーロッパの選手に圧倒され、集団内で前に出るテクニック、コースを読む力、自脚で走りきる体力、など全ての面で劣っていることを明白に感じました。

レースでヨーロッパの選手に通用するにはどうすればいいか。僕はヨーロッパで経験を積むことが一番大切だと思い、今回参加を希望させて頂きました。

また、ネイションズカップで活かすことができなかった、レースコースの特徴を掴んで集団前方でレースを展開し、積極的な走りをすることを目標に取り組んで参ります。そして何より上位を狙えるように頑張りたいです。

多くの事を学んで今後のレースに活かし、日本のトップ選手になれるように、また海外でも通用するような選手になっていきたいと思います。宜しくお願い致します。

写真2 モルビアン

関連URL:http://teameurasia.hatenablog.com/

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

520 Views