記事ARTICLE

2016年10月10日

FUNRiDE NEWS TOPICS【10月10日 新着情報 】

aaaaaaaaaaaaaaaa

ドーハでロード世界選手権が始まりましたね! 2016年の世界ナンバーワンを決める頂上決戦。日本人選手の活躍を祈ってエールを送りましょう!

1.『サイクルモード・インターナショナル 2016』に英国の英雄、サー・ブラッドリー・ウィギンスがやってくる!

2.【crankbrothers】超軽量 XC モデル「 モデル「 cobalt cobalt 」とエンデューロモル 「iodine 」の新型モデル 発売

3.ジャパンカップ サイクルロードレース 出場チーム/全選手発表

4.K-Edgeの新製品 スポーツコンピュータマウント

5.Nikolaペダルがモデルチェンジ

6.CANYON / RAPHA 共同企画 TAKE THE LEAD キャンペーン

7.reric2016新作ジャケットの紹介

 1.『サイクルモード・インターナショナル 2016』に英国の英雄、サー・ブラッドリー・ウィギンスがやってくる!

メールの添付ファイル

12654620_955772211197124_2300144651711158246_n

2016年11月5日(土)『サイクルモード・インターナショナル 2016』(千葉県・幕張メッセ)の会場に、英国が誇る世界最高のプロアスリートであるサー・ブラッドリー・ウィギンスがやってきます!
ウィギンスは、2015年にピナレロ社が専用設計&チューニングしたTTバイク“BOLIDE HR”に乗り、54.526kmという前人未到のアワーレコードを樹立。トラック競技においては、オリンピックで通算5つの金メダル、世界選手権で8回世界チャンピオンに輝くなど、素晴らしい戦績を残しています。

ロード競技においては、2012年にピナレロが機材提供を行っているチームSKYのエースとしてイギリス人として初となるツール・ド・フランス個人総合優勝に輝く偉業も成し遂げ、英国王室より大英帝国勲章も授与されました。
チームSKYを離れ、自身が設立したチーム・ウィギンスに所属する現在も、ピナレロバイクに乗って活躍を続けています。
サー・ブラッドリー・ウィギンスとピナレロは、チームスカイ設立時から強力なパートナーショップを築いており、アワーレコード樹立には長年培ってきたピナレロ社が誇る最高の技術を投入し、“BOLIDE HR”という究極のレコードマシンを製作。今回、この実車も『サイクルモード インターナショナル2016』ピナレロブースに展示されます(予定)。

mhcninmljoncnaic

また、ツール・ド・フランスでの活躍については、ピナレロのフラッグシップモデル“DOGMA 65.1”や、タイムトライアルが得意であるウィギンスのためにTTマシン“BOLIDE”を開発し、ウィギンスのツール総合優勝を支えました。チーム・ウィギンスに所属する現在も“DOGMA F8”に乗り、そのフレームカラーモデルも販売されています。

ウィギンスは、ピナレロが本国イタリアで運営&開催している人気グランフォンド『ラ・ピナ・サイクリングマラソン』にゲストライダーとして走った経験もあり、その強力なパートナーシップ関係によって、今回の『サイクルモード インターナショナル2016』への来日が実現しました。

『サイクルモード・インターナショナル 2016』では、11月5日(土)にサー・ブラッドリー・ウィギンスのトークショーとサイン会を実施いたします。

サー・ブラッドリー・ウィギンス サイン会はピナレロジャパンブースで、土曜日2回・各回200名限定での実施となります。
サイクルモードインターナショナル2016 公式サイト http://www.cyclemode.net/event/detail/8/

トークショーは、その最高の走りを支えているイタリアの名門ブランド「ピナレロ」を率いるファウスト・ピナレロ社長と、長年欧州のトップレースを撮り続ける日本を代表するサイクルフォトグラファーの砂田弓弦氏を迎え、世界のロードレースの魅力に迫ります!!

【イベントスケジュール】
10:45~11:45    ブラッドリー・ウィギンス サイン会    (ピナレロジャパン・ブース No.4-24)
12:00~12:30    ブラッドリー・ウィギンス トークショー    (メインステージ)
14:30~15:30    ブラッドリー・ウィギンス サイン会    (ピナレロジャパン・ブース No.4-24)
●サイン会は11/5(土)ピナレロジャパン・ブース(No. 4-24)ホール階段側正面に設ける並び列に、各回開始45分前よりお並びください。各回先着200名様に整理券をお渡しいたします。
お願い:サイン会は出来るだけ多くのお客様に楽しんでいただけるように、「こちらで配布するポスターにのみサイン可」「セルフ撮影の禁止」「写真撮影は事前にご友人などに依頼しておく」など、スムーズな運営の為、皆様のご協力をお願いいたします。

次のページへ crankbrothers新型ホイール

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,679 Views