記事ARTICLE

2018年02月02日

【再掲】鹿屋体育大学自転車競技部プロデュース、宿泊型体験施設のクラウドファンディングを開始

スクリーンショット 2018-12-25 21.46.44

日本屈指の実力を誇る鹿屋体育大学自転車競技部は、市民とサイクリストの交流の場所を作るべく、あるプロジェクトを展開するとのこと。
愛する自転車を文化として根付かせ、地域を元気にしたいという想いから生まれたというプロジェクトを紹介しよう。

以下、鹿屋体育大学自転車競技部よりメッセージです。


鹿屋体育大学自転車競技部は「日本の自転車のメジャー化」と「その為の人材育成」を理念に掲げ、自転車を通じて社会貢献できる地域密着型の活動を展開してきました。

この度、廃校になった鹿屋市立菅原小学校(大学から車で8分)の活用プロジェクトとして宿泊型体験施設「ユクサおおすみ海の学校」の立ち上げに伴い、当部も体育館の一部を借りて、トレーニング場を作ることにしました。
学内で不十分だったトレーニング環境を整え、世界を目指したトレーニングを展開するだけでなく、どなたでも立ち寄りお使いいただける交流の場所としたいと学生たちがみんなで考えたプロジェクトです。

愛称を“RINJIN BASE”と名付けましたが、これは「隣人=市民」と「輪人=サイクリスト」の両方がここで交流を図ってほしいと願って、命名したものです。

既に玄関にはプロショップ「鹿児島Fun Ride 鹿屋店」がオープンしていますが、メンテナンス・購入、トレーニング、宿泊合宿等が行えるこの地のサイクリストのランドマークを目指した施設に育てる予定です。

“RINJIN BASE”完成には2000万円以上の資金が必要になりますが、これをクラウドファンディング(最初の目標金額は500万円です)で調達することになり、スタートいたしました。
「愛する自転車を文化として根付かせ、地域を元気にしたい」と行動を起こした学生らの画期的な取り組みと、クラウドファンディングの協力について皆様のご理解とご支援を宜しくお願い申し上げます。
なお、クラウドファンディングの締切は3月1日(金)午後11:00です。

 

このプロジェクトのクラウドファンディングのページはこちら(詳細情報も掲載されています)

https://readyfor.jp/projects/RINJINBASE

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,397 Views